士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

「国際税務」タグの記事を探す


記事数: 12

外国税額控除とは?制度を上手く利用して税負担を軽くしよう

企業の海外進出はますます活発になっています。その際、企業が海外で得た所得が当該外国における税法の適用を受けるのは当然のこととして、日本国内における税負担はどのように扱われるのでしょうか。今回は、外国で課税を受けた場合における日本国内での取り扱い、いわゆる外国税額控除制度について解説します。
folder用語解説

2020.09.18

米国税理士(EA)は目指す価値がある資格なの?

米国の税務知識をアピールできる資格として、米国税理士(EA)の人気が高まりつつあります。上位資格である米国会計士(USCPA)にて米国税理士(EA)の業務は全ておこなうことができるため、意味がないという声もあります。 今回は、米国税理士(EA)について、資格の価値について解説します。
folder資格試験

2020.08.27

これから米国税理士(EA)の資格を取るメリットとは

アメリカでは、日本のように源泉徴収の仕組みがありません。企業に雇用されている人も、自営業の人も、一定以上の収入がある人は等しく申告をおこなう必要があります。税務の面から申告業務をサポートするのが米国税理士(Enrolled Agent:EA)です。今回は米国税理士の資格を取るメリットを解説します。
folderコラム・学び

2020.08.26

転職で米国税理士の資格を取得するメリットを解説!

米国税理士の資格を取得すると、転職で有利になるのでしょうか?答えとしては、外資系企業や国際事務所への転職が有利になります。英語が得意で経理の仕事に興味がある人は、米国税理士の資格を取得することを検討してみましょう。この記事では、米国税理士の資格を取得することで得られるメリットについて解説します。
folder資格試験

2020.08.24

移転価格税制とは?国税庁の取組みもあわせて解説!

市場における取引よりも高い価格で海外のグループ内の企業にものを販売すると、各国企業の所得が異なり、それぞれの国に納める税額に差が出るようになってしまいます。これを是正するための制度が移転価格税制で、日本では、国税庁が移転価格税制を管轄しています。今回はそんな国税庁の移転価格税制について解説します。
folder用語解説

2020.01.25

これからの税理士に英語が必要な理由

日本企業も規模の大小を問わず海外との取引が活発になっているため、日本だけでなく海外の税制に通じた税理士のニーズはこれからますます高まります。本記事では、税理士の方も英語をぜひ勉強してほしい理由について解説します。
folderコラム・学び

2019.11.14

国際税務をマスターできる資格の取得方法をご紹介

昨今は様々な分野でグローバル化が進んでいますが、税務の分野においても同様です。国内産業の停滞化などを理由とする日本企業の海外進出も増加しており、国境を超えての税務の需要が急増しています。そうしたニーズに応えられる人材であることを証明するのに役立つ、国際税務のおすすめ資格をご紹介します。
folder転職・業界動向

2019.09.03

大手会計事務所の仕事内容を紹介!大手の事務所で働くメリット・デメリット

日本の大手会計事務所としては、KPMG税理士法人、EY税理士法人、PwC税理士法人、デロイトトーマツ税理士法人のBIG4税理士法人が挙げられます。仕事内容としては、税務コンサルティング、税務コンプライアンス、国際税務などがあります。今回はそんな大手会計事務所の仕事内容を中心に解説していきます。
folder転職・業界動向

2019.08.29

タックスヘイブンって何?日本の対策税制などわかりやすく解説

タックスヘイブンとは「租税回避地」と訳されます。日本やその他主要国に比べて税率の低い国・地域のことを指します。今回は、このようなタックスヘイブンとは何なのか、その特殊性に応じた対策税制にはどのようなものがあるか、ポイントを解説していきます。
folder業務内容

2019.08.11

需要が増している英語ができる税理士の強み|税理士の転職事情

税理士であってもこれからのグローバル化時代の中で、やはり英語スキルが必要ではないかと悩まれる方も多いですが、実際はどうなのでしょうか。それでは、今回は英語ができる税理士の仕事内容やキャリアについて考えていきたいと思います。
folder転職・業界動向

2019.07.12