士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

「M&A」タグの記事を探す


記事数: 38

PMIとは?各統合プロセスの際にはどんなことに気を付ける必要がある?公認会計士が解説!

PMIとは、M&A後における企業の統合プロセスのことです。M&A時における企業の統合プロセスを重要視する傾向が増しています。単純にM&Aなどによって資本提携をして終了ではなく、組織再編後、いかに企業をブラッシュアップするのかという点に関心が移っているのです。そこで、今回はPMIについて解説します。
folder用語解説

2021.05.23

M&Aにおけるバリュエーションって何?どんなことをするの?

M&Aを行なうためには、買収・吸収合併対象となる企業価値がどれくらいあるのかを決めなければなりません。企業価値がいくらなのかを推定することはバリュエーション(企業価値評価)と呼ばれます。この記事では、そんなM&Aにおけるバリュエーションについて詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.20

M&Aでの公認会計士の役割について事例も併せて解説!

公認会計士のM&Aにおける役割とは何でしょうか。将来、公認会計士や証券会社マン、弁護士になってM&Aに関する仕事をしたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。今回は、一般的に公認会計士はM&Aにおいてどのような役割でどのような仕事をするのか見ていきましょう。
folderコラム・学び

2021.05.20

敵対的買収から企業を守る防衛術!ホワイトナイトの活用事例

グローバル化の現在、優良企業はいつファンドから買収されてもおかしくありません。「ホワイトナイト」とは、日本訳で白馬の騎士という意味で、買収をされた際に、助けてくれる企業のことです。自分の企業の経営権や従業員を、敵対的買収から守るための、防衛策の一つです。今回はホワイトナイトについて解説していきます。
folderコラム・学び

2021.02.24

会計事務所同士のM&Aが進行中?なぜ今会計事務所はM&Aを行なうのか。

2つの企業が一つになるM&A。M&Aには多くのメリットがあります。一般にM&Aは会社同士で行われるものでした。しかし、従来は行われてこなかった会計事務所同士のM&Aが、近年進行しています。なぜ今会計事務所同士のM&Aが進んでいるのでしょうか?この記事ではその理由をわかりやすく端的に解説します。
folderコラム・学び

2020.12.11

財務デューデリジェンスって何?わかりやすく解説します!

企業の買収や合併が行われる際に必ず行われるのが、財務デューデリジェンスという手続きです。必ず行われるにもかかわらず、そこでは具体的に何が行われているのかはわかりにくくなっています。そこでこの記事では、財務デューデリジェンスでどのようなことが行われているのかについてわかりやすく解説していきます。
folderコラム・学び

2020.11.27

俳優から転身!起業と転職を経てスタートした税理士業!事業承継やスモールM&A支援を専門に行う税理士のキャリアをご紹介!

大学を中退し俳優として活動、その後、起業や転職などを経て、現在では税務業務の他、事業継承やスモールM&A支援といった付加価値の高いサービスを提供する税理士として活躍する都鍾洵(みやこ しょうじゅん)さんに、HUPRO編集部がお話を聞いてきました。
folderキャリア

2020.11.05

マイクロM&Aについて解説します!

今やM&Aは大企業だけの話ではなく、中小企業にとっても現実的な出口戦略の選択肢となりました。その中で、概ね譲渡価格10億円未満のM&AをスモールM&Aと呼ばれていますが、多くの小企業にとってはその価格も現実味がありません。今回はこのマイクロM&Aをわかりやすく解説します。
folderコラム・学び

2020.10.13

スモールM&Aとは?税理士がわかりやすく解説!

最近様々なメディアで、中小企業のM&Aのニュースが流れてきます。スモールM&Aという言葉を聞く機会も増えました。しかし実際にM&Aした話を聞くことは少ないのではないでしょうか?スモールM&Aとは何なのか、実情はどうなっているのか、現場の最前線でスモールM&Aに携わる税理士がわかりやすく解説します。
folder用語解説

2020.09.26

M&Aにおいて公認会計士が行う企業価値評価について解説

M&Aを行なうためには、買収・吸収しようとしている企業の適正な価値を把握しなければなりません。そして、M&Aを行なう際には、高度な会計・税務・監査などについて専門知識をもつ公認会計士に企業評価を依頼することがあります。この記事では、そんなM&Aにおける公認会計士の役割について解説していきます。
folderコラム・学び

2020.09.11

M&Aアドバイザリーとして働きたい志望動機とは?

M&Aアドバイザリーとして働きたいと思ったのはなぜでしょう。それぞれいろんな思いがある中で考えたものとだと思います。 今回はM&Aアドバイザリーの志望動機ということについて解説していきます。
folderコラム・学び

2020.07.31

M&Aアドバイザリーには資格が必要なのか?

M&Aアドバイザリーになるには資格が必要になるのでしょうか。必要なのかどうなのかみていきましょう。 今回はM&Aアドバイザリーに資格が必要なのかということについて解説していきます。
folderコラム・学び

2020.07.31

M&Aアドバイザリーは激務なのか?

M&Aアドバイザリーは激務とよく言われますが、本当に激務なのでしょうか。 今回はM&Aアドバイザリーの業務内容から激務なのか、そうではないのかということについて解説していきます。
folder業務内容

2020.07.30

中小企業のM&Aにおける税務DDの重要性とチェックポイント

中小企業の事業承継の1手法として株式譲渡方式を中心としたM&Aがあります。M&Aではターゲット企業の株式を取得する意思決定に至るまでに財務DD、法務DDといった調査があります。税務DDもそんな調査手続きの1つですが、今回は中小企業のM&Aにおける税務DDの重要性とチェックポイントをご紹介します。
folderコラム・学び

2020.07.28

M&Aの会計処理を徹底解説!

M&Aの会計処理を理解するためには、まずどのようなM&Aがあり、それぞれにどのような会計処理を適用するかを考えなければなりません。 そこで今回は、M&Aの会計処理について、徹底解説します。
folderコラム・学び

2020.06.01

難解M&A用語を解説!事業譲渡の法人税法って?

いわゆるM&Aの手法としては一般的に「株式譲渡」が多用されていますが、もう1つの手法として「事業譲渡」というものがあります。実務であまりお目にかからないので「事業譲渡」についてよく知らない方も多いかと思います。今回は、そんな「事業譲渡」について特に重要となる法人税の取扱いを中心にご紹介します。
folderコラム・学び

2020.04.30

TOBとは?株価への影響などわかりやすく解説!

TOB(Take Over Bid)とは、M&Aの手法の一つです。日本語では株式公開買付とよばれ、上場企業など同士のM&Aで用いられる手法です。TOBが発生すると、その会社だけでなくその会社の株主にも大きな影響があります。今回は「TOB」についてその意味や株価への影響等をわかりやすく解説します。
folder用語解説

2020.04.03

M&Aにおけるコーポレート・ファイナンスの意味を解説

コーポレート・ファイナンスという言葉が実際には何を指しているのか、曖昧にしか理解していない方も多いのではないでしょうか。 今回は「コーポレート・ファイナンス」における3つの意味を紹介し、M&Aの文脈ではどのような意味で使われるのか、ノンリコース・ファイナンスとの対比について解説していきます。
folderコラム・学び

2020.03.25

増加する中小企業のM&Aの背景と実情について

リーマンショック直後に落ち込んだ中小企業のM&A件数は、その後一貫して増加基調です。従来は大企業と一部の中堅企業が対象だったM&Aですが、最近では規模が小さい中小企業のM&Aを専門的にサポートする会社も出てきています。何故、今中小企業のM&Aが増加しているのかについて、分かり易く解説します。
folderコラム・学び

2020.03.22

M&Aのエキスパートになるための資格とは?その必要性と難易度

日本では、全企業のうち99.7%が中小企業だそうです。最近では中小企業が、事業承継手段として、M&Aを活用するようになっています。今まではその対象が大企業であったM&Aも多様化しています。この記事では、そのM&Aのエキスパートになるために有用な資格について分かり易く説明をして行きたいと思います。
folderコラム・学び

2020.03.22