士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

カテゴリ

用語解説から記事を探す


記事数: 368

消費税軽減税率制度とは?初心者にもわかりやすく説明!

2019年10月1日から、消費税率が上がります。消費税率が8%から10%になるわけですが、この消費税の増税に伴い「消費税軽減税率制度」もスタートされます。最近、ニュース番組などでもよく耳にするこの「消費税軽減税率制度」ってどんな制度なのでしょうか。「消費税軽減税率制度」について徹底検証していきます。
folder用語解説

2019.09.18

有利子負債比率とは?財務担当者必見!事例をもとに徹底解説

資産、負債、資本など経理・財務業務にはさまざま専門用語があります。有利子負債比率もそのひとつで、企業が借り入れを行うか判断する指標の一つになるものです。この記事では、有利子負債比率がどのような意味をもつのか、徹底解説します。
folder用語解説

2019.09.18

一括償却資産とは?少額減価償却資産とはどう違うの?

個人事業主や会社にとって年に一度行われる確定申告。その中でも減価償却費の計算方法はつまずきやすい論点の一つです。減価償却費の計算には、一括償却資産や少額減価償却資産という用語も出てきますが、これらは会計に長年携わっている人でも間違えやすいです。今回は一括償却資産について現役公認会計士が解説します。
folder用語解説

2019.09.17

「退職給付引当金」とは?計算方法、簿記の仕分けなどについて

2001年から始まった退職給付会計制度。本記事では、「退職給付引当金」の計算方法、簿記の仕分けなど、会計処理する上で気を付けたいこともあわせて解説します。
folder用語解説

2019.09.11

流動資産って何?種類や勘定科目などわかりやすく解説します!

日常的にもよく使われる「資産」いう言葉。簿記上の「資産」は、「流動資産」「固定資産」「繰延資産」の3種類に分類されます。「流動資産」は営業活動のプロセスで生じる資産以外にも、株式や債券など「1年以内に現金化できる」資産を表す言葉です。本記事では「流動資産」についてわかりやすく解説していきます。
folder用語解説

2019.09.10

貸倒引当金と貸倒損失の違いについて

みなさんは貸倒引当金や貸倒損失と聞くとどんなイメージ持たれるでしょうか?これらは売上の減少でも得意先の倒産でもありません。今回は、貸倒引当金と貸倒損失について、それぞれの目的・異同点・財務諸表への影響・得意先の状況の4つの観点から説明していきます。
folder用語解説

2019.09.10

管理会計と財務会計の違いを分かりやすく解説

会社には、管理会計と財務会計があります。経理担当や管理部門の方がよく使う管理会計と財務会計ですが、その違いをご存知でしょうか。普段何気なく使っている管理会計と財務会計について、その目的から作成・報告の方法の違いまでを解説します。
folder用語解説

2019.09.10

今さら聞けない買掛金とは何?仕訳例から理解を深めよう!

例えば自分が買い物をしたときに、代金はその場で支払います。しかし個人で事業を行っている場合や企業が商品を購入した場合、代金はその場で支払わず掛取引を行い、「買掛金」という勘定科目を使って経理処理を行います。今回はこの「買掛金」という私生活では身近にない勘定科目について解説します。
folder用語解説

2019.09.03