士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
資格試験から記事を探す

記事数: 84

公認会計士、最後の難関「修了考査」その難易度は??

公認会計士試験合格者となった後には①実務経験(2年間)②補習所通学(基本3年間)③修了考査合格の3つの要件を満たす必要があります。この条件を満たして初めて公認会計士登録を申請することができます。本記事では、公認会計士を目指すにあたって最後の関門、修了考査についてご紹介します。

資格試験

2019.09.20

税理士登録には2年の実務経験が必要?!注意点もご紹介

税理士になるには、税理士試験に合格するだけでなく、2年以上の実務経験を積んだ上で、税理士名簿に登録される必要があります。実務経験があることは、在職証明書を提出することで証明できます。本記事では、税理士登録までの流れと実務経験2年以上の詳細についてご紹介します。

資格試験

2019.09.20

35歳未経験でも税理士になれる?!差をつけるには?

30代から税理士を目指すという人は非常に多いです。 どんな業界であっても、30代という年齢から未経験でチャレンジするというのは、ハードルが高く感じてしまうのが普通です。 本記事では、税理士事務所業界の転職活動のポイントについて解説します。

資格試験

2019.09.20

無試験で税理士になるには?試験免除の方法をご紹介

税理士はかなりの難関試験ですが、一生有効の科目合格制が導入されているため、会社員をしながら長期戦で目指している方も多い人気資格です。そんな様々な難関国家資格を、通常の試験を受けないで取得する方法があります。本記事では、そのいくつかある試験免除の方法についてご紹介します。

資格試験

2019.09.20

税理士試験の勉強に専念するのは危険?!注意点をご紹介

国家資格の中でも難関と言われる税理士試験。その試験に合格するため、働かずに受験勉強に“専念”する方も少なくないようですが、実際にどの程度の期間であれば受験に専念しても大丈夫なのでしょうか。本記事では、そんな税理士試験の受験勉強に専念するべきかどうかご紹介します。

資格試験

2019.09.20

会計大学院に行くメリットは?学費はどれくらいかかるの?

公認会計士試験の制度が変わって世に出てきた会計大学院、響きはかっこいいですがどのようなところで、行くメリットはあるのでしょうか。また、大学院というだけあって学費はそれなりにかかることが予想されます。そこで、今回は会計大学院に行くメリットやその学費について解説したいと思います。

資格試験

2019.09.19

公認会計士の試験範囲は?科目ごとの解説

公認会計士の制度は公式には1948年に証券取引法が導入されたことに伴い、本格的な公認会計士の資格及び試験が制度化されました。それから70年以上経過する中で、色々な試験制度の変化がありました。ここでは公認会計士試験の概要、試験範囲や科目ごとにどのような出題がされるかのポイントをお伝えします。

資格試験

2019.09.19

公認会計士協会準会員とは?通常の会員とはどう違うの?

公認会計士試験に合格し、実務経験の要件を満たし修了試験に合格すると晴れて公認会計士として登録でき、登録すると日本公認会計士協会の会員となります。この会員とは別に公認会計士協会の準会員という制度があります。ここで、公認会計士協会の準会員とは?という疑問や通常の会員との違いを解説したいと思います。

資格試験

2019.09.19

公認会計士試験に独学で合格は可能?独学のメリット、デメリットを紹介!

難関試験の一つに数えられる公認会計士試験。合格者の多くは専門学校に通っていると聞きます。しかし専門学校に行くにはお金も時間もかかります。その点、独学であれば働きながら、自分のペースで勉強もできそうです。それでは公認会計士試験に独学で合格は可能でしょうか?その点お話していきたいと思います。

資格試験

2019.09.19

税理士試験を目指す方向け|日商簿記2級との共通点と学習のコツ

税理士試験は、1年に1度のみ行われる難関試験であることは多くの方がご存知でしょう。 そして、税理士試験には関係がないように思えるものの事務職の募集要項などでよく見かける簿記2級の知識が役立つケースもあります。 今回は税理士試験において簿記2級を学ぶことがなぜ有効なのかをひも解いていきます。

資格試験

2019.09.18

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ