士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

「会計処理」タグの記事を探す


記事数: 95

デリバティブ取引の会計処理と税務上の留意事項

デリバティブ取引とは、先物取引、先渡取引、オプション取引、スワップ取引及びこれらに類する取引をいいます。今回は、デリバティブ取引の原則的な会計処理方法である時価評価及びその時価の算定方法の概要について解説します。最後に、法人税法における取扱いにも触れ、留意事項をご紹介します。
folder業務内容

2020.09.18

仕掛品の棚卸はどう会計処理したらいいの?仕訳方法について解説します!

「仕掛品」という言葉を聞いたことがあるという人も多いでしょう。工場においてや何かを製造する場合に途中まで生産されたもののことを言います。完成品に対して、「仕掛品」について解説し、仕掛品の棚卸をどう会計処理したらいいかという疑問についても詳しく見ていきます。
folder業務内容

2020.09.16

オペレーティングリースとは?そのメリットや会計処理を解説!

「リース取引」とは「リース会社が特定の設備や機械を購入し、それを一定期間、個人や企業に貸出す」という取引をいいます。リース取引は「ファイナンスリース」と「オペレーティングリース」の2種類に分類されます。今回は税理士監修のもとリース取引のうち「オペレーティングリース」のメリットや会計処理を解説します。
folderコラム・学び

2020.08.19

過年度遡及会計基準導入による臨時償却の廃止と現行の会計処理方法

2009年に公表された過年度遡及会計基準(正式名称「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」)導入に伴い、従来認められていた臨時償却が廃止されています。今回は、そもそも臨時償却とはなにか?なぜ臨時償却が廃止されたのか?現行の会計処理方法はどうなるのか?について解説していきます。
folderコラム・学び

2020.08.14

自社利用ソフトウェアの会計処理と法人税法の取扱いの相違点

企業会計上、ソフトウェアについてはその製作目的に応じて分類され、それぞれ会計処理の方法が規定されています。一方、法人税法上、ソフトウェアの取扱いに関しては主に通達に規定されていますが、自社利用ソフトウェアは会計処理と法人税法の取扱いが一部異なりますので今回はその違いをご紹介します。
folderコラム・学び

2020.07.19

ストックオプションの会計処理について解説します

ここのところ、株式公開などで億万長者になる人も増えてきて、ストックオプションという用語も一般的に浸透してきたと思います。それに伴って様々な会社でストックオプションが発行され、実施しています。 そこで、今回はストックオプションについて紹介していきます。
folderコラム・学び

2020.07.12

外貨建取引の会計処理ってどうやるの

昨今、企業において自国だけでなく海外との取引も行っていますのが一般的となっています。そこでの取引は外貨によるものとなってくるので外貨建取引における会計処理は理解しておかなければならい会計知識となります。そこで今回は、外貨建て取引に係る会計処理における基本的な事項について説明していきます。
folderコラム・学び

2020.07.10

企業会計における開発費と研究開発費の違い

会計の世界には、似て非なる用語や取扱いがたくさんあります。今回ご紹介する開発費と研究開発費も一見すると似たような用語ですので、特に会計の勉強を始めて間もない方だと混同している方が多いですが、会計上は厳密に使い分ける必要があります。今回はそんな開発費と研究開発費の違いをご紹介します。
folderコラム・学び

2020.07.07

取得原価とは?取得のパターンでどう違う?

企業が新たに資産を購入した場合、それを財務諸表に計上する必要があります。その金額を「取得原価」といいます。ただし資産の新規取得には、購入する場合だけでなく、自ら建築したり、譲与されたりする場合がありますが、そのような際の取得原価はいくらになるのでしょうか?今回は取得原価について解説していきます。
folderコラム・学び

2020.06.26

リース資産の減価償却に関する会計基準の取扱いと法人税法の取扱い

リース取引のうちノンキャンセラブル要件及びフルペイアウト要件を満たすファイナンス・リース取引に関しては、リース取引開始日に売買取引に準じてリース資産及びリース債務を計上します。リース資産はその後減価償却されていきますが、今回はリース資産の減価償却について会計基準と法人税法の取扱いをご紹介します。
folderコラム・学び

2020.06.18