士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

岡山 由佳の記事一覧

記事数: 76

誰が財産を貰えるの?相続人の判定について詳しく解説!

相続発生時に財産を貰える人や相続税を納めるべき人を判断するために、相続人の判定は必ず必要です。 また相続発生以前に、相続税対策を講じるための相続税の試算のためにも、相続人を把握することは非常に重要です。 今回は、相続人には誰が該当をするのか、その判定について詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2021.08.01

相続税における配偶者控除とは?

相続が発生した場合、配偶者の相続税負担を重くしては、金銭的に維持を出来ずに相続後の生活に影響が出てしまう恐れがあります。 そのため、配偶者には配偶者控除である配偶者の税額の軽減が適用が認められ、相続税の負担を軽くすることが出来ます。 今回は、配偶者の税額の軽減について詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2021.07.30

会費や入会費に対する消費税の取り扱いとは?詳しく解説!

消費税の課税区分の判定は、消費税を納めるべき課税事業者の正しい消費税の納税額の計算のために欠かせないものです。消費税の課税区分の判定に頭を悩ませる取引のひとつとして、会費や入会費の支払いがあります。今回は、会費や入会費の消費税の取り扱いについて詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2021.07.26

車を取得した場合の減価償却方法は?耐用年数や償却率も紹介します

事業者が事業に使用する車を取得した場合、その取得価額を取得した年度に車両費として一括で費用計上をしてはいけません。車の取得価額を資産計上したうえで、減価償却の手続きを行う必要があります。 今回は車を取得した場合の減価償却の手続き方法について、耐用年数や償却率と共に詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2021.07.19

減価償却を行う4つのメリットを解説!なぜ減価償却の会計処理が必要?

減価償却は、簿記検定初級でも出題範囲とされている、事業者にとって基本的な会計処理及び必要な会計知識です。なぜ減価償却の会計処理が必要であるのか、それは減価償却を行うことで得られるメリットを知れば理解がしやすくなります。 今回は、減価償却と減価償却を行うメリットを4つ、詳しく解説していきます。
folderコラム・学び

2021.07.15

相続税が納付出来ない場合はどうすれば?相続税の延納について

故人の財産が思っていたよりも多額であった、予期せぬ相続が発生した等、相続対策が十分に行えていなかった場合には、相続税の納税資金が不足することが考えられます。 相続税は原則金銭での一括納付ですが、これが難しい場合には延納を選択することが出来ます。 今回は相続税の延納について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.07.01

令和3年度税制改正により延長!教育資金、結婚・子育て資金の一括贈与とは?

令和3年度の税制改正では、贈与税がかからずに次世代に多くのお金を渡すことの出来、納税者有利な改正である、一括贈与、結婚・子育て資金の一括贈与の非課税措置の適用期限の延長が行われました。 今回は教育資金の一括贈与、結婚・子育て資金の一括贈与の非課税措置について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.06.26

無くならない職務!経営企画の将来性とキャリアアップについて

経営企画は企業において重要な職務であり、多くのスキルが必要であることから、将来性のある仕事であるといえます。 なぜ将来性があるといえるのかについて、今回は、経営企画に求められるスキルや、経営企画の経験を活かしたキャリアアップの観点から、経営企画の職務について解説いたします。
folderコラム・学び

2021.06.23

経営企画はつらい⁈つらいと感じるポイントを教えます

どのような仕事であっても、やりがいを得ることが出来ると共に、つらいと感じる点があります。 経営企画は、スキルの高い人が就くことが出来る非常にやりがいのある仕事ですが、求められるスキルが高い故につらいこともあります。 今回は経営企画に携わる人がつらいと感じるポイントをご紹介致します。
folderコラム・学び

2021.06.22

1,000万円も可能?経営企画の年収を分析!

経営企画は企業の方向性を定める、重要な職務です。やりがいが得られると同時に、高いスキルや知識が求められるこの職務では、収入はどの程度得られるものなのでしょうか。 今回は、経営企画に携わる人の平均年収をご紹介すると共に、経営企画によって年収をアップさせるポイントを解説していきます。
folderコラム・学び

2021.06.21

経営企画に資格は必要?経営企画に役立つ資格について解説します!

経営企画に携わる人には、様々なスキルが必要となっています。それは経営企画が企業の方向性を決定づける重要な職務であるからです。 今回は、経営企画に携わりたい人や、経営企画に携わっているがよりスキルを磨きたい人に、とても役立つ、専門的知識を身に着けるための2つの資格について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.06.21

事業再構築補助金で注目!認定支援機関とは?

事業再構築補助金の申請には、認定支援機関の関与が必須となっています。申請に関与が必要なことで注目がされている認定支援機関ですが、認定支援機関の役割は補助金申請への関与のみならず、事業者の様々な経営課題について多岐に渡り支援をすることです。 今回は認定支援機関について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.30

事業再構築補助金の申請枠とその要件とは?

事業者が受け取ることの出来る事業再構築補助金には、4つの申請枠があります。どの申請枠にて申請を行うかにより、補助金額や補助率が異なるため、この申請枠の要件の確認は、申請を行うにあたり必須となります。 今回は、その4つの申請枠とは、またその4つの申請枠に該当をするための要件について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.22

本当にその支出は雑費?勘定科目の使い方

適正な勘定科目が分からない、何となく…そんな安易な理由で雑費を計上をしていないでしょうか? 支出に対して雑費を多用すると、その仕訳から作成される会計帳簿や財務諸表は信頼性の低いものとなってしまいます。 なぜ雑費が多いといけないのか?今回は勘定科目の使い方について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.12

貸倒引当金の算定の仕方と計上方法

貸倒引当金の算定は、中小企業では前期と同様の処理を行えば良い、と考えている経理担当者も少なくありません。しかしそれは計算において特例を利用することが出来ているからであり、本来の貸倒引当金繰入額の計算方法はこの限りではありません。 今回は貸倒引当金の算定の仕方と計上方法について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.11

事業再構築補助金の対象となる経費と具体例

事業再構築補助金は、事業再構築事業に係る経費に対して一定の割合が支給されます。この対象経費は、会計上の経費や税法上の損金とは全く異なるもので、事業再構築補助金が独自に定めているものです。 今回は、この独自に定められている事業再構築補助金の対象となる経費と、その具体例について解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.11

事業再構築補助金を受け取るためには再構築事業の取組みが必要!事業再構築とは?

5月より2次公募が開始されることで注目を集めている事業再構築補助金。ウィズコロナ・ポストコロナ時代に適応して事業者が生き抜くためには、申請を検討したい補助金のひとつです。今回は、事業再構築補助金とはどのような補助金なのか、また補助対象となる事業再構築事業とは何かについて解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.08

社外に支払う交際費と寄附金の違いは?

勘定科目の選択で迷うことの多い交際費と寄附金。一般的には支出時に受け取る領収書の名称によって判断することが出来ますが、必ずしも寄附金と記載された領収書が勘定科目における寄附金と一致するとは限りません。実態に合わせた適切な会計処理が必要です。 今回は交際費と寄附金の違いについて解説していきます。
folderコラム・学び

2021.05.01

特恵税率とは?輸入事業者が知っておくべき特恵関税制度

特恵関税制度とは、一般の関税率よりも低い税率を、開発途上国等を原産地とする一定の輸入品について適用を行い、開発途上国等の輸出額の増加や促進により経済発展を支援するためのもので1971年から実施をされています。 今回は輸入を行う事業者にとって関係の深い特恵関税制度について解説をしていきます。
folder用語解説

2021.05.01

減価償却の直接法と間接法の違い!解説します!

減価償却の表示方法である直接法と間接法。これらについて明確に違いを把握していますか?前期以前や前任者に倣って会計処理を行っていると、行っていない方の会計処理方法について意外と内容をご存知ない方もいます。 今回は減価償却における直接法と間接法の違いやメリット、デメリットについて解説していきます。
folderコラム・学び

2021.04.22