士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

転職で米国税理士の資格を取得するメリットを解説!

HUPRO 編集部
転職で米国税理士の資格を取得するメリットを解説!

米国税理士の資格を取得すると、転職では有利になるのでしょうか?せっかく苦労して米国税理士の資格を取得しても、転職の役に立たないのであればがっかりしてしまうかもしれませんね。答えとしては、米国税理士の資格を取得することで、外資系企業や国際会計事務所・税理士事務所への転職が有利になります。英語が得意で経理の仕事に興味がある人は、米国税理士の資格を取得することを検討してみましょう。
この記事では、米国税理士の資格を取得することで、転職する場合にどのようなメリットがあるのかを解説します。

米国税理士の資格を取得することによる転職へのメリット

米国税理士の資格を取得することで、転職活動を有利に進めることができます。日米間の取引をする企業では税務に関する知識がある人材への高いニーズがあります。転職する場合にどのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

外資系企業への転職に有利になる

米国税理士の資格を取得していることで、税務の知識とある程度の英語力があることをアピールできるので、外資系企業への転職が有利になります。また、米国税理士の資格を取得している人は少ないので、転職活動を有利に進めることができます。

日本で仕事をしているアメリカに国籍を持つ人は、アメリカに対して確定申告を行う必要があります。アメリカに対して確定申告手続きを行うことができるのは米国税理士の資格を持つ人だけなので、アメリカを拠点とする外資系企業からの需要が高くなるのです。日本の企業がアメリカに進出する場合でも米国の税務の知識は必要なので、米国税理士の資格を取得していると重宝される可能性があります。

国際会計事務所・税理士事務所への転職に有利

米国税理士の資格を取得することで、国際会計事務所・税理士事務所への転職が有利になります。米国税理士の資格を取得していると、下記の業務を行うことができます。

・日本に進出したアメリカ企業の税務申告
・アメリカ企業相手の税務コンサルティング
・日本に在住するアメリカ人の納税申告

アメリカの企業を相手に仕事をしている国際会計事務所・税理士事務所では、米国税理士の資格に対する需要が常にあります。大手の事務所へ転職できる可能性もあるので、国際会計事務所・税理士事務所で働いてみたい場合は米国税理士の資格取得を検討してみましょう。

英語力をアピールできる

米国税理士の資格を取得していると、転職する際に英語力をアピールすることができます。英語力の高さだけでなく、英語力を活かして資格を取得したという姿勢を高く評価される可能性もあります。税務にかかわる実務的な英語力の高さを証明することもできるので、税務の知識と英語力が必要とされる企業への転職で有利になります。

アメリカで米国税理士として働くことができる

米国税理士の資格を取得していると、日本国内での転職活動だけでなく米国で働くこともできます。日本では企業で源泉徴収などの税務処理を行いますが、アメリカでは個人で税務申告を行わなければなりません。日本に比べると税理士への需要が高いので、米国で税理士として働ける可能性もあります。

転職で米国税理士の資格を取得することをおすすめする理由

短期間での取得が可能

一般に、米国税理士の資格を取得するためには、200~300時間程度の勉強時間が必要と言われており、おおむね半年から1年で合格できます。一方、税理士の資格は3,000時間程度の学習時間が必要で、3年以内に合格することが珍しいくらいです。転職するために資格の取得を検討しているけど、時間をかける余裕がない場合には、短期間での取得が可能な米国税理士がおすすめです。

受験資格が必要ない

米国税理士の受験資格は18歳以上であることだけなので、転職を目指す場合はだれでも試験を受けることができます。税理士の場合は、大学などで法律学または経済学を1科目以上履修していること、簿記1級の取得、実務経験などの受験資格があります。米国税理士なら、誰でも試験を受けることができるので、転職のために資格の取得を検討している場合におすすめです。

資格の取得とともに英語力を高めることができる

米国税理士の試験は英語で行われるので、英語力が必要です。試験に合格するためには税務の知識に加えて英語力も高める必要があります。転職のためだけの英語を勉強するのは面倒と考える場合でも、米国税理士であればいやでも英語力を身に着けることになるので一石二鳥というわけです。

まとめ

米国税理士の資格を取得していると、外資系企業や国際会計事務所、税理士事務所への転職で有利になります。税務の知識だけでなく英語力もアピールできるので、実用性の高い資格となっています。受験資格がなく、短期間での取得も可能なので、転職のために資格の取得を検討している場合にもおすすめです。経理部門や税務に関する仕事への転職を考えているなら米国税理士の資格取得を検討してみましょう。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:資格試験

おすすめの記事