士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

「税理士試験」タグの記事を探す


記事数: 97

税理士に最短で合格するには?科目選択の判断基準など中心に解説します!

税理士試験といえば、難関資格の一つとして認知されています。科目の平均合格率が10%台であることから容易には合格できない試験ですが、一方で、税理士にはなりたいけどそんなに時間がないという方もいると思います。そこで、今回は税理士試験に最短で合格する方法について現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.09.25

税理士の簿記論と日商簿記1級、どちらが難しい?

税理士試験には様々な科目が存在し、そのうちの登竜門と言われる科目が簿記論です。一方で、税理士試験の受験資格の一つにもある日商簿記1級試験。転職時に履歴書に書いてあると採用担当者へ積極的にアピールできる資格の一つです。この税理士試験の簿記論と日商簿記1級どちらが難しいかを現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.09.25

税理士試験の平均合格年数は?働きながら目指すポイント

会計事務所で働くことを希望する人の多くが、働きながら税理士試験に合格することを目指しており、その場合の平均合格年数は気になりますよね。本記事では、働きながら税理士を目指す場合の平均合格年数や、仕事と試験勉強をうまくリンクさせる方法、勉強と仕事の両立をするためのポイントなどについて解説いたします。

転職・業界動向

2019.09.25

税理士に最短で合格するには何年かかる?

難関資格の一つとされる税理士試験。大変難しいというのは、科目ごとの平均合格率が10%台であることから想像できるでしょう。また、科目合格制度があり1つずつ合格したら5年?など色々な考えがよぎります。そこで、今回は税理士試験に最短で合格するには何年かかるのか?という視点で現役公認会計士が解説します。

資格試験

2019.09.24

経理も財務も分からないけれど税理士になりたい!どうすればいいの?

税理士になるためには、長い時間も必要としますので、ひとつずつ積み上げていってもらえたらなと思います。そのためにも、まずは日商簿記3級で、簿記の知識を身につけてみてはいかがでしょうか。税理士になるための資格も複数ありますので、どの経路が自分にとって相応しく最短経路であるかじっくり検討してみましょう。

資格試験

2019.09.21

なぜ銀行員は転職先に税理士を目指すと良いのかを徹底解説!

銀行に人が必要なくなっていく時代になったことで、若手を中心に銀行業界から転職をしようという人が増えました。そして、銀行員の転職先とし、税務業界を希望している人が多くいます。税務業界への転職は相性が良く銀行で学んだ知識が役立ちます。今回は銀行員が転職先に税理士を目指すとなぜ良いのかについて解説します。

転職・業界動向

2019.09.21

税理士登録には2年の実務経験が必要?!注意点もご紹介

税理士になるには、税理士試験に合格するだけでなく、2年以上の実務経験を積んだ上で、税理士名簿に登録される必要があります。実務経験があることは、在職証明書を提出することで証明できます。本記事では、税理士登録までの流れと実務経験2年以上の詳細についてご紹介します。

資格試験

2019.09.20

無試験で税理士になるには?試験免除の方法をご紹介

税理士はかなりの難関試験ですが、一生有効の科目合格制が導入されているため、会社員をしながら長期戦で目指している方も多い人気資格です。そんな様々な難関国家資格を、通常の試験を受けないで取得する方法があります。本記事では、そのいくつかある試験免除の方法についてご紹介します。

資格試験

2019.09.20

税理士試験の勉強に専念するのは危険?!注意点をご紹介

国家資格の中でも難関と言われる税理士試験。その試験に合格するため、働かずに受験勉強に“専念”する方も少なくないようですが、実際にどの程度の期間であれば受験に専念しても大丈夫なのでしょうか。本記事では、そんな税理士試験の受験勉強に専念するべきかどうかご紹介します。

資格試験

2019.09.20

税理士試験を目指す方向け|日商簿記2級との共通点と学習のコツ

税理士試験は、1年に1度のみ行われる難関試験であることは多くの方がご存知でしょう。 そして、税理士試験には関係がないように思えるものの事務職の募集要項などでよく見かける簿記2級の知識が役立つケースもあります。 今回は税理士試験において簿記2級を学ぶことがなぜ有効なのかをひも解いていきます。

資格試験

2019.09.18

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ