士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

「育児」タグの記事を探す


記事数: 25

育児時短勤務中の待遇はどうなる?給与や社会保険などをチェック!

3歳までの子を養育する場合、1日の所定労働時間を原則6時間に短縮することができる「短時間勤務制度(時短勤務)」。しかし、元々の働く時間が短くなったことで、気になるのが給与や賞与へ、社会保険などへの影響です。今回は、育児休業後の時短勤務における給与と社会保険について紹介します。
folderコラム・学び

2020.06.17

【育児・介護休業法】育児中の時短勤務について解説

「育児・介護休業法」では、産休・育休を経て職場復帰する際に、育児をしながら働き続けられるように、様々な制度を設けています。本記事では、フルタイムではなく短時間で勤務を可能にする短時間勤務制度による時短勤務について解説します。
folderコラム・学び

2020.06.17

育休と産休の各手続きや手当の違いを詳しく説明

育休も産休も最近は取得しやすいとされる企業が増えてきています。しかしまだ幅広い年齢層にまで知識が広まっているかといえば、そうとは言い切れません。育休とはどういったもので、産休とはどのようなものなのか、今回は育休と産休の手続きや手当の違いについて解説していきます。
folderコラム・学び

2020.03.17

【育休は条件あり!】産休・育休の基礎知識を徹底解説します!

働く女性にとって重要な節目となるのが「妊娠・出産」です。 そして会社側にとっても「人材流出を防止する」重要な節目であるため、**積極的に手続促進する会社が増えています**。 ここでは出産に伴う**「産前産後休業」と「育児休業」の基礎知識**について解説していきます。
folder用語解説

2020.03.15

【育児休業給付金】「計算方法」「初回支給月」「支給額」を解説

育児休業給付金について社員が知りたいところは「どのような**計算方法**」で「**いつ頃**」に「**どのくらいの金額**が支給されるか」という具体的なものです。今回は社員に即答できるよう、**計算方法**、**初回支給時期**、**支給額**について解説していきます。
folder用語解説

2020.03.10

育休期間を延長された場合の人事労務担当者の対応について

育児休業(通称・育休/育児休暇)は原則、子供が1歳になる前日までですが、2017年10月より1歳6か月までで最長2年まで(公務員は3年まで)延長できることになりました。本記事では、育休延長申請があった場合の人事労務担当者における対応を解説します。
folder業務内容

2020.03.05

育休と産休の違いは?取得条件は?

一昔前よりも耳にすることが多くなった育休と産休という言葉ですが、正しく理解できている人は多くありません。育休も産休も子どものために取得できる制度ではありますが、産休は労働基準法で定められているものの、育休は取得条件があります。今回は育休と産休の違いや取得条件について解説していきます。
folder用語解説

2020.02.26

育休中に配偶者控除を使える?確定申告で手続する方法を解説

普段共働きで収入が多いと配偶者控除を意識することはないかもしれません。 しかし育休中で収入が減れば配偶者控除・配偶者特別控除が使え節税できるかもしれません。この記事では、配偶者控除・配偶者特別控除の制度や手続き方法にについて解説します。
folder用語解説

2020.02.25

2人目の育児休暇はどうなる?

育児休業は原則子どもが1歳に達するまでですが、保育所は年度の途中での受け入れが難しいこと、2017年10月以後、改正により最長2歳まで育児休業が延長可能となったことから、1歳半から2歳まで延長ケースが増えています。この長期化によって、育休明けすぐ、又育休中に妊娠した場合、育児休暇はどうなる?
folderコラム・学び

2020.02.01

育児休暇はいつまで取得可能?

小泉環境相が取得する予定を発表したことで、にわかに注目を浴びている「育児休暇」。育休は産休とは異なり、男性でも条件を満たせば取得ができる休暇です。パパ・ママそろっての育休について理解と取得が進む事が期待されています。本記事では、育児休暇の内容と、いつまで取得可能なのかということについて解説します。
folder用語解説

2020.01.18