士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

「税理士試験」タグの記事を探す


記事数: 104

税理士の受験者数は減少傾向?その実態は

税理士試験の受験者数は減少傾向にあると言われていますが、実態はどうなっているのでしょうか。令和元年である今年2019年の最新の情報を盛り込みながら、近年の税理士試験の受験者数の推移や、税理士として就職を希望する際のポイントをご紹介します。

資格試験

2019.10.03

税理士になるためには1年ごとの計画が重要!

税理士試験の合格は、一度にすべての科目に合格する必要はなく、科目ごとの合格でも問題ありません。また、すべての科目に合格していなくても、実務経験を積むことは可能ですが、できるだけ早くに合格し、他の受験生たちとも差をつけたいところです。今回は1年で複数の科目に合格できるような勉強方法をお伝えします。

資格試験

2019.10.02

税理士試験(簿記論・財務諸表論)のおすすめテキスト&問題集10選

科目合格制という制度を取っている税理士試験ですが、それぞれの科目で予備校に通うとなると相当な出費を覚悟しなくてはなりません。そこで独学を考える人も多いのではないでしょうか。本記事では、必修科目である簿記論と財務諸表論を2科目について独学で勉強するためのおすすめ問題集をご紹介します。

資格試験

2019.09.30

税理士試験科目はどれをえらぶべき?転職で評価される科目とは?

税理士試験科目はすべてで11科目あり、そのなかの5科目を取得することが求められます。必須科目があるものの、11科目から5科目を自由に選択できるのですが、転職の際に評価されやすい科目というのがあります。では、どの科目を選べば良いのでしょうか。今回は、税理士試験科目で選択すべき科目について解説します。

資格試験

2019.09.30

税理士試験の合格率とは?科目別、年齢ごとに紹介

経理に関係する資格で、最難関の資格と言えば、公認会計士と税理士を思い浮かべる人が多いでしょう。税理士になる最も一般的な方法は、税理士試験に合格することです。税理士試験とはどんな試験で合格率は何%ぐらいでしょうか?税理士に興味がある人、税理士になりたいと思う方はぜひお読みください。

資格試験

2019.09.30

なかなか税理士試験に受からない人とは?

税理士試験は受験生のトップの10%程度しか合格せず、5科目も合格する必要があるため、難易度が高いです。すぐに税理士試験に受かる人は、税理士試験に受かるための学習だけする、学習するときは危機感を持つ、自分と向き合って学習する、ことが挙げられますが、受かる人と受からない人の違いを考察してみます。

資格試験

2019.09.30

税理士って大変な仕事?税理士の仕事についてまとめ

税理士含め、どの職種でもやりがいになる部分と大変な側面があります。その中でも税理士は、そもそも税理士になるための資格取得も難しく、大変と有名です。今回は、そもそも税理士になるための資格取得の大変さと、仕事のやりがいについて触れていきます。

転職・業界動向

2019.09.27

税理士に最短で合格するには?科目選択の判断基準など中心に解説します!

税理士試験といえば、難関資格の一つとして認知されています。科目の平均合格率が10%台であることから容易には合格できない試験ですが、一方で、税理士にはなりたいけどそんなに時間がないという方もいると思います。そこで、今回は税理士試験に最短で合格する方法について現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.09.25

税理士の簿記論と日商簿記1級、どちらが難しい?

税理士試験には様々な科目が存在し、そのうちの登竜門と言われる科目が簿記論です。一方で、税理士試験の受験資格の一つにもある日商簿記1級試験。転職時に履歴書に書いてあると採用担当者へ積極的にアピールできる資格の一つです。この税理士試験の簿記論と日商簿記1級どちらが難しいかを現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.09.25

税理士試験の平均合格年数は?働きながら目指すポイント

会計事務所で働くことを希望する人の多くが、働きながら税理士試験に合格することを目指しており、その場合の平均合格年数は気になりますよね。本記事では、働きながら税理士を目指す場合の平均合格年数や、仕事と試験勉強をうまくリンクさせる方法、勉強と仕事の両立をするためのポイントなどについて解説いたします。

転職・業界動向

2019.09.25

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ