士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

源泉税って何?わかりやすく解説します!

持株会の仕組みとは?|現役公認会計士がメリット・デメリットを解説

歴代一難しい難問が!プロもびっくりの第153回日商簿記2級

今更聞けない?!内税と外税の違いとは?

給与計算実務能力検定とは?難易度はどうか?

相続税額計算の概要と財産評価

2019年公認会計士試験結果を受けて見える将来性を公認会計士が徹底解説!

弁護士からベンチャーキャピタリストへのキャリアチェンジをご紹介

税理士試験の概要について詳しく解説!受験資格や科目合格制など受験生必見

税理士の転職には専門エージェントがおすすめ!転職事情について解説

需要が増している英語ができる税理士の強み|税理士の転職事情

ベンチャーキャピタリストとして活躍する公認会計士のビジョン

HUPRO MAGAZINEでは、士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関する記事を発信しています。普段の業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を多数掲載中です!

労務管理とは?具体的な業務内容を解説します

「労務管理はとても重要」「企業にとって欠かせない労務管理」こうした文言はよく見ますが、具体的に労務管理とは何を示しているのでしょうか。本記事では労務管理の具体的な業務内容について解説します。

コラム・学び

2020.02.13

転職体験談(会計事務所勤務編-Vol.1)

現在、会計事務所に勤務もしくは過去に会計事務所に勤務経験がある方に、転職の際のお話や今までの会計事務所での業務内容などを聞いてきました!これから会計事務所への転職を考えている方、もしくは今までの会計事務所の経験を生かして今後キャリアアップしたい方など、ぜひ参考にご覧ください。

キャリアインタビュー

2020.02.13

資本金金額で税金が変わる?仕組みを解説

会社を設立する時や、増資をする時は「少しでも多くの資金が会社にあったほうが信用もあるし運転資金も困らないから良いですか?」と質問される時があります。半分合っていますが、半分は間違っています。資本金の金額によって税金が変わるということについて今回は解説します。

コラム・学び

2020.02.13

資本金は1億円以下の方が良い?税制上のメリットは?

会社を設立する時に「資本金はいくらにした方が良いですか?」というご相談を必ずと言っていいほど受けます。その時は「少なくとも1億円以下にしてください」と答えます。 では、なぜ資本金は1億円以下の方が良いのでしょうか。税制上のメリットも含めて解説します。

コラム・学び

2020.02.13

株価評価時の会社規模の判定方法は?

相続税の計算等において株価評価を行うことがあります。その際に会社規模の判定を行って、自社で利用できる評価方法を選択する必要があります。 ではこの会社規模の判定はどのように計算され、どのように使われるのかを、今回は解説します。

コラム・学び

2020.02.13

ジョイントベンチャーとは?出資比率は半々?

ジョイントベンチャーという形態は、中小企業から大企業まで幅広く使われます。今回は、ジョイントベンチャーとは?から始まり、その出資比率についても解説します。

コラム・学び

2020.02.13

損益分岐点の求め方を公式で覚えよう

損益分岐点について色々とお話するのですが、「どうも計算式が覚えられない」「もっと簡単に覚える方法はないの?」というお話をよく聞きます。 そこで今回は損益分岐点の公式について解説します。

コラム・学び

2020.02.13

損益分岐点比率とは?どれくらいが目安?

損益分岐点について今まで解説しましたが、具体的にどのように利用して良いのか迷うかもしれません。確かに損益分岐点そのものを知ってもなかなか経営には活かすのは難しいでしょう。 そこで、今回は経営に役立つ損益分岐点比率について解説します。

コラム・学び

2020.02.13

限界利益とは?損益分岐点計算での使い方

限界利益という言葉を聞いたことがあるでしょうか。管理をしっかりしている企業であればよく使われる用語で、損益分岐点ともよく併用して使われます。 では限界利益とは?損益分岐点計算における使い方などについて解説します。

コラム・学び

2020.02.13

簿記の問題で出題される損益分岐点について

損益分岐点については実務でも良く使いますが、実は簿記の試験でも良く出題されます。そこで今回は簿記の問題でよく見かけるような損益分岐点の計算について解説します。

コラム・学び

2020.02.13

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ