士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

カテゴリ

「会計処理」タグの記事を探す


記事数: 104

フィンテックが導入されたことにより会計はどうか変化するのか?

フィンテックにより、これまでになかった金融サービスが次々と生まれ始めました。会計の業界において革新的な動きが起こり、金融機関の役割も変化しつつあるといえます。今回は、この革新的サービスといわれているフィンテックについて解説していきます。
folderコラム・学び

2022.01.12

固定資産を売却したときの会計仕訳とは?

固定資産を売却した場合、減価償却累計額などを考慮に入れた帳簿価額との差額が固定資産売却益、あるいは固定資産売却損となります。 また、固定資産を除却する場合には固定資産除却損(益)を計上します。 今回は固定資産を売却したときの会計仕訳について、事例とともに解説していきます。
folderコラム・学び

2021.12.08

IFRSの減損会計についてのポイント解説

IFRS(国際財務報告基準)における減損会計は日本基準とは会計処理方法が異なります。最近では日本の会社でもIFRSを採用する会社も増えていますし、在外子会社の決算ではIFRSを採用する場合もありますので減損処理方法については注意する必要があります。今回はIFRSの減損会計について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.12.05

製造間接費配賦差異とは?差異の会計処理は?

製造間接費配賦差異とは、原価計算の分野で使用する言葉です。原価計算を苦手とする方は多く、更にこの製造間接費配賦差異の取り扱いについては、理解に苦しむ方も多いようです。 今回は、製造間接費配賦差異とは何であるのか、その発生原因と会計処理について詳しくご紹介致します。
folderコラム・学び

2021.12.01

配当金に関する仕訳はどうなるの?わかりやすく解説します!

一般的に法人は多額の資金を利用して事業を行っています。資金調達をして事業を円滑に進める必要があり、出資者に対して利益を還元しなければなりません。 利用する勘定科目や会計処理は、配当の財源などで異なり、理解するのが難しいかもしれません。
folderコラム・学び

2021.11.11

製造原価と売上原価とは?違いを詳しくご紹介します!

製造原価と売上原価。同じように原価という表現が使われているため、混同しがちな勘定科目のひとつです。 しかしこれらは全く異なる勘定科目であり、それぞれ正しく認識して経理処理を行わなければ、正しい財務諸表の作成をすることは出来ません。 今回は、製造原価と売上原価の内容と違いを詳しくご紹介します。
folderコラム・学び

2021.10.18

前受金の勘定科目には消費税がかかる?かからない?

消費税を認識し計上をすべき取引は、消費税法によって定められています。それでは、前受金が計上される仕訳において、消費税の認識は必要なのでしょうか? 今回は、勘定科目としての前受金について、また消費税の課税時期をご紹介しながら、前受金を受け取った時点の消費税の取り扱いについて解説していきます。
folder業務内容

2021.10.01

連結決算とは?業務の進め方や学習方法の注意点、手続きの効率化のポイントを解説

連結決算とは、国内外の子会社・関連企業を含むグループ全体の決算方法のこと。グローバル化が進む現在、単体決算だけでは企業の実態が正確に反映されないため、多くの企業の経理部門で連結決算業務が求められます。今回は、連結決算とはどのようなものなのか、決算業務の具体的な流れや学習時のポイントを解説します。
folder用語解説

2021.09.29

法定福利費の仕訳に関するポイントを解説!

法定福利費と法定外福利費をまとめて福利厚生費といいます。今回取り上げる法定福利費は社会保険料等のことで、会社は社員のために負担することを法律によって義務付けられています。社員が負担する保険料もあるため仕訳の際に頭を悩ませる費目です。今回は法定福利費の仕訳に関するポイントについて解説していきます。
folder業務内容

2021.09.09

一括償却資産の仕訳について実例と共に注意点を解説!

一括償却資産とは、取得価額が10万円以上20万円未満の資産について、耐用年数によらずに3年間で均等償却できる資産のことです。 本記事では一括償却資産の仕訳や会計処理について、実務上のポイントや注意点を分かり易く解説します。
folderコラム・学び

2021.07.29

本当にその支出は雑費?勘定科目の使い方

適正な勘定科目が分からない、何となく…そんな安易な理由で雑費を計上をしていないでしょうか? 支出に対して雑費を多用すると、その仕訳から作成される会計帳簿や財務諸表は信頼性の低いものとなってしまいます。 なぜ雑費が多いといけないのか?今回は勘定科目の使い方について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.12

創立費・開業費とは?ぞれぞれの違いから会計処理の仕方まで解説します!

創立費とは、会社設立までにかかる費用のことを言い、会社設立後から営業を開始するまでにかかる費用については、開業費と言います。これらの費用は会計処理をするうえでも取り扱いが異なります。そこで、この記事では、創立費と開業費について詳しく説明し、会計処理上の違いについてわかりやすく解説していきます。
folder用語解説

2021.04.26

どこまでが経費?社員旅行は?社内サークルは?迷うケースも徹底解説!

会社としてはできるだけ経費で使いたいものですが、「これは経費として考えても良いのかな?」と迷う場面もあるのではないでしょうか。経費に上限はありますが、使えば使うほど出費は大きくなりますし、それにより業績が苦しくなることは避けたいです。今回は、経費として落とせるのか迷うケースについて解説していきます。
folderコラム・学び

2021.04.12

コロナ関連の借入に係る会計処理方法

新型コロナウイルス感染症の影響により、資金繰りが厳しくなり借入を行う必要のある事業者もいらっしゃることでしょう。事業者が帳簿を作成するにあたり、借入金が預金に入金された際、借入金を返済した際、決算整理の際、それぞれの会計処理が必要となります。 今回は借入に係る会計処理方法について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.01.28

コロナ流行により出張が出来ない‼キャンセル料の会計処理

新型コロナウイルス感染症の影響により、GoToトラベル事業の停止、都道府県を跨ぐ移動の自粛要請等を受けて、予約をしている出張をキャンセルせざるを得なくなった事業者もいることでしょう。 今回は出張をキャンセルをするにあたり、支払うこととなったキャンセル料の会計処理について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.01.18

コロナ対策の持続化給付金を受け取った場合の会計処理

新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた事業者に給付をされる持続化給付金。影響に対する補填でありながら、この給付金の受け取りには税金が課されることとなっています。 今回は持続化給付金を受け取る法人、事業所得者、給与所得者と雑所得者が行うべき会計処理や取り扱いを、それぞれ解説していきます。
folderコラム・学び

2021.01.04

コロナ禍で便利なテイクアウト。会計処理は消費税に注意!

新型コロナウイルス感染症防止のために、利用が増加するテイクアウト。会社がテイクアウトを利用する場合は、消費税率に注意をしながら会計処理を行う必要があります。 今回はテイクアウトに係る会計処理の方法と、会計処理に注意をする必要を生じさせた軽減税率制度について詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2020.12.23

株式交付費の会計処理~繰延資産として資産計上できる場合とは~

会社が新株の発行又は自己株式の処分により資金調達を行う際に支出する費用を株式交付費といいます。株式交付費の会計処理方法は、現行の会計基準では、支出時に費用処理するのが原則とされていますが、一定の要件を満たすものは繰延資産として資産計上できます。今回は、株式交付費の会計処理方法ついて解説します。
folder業務内容

2020.12.04

税効果会計の資産負債法と繰延法の違いと資産負債法の採用理由

税効果会計の目的は、端的に言えば、会計と税務の差異を調整して税引前当期純利益と法人税等を合理的に対応させることですが、その方法には資産負債法と繰延法の2つがあり、現行の会計基準は資産負債法を採用しています。今回は、資産負債法と繰延法の違い及び資産負債法が採用されている理由を解説します。
folder業務内容

2020.10.30

のれんの減損処理とは?税理士がわかりやすく解説します!

のれんとは、同業他社と比べた超過収益力の源泉をいい、例えば、企業結合(取得)におけるパーチェス法適用時に取得原価が引き継いだ資産と負債に配分された純額を超過する部分として把握されます。のれんは無形固定資産に資産計上され減損会計の対象になります。今回は、のれんの減損処理について順を追って解説します。
folderコラム・学び

2020.10.29