士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
税理士 井上幹康の記事一覧

税理士 井上幹康の記事一覧ページです

記事数: 15

独学で一発合格した税理士試験財務諸表論の勉強法

税理士試験の受験生の皆さんこんにちは。税理士の井上幹康です。私は働きながら4回の受験で税理士試験5科目に合格しました。中でも簿記論と財務諸表論は独学で勉強し、財務諸表論は一発合格しています。今回は、そんな私自身の実体験も踏まえて独学で一発合格した財務諸表論の勉強法等について解説していきます。

資格試験

2020.03.23

独学で合格した税理士試験簿記論の勉強法

税理士試験の受験生の皆さんこんにちは。税理士の井上幹康です。私は働きながら4回の受験で税理士試験5科目に合格しました。中でも簿記論は独学で勉強し、2回目の受験で合格しました。今回は、そんな私自身の実体験も踏まえて独学で合格した簿記論の勉強法や各種疑問点等について解説していきます。

資格試験

2020.03.23

税理士試験は勉強道具にもこだわろう

税理士試験受験生は、官報合格ルートと大学院免除ルートの選択、税法科目選択、勉強方法(専門学校を使うか独学でやるか)等の大きな選択からどのペンを使うかといった小さな選択まですべて自分でやっていかなければなりません。今回は、小さなことですが意外と重要でこだわる必要がある勉強道具を解説していきます。

資格試験

2020.03.06

税理士試験と税理士実務の違い

税理士試験に受かればすぐに税理士実務が滞りなくできるかというとそうすぐにはできません。実際に税理士登録の要件には、税理士試験合格に加えて2年間の実務経験が必要とされています。今回は、税理士試験と税理士実務の違いについて私自身の実体験も踏まえて解説していきます。

転職・業界動向

2020.02.28

税理士試験の過去問と答練の違い、どっちからやるべきか?

各種資格試験においてよく「過去問は重要」と言われています。また、専門学校を活用している受験生は過去問以外に専門学校の作成する模擬試験(答練)もたくさん受けていると思います。今回は、税理士試験における過去問と答練の違い、やる順番について私自身の実体験も踏まえて解説していきます。

資格試験

2020.02.27

経理マンVS税理士事務所職員どっちが税理士試験受かりやすい?

税理士試験受験生のうち社会人受験生の属性は大きく➀事業会社の経理職、➁税理士事務所(法人)職員、③それ以外の3つに分けられますが、➀➁の数が多いと思います。今回は、➀事業会社の経理職と➁税理士事務所(法人)職員のどちらが税理士試験に受かりやすいか私自身の実体験も踏まえて解説していきます。

資格試験

2020.02.27

税理士試験受験生は複数の勉強スペースを確保しよう

税理士試験受験生には受験専念の方もいれば社会人受験生もいます。受験専念の方は朝から晩まで専門学校の自習室を使えばいいですが、社会人受験生は勉強スペースの確保に苦労している方も多いと思います。今回は、社会人受験生にとって重要な勉強スペースの確保について税理士が実体験も踏まえて紹介していきます。

資格試験

2020.02.16

隙間時間を制するものは税理士試験を制する

税理士試験は科目合格制を採用しているため、社会人で仕事をしながら毎年1科目コツコツ勉強している方も多いです。仕事をしながら毎日最低限の勉強時間を確保するには、隙間時間の過ごし方・使い方が重要になってきます。今回は、社会人受験生にとって重要な隙間時間について私自身の実体験も踏まえて解説していきます。

コラム・学び

2020.02.10

相続税額計算の概要と財産評価

「自分が亡くなったらどれくらいの相続税がかかるのか」、「自分の親の遺産を相続するときにどれくらいの相続税がかかるのか」等気にされている方も多いと思います。今回は、相続税額計算の概要と財産評価について税理士が解説していきます。

コラム・学び

2020.01.11

中小企業における会計基準の採用実態

会計基準とは、企業が財務諸表を作成する際に従うべきルールブックのことをいいます。会計基準にもいくつか種類がり、特に非上場の中小企業が適用する会計基準としては中小会計指針と中小会計要綱の2つがあります。今回はこれら会計基準についてその内容や違い、採用実態等を解説していきます。

コラム・学び

2019.12.27

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ