士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
税理士から記事を探す

記事数: 128

税理士として転職するのに、年齢は関係あるの?

「憧れの税理士資格を取得したけれど、転職するには遅すぎる年齢かもしれない」「税理士として転職する年齢に限界はあるの?」などと、疑問や悩みを抱えていませんか?本記事では、税理士の年齢に焦点を当て、20代・30代・40代以降の税理士の転職について徹底的に解説します。

転職・業界動向

2019.09.20

税理士でいるのも大変?かかる年会費などの費用について解説

税理士になるためには、税理士試験に合格したのち、税理士会への登録が必要です。そして、登録時には入会金、その後も維持費用として年会費を毎年支払う必要があります。本記事では、税理士登録においてかかる費用について解説いたします。

コラム・学び

2019.09.20

USCPA取得者が税理士法人で働くメリットは?

USCPAと税理士資格のダブル取得と聞くと、どちらも経理関係では最高峰資格のイメージがあります。USCPAにしても税理士資格にしても、どちらも簡単に取得できるものではありません。今回は、USCPAと税理士資格のダブル取得は可能なのか?転職には有利なのか?など話題の人気資格について紹介していきます。

資格試験

2019.09.18

大手税理士法人へ転職するには?!

税理士事務所というのは、1人の税理士を代表にして経営している個人事務所であり、代表者には所得税が課されます。一方、税理士法人は2名上の税理士が代表となり一緒に設立する法人形態で、つまり法人格です。この税理士法人にも「大手税理士法人」と呼ばれるものがあり、今回は大手税理士法人について検証していきます。

転職・業界動向

2019.09.18

税理士の報酬 どうやって決める? 顧問料は?報酬相場は?

税理士の方が独立開業される時、とても気になるのが税理士報酬です。平成14年に標準報酬額規定は撤廃され、報酬は自由化されています。そこで、どう決めれば適正といえるのか、税理士報酬の決め方・相場につき解説します。

コラム・学び

2019.09.13

「相場」と実際の顧問料になぜ差がある?

税理士顧問料には、相場があります。また、税理士報酬全体には、「売上高」「取引高」に比例した報酬を設定するのが通常です。そこで、顧問料も見積もりを出せば各事務所大体同じに思えますが、実際は違います。本記事では開業を考える方に知っておいてもらいたい、顧問料の実際の決め方について解説します。

コラム・学び

2019.09.13

気になる公認会計士の顧問料金について紹介

自分が会社を経営し、正しい財務諸表が作成できているかどうか、またできれば経営についてのアドバイスが欲しいと思った時に契約するのが「税理士」や「公認会計士」です。世間にはこの料金に相場があります。今回はこの公認会計士と契約した際にかかる料金について解説します。

コラム・学び

2019.09.13

税理士の人数は年々増加している?

登録済税理士の人数は年々増加していますが、税理士試験の合格者数は年々減少しています。では登録者の増加と合格者の減少の関係性はどのようになっているのでしょうか。ここでは、税理士の人数推移、そして税理士法人の増加について分析していきます。

転職・業界動向

2019.09.13

税理士と不動産鑑定士、将来性のある資格は?

近年、AIの登場によって、今ある職業のうち702業種が将来なくなるという論文が発表され波紋を呼んでいます。資格の取得を目指している人にとって、現在取得を目指している資格が将来性のある資格なのかというのは、重大な関心事の一つだと思います。そこで、税理士と不動産鑑定士の将来性について本記事で解説します。

転職・業界動向

2019.09.13

公認会計士のやりがいとは?独占業務について

一般的に「会計士」というと、「公認会計士」を思い浮かべますが、詳しくない人にとっては「税理士」との違いがわからないことも多いと思います。しかしこの2つの仕事は、実際の業務に大きな違いがあります。どちらも一筋縄ではいかない大変な仕事です。では、具体的に公認会計士の仕事のやりがいを中心に見ていきます。

コラム・学び

2019.09.13

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ