士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

「USCPA」タグの記事を探す


記事数: 23

米国公認会計士(USCPA)試験の難易度を合格者が徹底解説!

合格すれば監査法人への転職や国内外の会計キャリアを大きく後押ししてくれる米国公認会計士(USCPA)試験。働きながら勉強して資格取得が可能だと言われ、近年人気が高まっていますが、実際の難易度や合格率はどうでしょうか。2019年に米国公認会計士試験に合格した筆者が自らUSCPA試験の実態を解説します。
folder資格試験

2020.10.19

米国公認会計士(USCPA) に将来性はある?

米国公認会計士のライセンスを取り、現地採用としてアメリカで18年間、経理財務の仕事をして、現在はアトランタ近郊の会社でコントローラーをしてる筆者が、今回はその経験をもとに、米国公認会計士の将来性や業務内容、可能性について解説していきます。
folder転職・業界動向

2020.10.06

英文経理とは?概要からオススメの資格まで詳しく解説!

昨今日本企業内でも英文経理が浸透してきています。外資系企業の日本展開により、英文による経理処理が一般化してきているのです。本記事では、英文経理の概要と必要なスキル、また、オススメの資格をご説明いたします。
folder転職・業界動向

2020.08.18

USCPAを持っていると転職に有利かどうか解説します

USCPAとは米国公認会計士のことですが、取得するまでに時間とコストも高く、転職に有利かどうかは気になるところです。日本の公認会計士との違いや、USCPAを持っていることで何が評価されるのか、具体的に解説していきます。
folder転職・業界動向

2020.05.19

4大監査法人ではUSCPA(米国公認会計士)の需要がある!?

USCPA(米国公認会計士)は日本の公認会計士とは受験制度や活動の拠点にかなりの相違があります。では、USCPAの需要は4大監査法人にあるのでしょうか。今回は4大監査法人に勤務していた公認会計士視点で解説します。
folderコラム・学び

2020.02.08

米国公認会計士(USCPA)は本当に意味ないの?

米国公認会計士 (USCPA)を取得しようと考えた時、「所詮はアメリカの資格、公認会計士に比べたら取る意味がない」と言ったようなネガティブな意見を見かけることがあります。しかし、それは事実でしょうか?本記事では米国公認会計士 (USCPA)の資格の価値について解説したいと思います。
folderコラム・学び

2020.02.05

USCPAの難易度は?科目別の対策法を解説

USCPA(米国公認会計士)の試験の出題科目は全部で4科目です。1科目ずつ受けることができ、またその順番も自由です。 しかし、効率よく4科目に合格するためには各科目の特徴や難易度を知っておく必要があります。 今回はUSCPAの難易度について科目別に解説していきます。
folder資格試験

2020.01.24

USCPAの難易度変化について考察

日本は高齢化、人口減少といった社会課題を抱えており、持続的な国の成長のためには国内だけではなく、海外に目を向ける必要があることは必然です。そこで近年、米国公認会計士(USCPA)の資格に注目が集まっている傾向にあります。今回はUSCPAの難易度変化について見ていきましょう。
folder資格試験

2020.01.23

USCPAの転職先についてまとめてみました!

近年、「USCPA」という資格が注目を集めています。USCPAとは「米国公認会計士」試験のことであり、日本の公認会計士試験と異なり、世界でも通用する資格となっています。USCPAの資格を取得することで、仕事の幅を広げることができます。今回はUSCPA合格後の転職先についてわかりやすく解説します。
folder転職・業界動向

2020.01.23

USCPAの取得は外資系への転職に有利か

外資系企業へ経理・財務関連職種での転職を希望されるという方の中には、近年注目されているUS CPA資格を取得して自身の付加価値を高めたいと考えていらっしゃる方が年々増えています。そこで、今回はUS CPA資格の取得が外資系企業への転職に有利かどうかについて解説していきます。
folder転職・業界動向

2019.12.25

公認会計士とUSCPAのダブルライセンスを取るメリットはある?

公認会計士を取得した後に、キャリアアップとしてUSPCAの取得を目指す人もいます。公認会計士だけで十分ではないかと思われるかもしれませんが、USCPAとのダブルライセンスがある場合、今後の仕事の幅が広がるかもしれません。詳細を解説していきましょう。
folder資格試験

2019.12.09

USCPAに合格するために必要とされる勉強時間は?

USCPAとは、米国公認会計士の資格のことをいいます。取得できれば大手の監査法人への転職も可能になるほどの強い武器となるでしょう。しかし、そのぶん難易度も高いと言わざるを得ません。今回は、USCPAの試験に合格するために必要だと考えられている平均の勉強時間について科目別に解説をしていきます。
folder資格試験

2019.11.25

経理関係で簡単にとれる資格とは?おすすめの10の資格を厳選

経理職として会社で、日々の業務をこなすだけでは満足せず、さらにステップアップを目指し資格取得を考える人も多いでしょう。しかし経理に関する資格といってもさまざまなものがあります。今回は、経理職の人が比較的簡単に取得できる資格を中心にして解説します。
folder資格試験

2019.11.17

USCPAのBIG4への転職事情

皆さんUSCPAという資格をご存じでしょうか。会計業界で働いている方や会計系の学校の学生であれば必ず耳にすると思います。では、この資格について、JCPA(日本公認会計士)とは何が違うのでしょうか。USCPAの性格と合格後のキャリアパスについてみていきましょう。
folder転職・業界動向

2019.09.30

公認会計士として海外で働くには?

経済のグローバル化に伴い、海外進出を行う企業が増加傾向にあるなか、「ビジネスの世界共通言語」といわれる会計の知識を身に着け、海外で公認会計士として働いてみたい!という方も少なくありません。本記事では、公認会計士が海外で活躍するにあたり、必要なことについてまとめました。
folder転職・業界動向

2019.09.30

米国公認会計士(USCPA)になると待遇は?日米比較とキャリア

USCPAとは『米国公認会計士』のことです。USCPAは、会計の専門家としてのスキルに加え、英語力も発揮できる資格です。グローバルに活躍する機会が求められる現代社会にて、今後ニーズの高まる可能性が十分にある資格ともいえます。その米国公認会計士になるにはどうしたらいいのか、待遇や日米比較を解説します。
folder転職・業界動向

2019.09.30

米国公認会計士の資格を活かした転職について!日本企業でも十分評価対象に!

日本で受験できる英文経理の資格に米国公認会計士があります。日本の会計士資格よりも取得しやすい上、英語で経理ができることもあり、注目する人も多いです。しかし同じ会計士でも、日本と米国で違いはどこにあるのでしょう?またなぜ米国の資格が日本で注目されるのでしょうか?米国公認会計士に興味がある人は必見です。
folder転職・業界動向

2019.09.30

USCPA取得者が税理士法人で働くメリットは?

USCPAと税理士資格のダブル取得と聞くと、どちらも経理関係では最高峰資格のイメージがあります。USCPAにしても税理士資格にしても、どちらも簡単に取得できるものではありません。今回は、USCPAと税理士資格のダブル取得は可能なのか?転職には有利なのか?など話題の人気資格について紹介していきます。
folder資格試験

2019.09.18

英語力でキャリアアップ!英語ができる経理の転職事情を求人とあわせてご紹介!

早くキャリアアップしたいと思っている経理担当者の方におすすめの勉強の一つが英語です。今ある経理の経験に、英語力をプラスすることで、英文経理ができる人材として、国内大手企業や外資系企業などへのさらなるステップアップに役立てることができます。今回は、経理担当者が英語を勉強する有用性について解説します。
folder転職・業界動向

2019.09.13

英文会計資格の概要について、どの資格が利用価値あり?

米国公認会計士をはじめとする英文会計資格は、近年人気が高くなっています。その一方で、試験内容、難易度や、転職・就職など、将来への活かし方がわかりにくい点もあるようです。そこで、各試験の概観や、試験内容・受験資格等につき、一読で資格の全体像を把握できるよう下記にまとめていますので、ぜひご確認ください。
folder資格試験

2019.09.13