士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

「税理士試験」タグの記事を探す


記事数: 97

税理士試験で事業税を選ぶのはどうなのか?

税理士試験では5科目の合格が必要です。必修科目2科目と、どちらか一方は必ず受けないといけない選択必修科目2科目のほかに選択科目があります。それらを合わせて5科目の合格が必要です。本記事では、税法の選択科目の中で、事業税を選択した場合の難易度や勉強法などについて見ていきます。

資格試験

2019.11.24

税理士試験科目の組み合わせを考えよう

税理士試験の勉強するにあたり、どの科目を選べば良いか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。合格しやすい、就職・転職先で評価されやすいなど様々な情報がありますね。本記事では、税理士試験科目の組み合わせについて考えてみました。

コラム・学び

2019.11.24

税理士科目合格者は転職価値がアップ!

税理士試験には「科目合格」という制度があります。国家資格の中でもその難易度が高いといわれる税理士試験は、一度合格した科目は一生涯有効のため、この科目合格をしていることで、税務の専門知識を身につけていると評価されることも多いのです。税理士試験の科目合格者の転職アピールポイントについて解説します。

転職・業界動向

2019.11.24

税理士試験の免除申請とは?そのメリットは?

税理士試験は5科目合格しなければなりませんが、免除申請を行うことにより、受験科目を免除することができます。また、税理士試験の免除申請を利用するメリットやデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、税理士試験の免除申請とそのメリットやデメリットについて解説していきます。

コラム・学び

2019.11.20

税理士試験の科目に難易度順はあるの?どれを優先すべき?

税理士試験は、11科目ある試験のうち5科目に合格をしなければいけないことになっています。このなかで会計科目である簿記論、財務諸表論は必須科目であり、選択必須科目もあります。ただ、その他の科目については自由に選択することが可能です。今回は、税理士試験の科目の難易度順について解説していきます。

コラム・学び

2019.11.20

税理士試験における住民税の難易度は?実務で使える?

税理士試験は簿記論と財務諸表論に加えて様々な税法に属する科目が存在します。税法科目には色々ありますが、住民税については事業税とどちらか一方しか選べない科目であることなどで、受験生が最も少ないと言われる科目の一つです。 そこで、今回は税理士試験における住民税について現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.11.17

税理士試験における固定資産税の難易度は?実務で使える?

法律科目には色々ありますが、固定資産税については年々受験生も減ってきており、今後税理士試験から外されるのではないかと言われていることもあり、徐々に情報が少なくなっている科目となります。そこで、今回は税理士試験における固定資産税について現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.11.15

税理士試験における国税徴収法の難易度は?

税理士試験は簿記論と財務諸表論に加えて様々な法律科目が存在します。中でも国税徴収法については受験者も少なくどのような範囲や難易度であるかの等情報が少ないでしょう。そこで、今回は税理士試験における国税徴収法について現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.11.15

税理士試験における相続税法の難易度は?実務で使える?

税理士試験は簿記論と財務諸表論に加えて様々な法律科目が存在します。その法律科目の一つが相続税法となり、他の税法科目と若干景色が異なる科目と言えます。 そこで、今回は税理士試験における相続税法について現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.11.15

簿財合格後のキャリアはどうやって考える?

税理士試験の登竜門的な科目である簿記論と財務諸表論。まずこの2科目を受験する人がほとんどでしょう。ではようやくこの簿財に合格した場合、次にどのようなステップを踏むことが良いのでしょうか。今回は、簿財合格後のキャリアはどのように考えるかを現役公認会計士が解説していきます。

転職・業界動向

2019.10.19

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ