士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

国際税務をマスターできる資格の取得方法をご紹介

HUPRO 編集部
国際税務をマスターできる資格の取得方法をご紹介

昨今は様々な分野でグローバル化が進んでいますが、税務の分野においても同様です。国内産業の停滞化などを理由とする日本企業の海外進出も増加しており、国境を超えての税務の需要が急増しています。そうしたニーズに応えられる人材であることを証明するのに役立つ、国際税務のおすすめ資格をご紹介します。

国際税務とはなにか

昨今は海外進出や他国の企業との取引が当たり前の時代になっていますが、その一方で国ごとに課税権や税法の内容は異なっています。そのため、2国以上にまたがって取引をする場合に生じる所得をどの国の税法で処理するのか、という課題が生じてきます。

上記のような国際的な税務問題を取り扱う業務が、国際税務です。国際税務についての知識やスキルに精通することで、自分が活躍できるマーケットを国際レベルで大きく広げることができます。

米国税理士(EA)の資格

米国税理士はアメリカ政府によって認定される税理士の国家資格です。略称はEAで、登録制のエージェントであるEnrolled Agentを意味します。

アメリカで課税の申告を業務として代理することがメインの資格ですが、アメリカで税務を行えるだけでなく、米国系の外資企業の経理や税務部門で働きたい場合などにも有効です。

また、日系企業が海外にマーケットを広げるケースと、米系企業が日本にマーケットを求めるケースの両方で活躍することができるので、二国間にまたがっての業務やコンサルティングなどの需要の増加が見込めます。

米国税理士の試験はコンピューターを用いた英語での4択式となっており、試験科目は個人所得税法、贈与税法、相続税法、事業関連の税法、税務代理業務などです。

試験科目は全3科目で、各科目100問で満点は130点、3科目とも105点以上を取得すれば合格ラインになります。3科目の試験に合格すれば、1年24時間の研修のみで実務経験がなくても登録できるのが特徴です。

米国税理士の受験資格は18歳以上であることで、年齢要件を満たせば国籍や学歴を問わず受験することができるのが魅力です。

米国公認会計士(CPA)の資格

米国公認会計士(CPA)の資格

米国公認会計士はアメリカの各州における公認会計士の資格です。略称はCPAで、公認会計士を意味するCertified Public Accountantですが、日本における公認会計士と混同しないようにUSCPAと記載する場合もあります。

米国公認会計士の資格は、会計分野における国際的な基準であるIFRSに沿っているのが特徴です。欧米を中心に会計基準のグローバル化が進んでいる昨今、世界に広く通用する会計ルールを会得した米国公認会計士の資格は、国際的なスキルとしての評価を得ることができます。

試験は英文による筆記試験で、出題科目は財務会計(FAR)、企業環境と経営理念(BEC)、諸法規(REG)、監査と諸手続(AUD)の4科目です。それぞれの科目で75%以上の点数の獲得が合格の目安です。筆記試験に合格後、アメリカの州ごとに設定されている実務経験を満たすことで資格取得となります。

米国公認会計士は筆記試験の内容はアメリカのどの州でも同じですが、州によって受験資格が異なるのが特徴です。多くの州では4年制大学の学位に加えて、会計等に関連する科目の単位を一定数以上取得していることが必要になります。

国際会計検定(BATIC)の資格

国際会計検定は日本東京商工会議所が主催する認定試験です。略称はBATICで、国際コミュニケーションのための簿記及び会計試験を意味する、Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationが英語名です。

英語の文章で簿記や国際会計についての知識・能力を測るためのもので、TOEICのような1000点満点のスコア制になっているのが特徴です。

スコアごとに4つのランクに分かれており、スコア要件を満たすことでランクに応じた称号が授与されます。全ての試験問題は日本語を用いず英語のみで出題されるので、スコアによって英語を用いた国際会計のスキルを表明することができます。

BATICの試験科目はSubject1とSubject2の2種類があります。Subject1は英文による簿記の知識を問うもので、勘定科目やディスクロージャーなどが出題分野になります。

Subject2は国際会計について問うもので、現金、預金、負債、デリバティブなどが出題されます。試験方式はマーク式と記述式の併用で、スコアはマーク式が400点満点、記述式が600点満点です。

BATICで高スコアを獲得することで、国際的な会計について知識やスキルを客観的に証明することが可能になります。それによって国際税務を取り扱う事務所に転職する際に高い評価を得ることにつながります。

国際会計検定は受験資格に制限はなく、年齢、学歴、資格等を問わず受験することができます。試験問題の難易度の目安としては日商簿記検定1級~2級、英語レベルはTOEICスコアで750点程度といったところです。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事