士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

「税理士」タグの記事を探す


記事数: 271

業務委託報酬には源泉徴収が必要!源泉所得税をわかりやすく解説!

会社は従業員に給与を支払う際に源泉徴収を行っていますが、従業員ではない外部委託者への業務委託報酬についても、源泉徴収を行う必要があります。この業務委託報酬の源泉所得税は、その業務内容によって税率が異なります。今回は、業務委託報酬とその内容による源泉所得税率について解説していきます。
folderコラム・学び

2020.09.13

有利発行において、税務法上で注意が必要な点とは?わかりやすく解説!

株式を発行する際の手段の一つとして有利発行という手段があります。この有利発行については、税務上において課税の有無といった論点があります。今回は、有利発行とはなにか、そして有利発行を実行する際の税務上の留意点について説明していきます。
folderコラム・学び

2020.09.02

女性の転職に税理士資格が有利!税理士の資格とは

女性が転職を考えるにあたり、様々なライフイベントが訪れる中でどのように安定をした収入を維持していけば良いのか、という悩みはつきものです。収入の維持には、様々な資格の中でも税理士資格の保持が有利となります。 今回は税理士の資格と、女性の転職に有利となる理由について解説していきます。
folder資格試験

2020.08.29

米国税理士(EA)は目指す価値がある資格なの?

米国の税務知識をアピールできる資格として、米国税理士(EA)の人気が高まりつつあります。上位資格である米国会計士(USCPA)にて米国税理士(EA)の業務は全ておこなうことができるため、意味がないという声もあります。 今回は、米国税理士(EA)について、資格の価値について解説します。
folder資格試験

2020.08.27

米国税理士(EA)の合格まで勉強時間はどのくらい?

アメリカでの税理士資格「米国税理士(Enrolled Agent:EA)」をご存じですか?アメリカの税務申告を代行するための資格ですが、日本の税理士資格と比べると難易度が低いため、おすすめできる資格です。今回は米国税理士(EA)の試験概要と合格までの勉強時間について解説します。
folder資格試験

2020.08.27

これから米国税理士(EA)の資格を取るメリットとは

アメリカでは、日本のように源泉徴収の仕組みがありません。企業に雇用されている人も、自営業の人も、一定以上の収入がある人は等しく申告をおこなう必要があります。税務の面から申告業務をサポートするのが米国税理士(Enrolled Agent:EA)です。今回は米国税理士の資格を取るメリットを解説します。
folderコラム・学び

2020.08.26

税理士はなぜ転職が多い?税理士の資格とその業務

顧問契約をしていた担当の税理士が転職によって変更となった、あの税理士法人は従業員の税理士の入れ替わりが多い等、税理士は転職が多いといわれています。転職が多い理由には、税理士の資格や業務の性質にあるといえます。今回は、なぜ税理士は転職が多いのか、その資格や業務に触れながら解説していきます。
folderコラム・学び

2020.08.26

転職で米国税理士の資格を取得するメリットを解説!

米国税理士の資格を取得すると、転職で有利になるのでしょうか?答えとしては、外資系企業や国際事務所への転職が有利になります。英語が得意で経理の仕事に興味がある人は、米国税理士の資格を取得することを検討してみましょう。この記事では、米国税理士の資格を取得することで得られるメリットについて解説します。
folder資格試験

2020.08.24

米国税理士は難しい?その難易度を詳しく解説!

米国税理士とはアメリカ合衆国内国歳入庁が認可した米国の税理士のことを言います。米国税理士の試験に合格するだけで、資格欄に米国税理士と明記することができますし、科目合格だけで十分なアピールとなることから、就職・転職にも有利となる資格です。 今回は、米国税理士の難易度について詳しく解説していきます。
folder資格試験

2020.08.19

米国税理士の年収は?詳しく解説!

米国税理士は、日本における国税庁にあたる米国の内国歳入庁国家試験に合格して、資格を取得しなければなることのできない国家資格です。日本において、米国税理士はあまり認知されていないものの、米国税理士の資格を取得すれば、米国における個人の税務申告書の作成、税務相談、税務コンサルティングを行えます。
folderコラム・学び

2020.08.19