士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

英語力をいかして労務管理に転職しよう

HUPRO 編集部2020.06.29
英語力をいかして労務管理に転職しよう

転職が難しいといわれる労務職。経験にプラスして英語力を活かした仕事がしたいという方であれば、意外なマッチングがあることをご存じでしたか?今回は英語力を活かした労務職への転職へのアプローチについて解説します。
▶︎ 人事・労務の転職・求人情報はこちら|最速転職HUPRO

英語力が生かせる労務職とは

労務は日本企業のみの職種で、英語を使う場所なんてなさそうと思っていませんか?

英語をはじめとした外国語を必要とする労務職は、確かにその求人は少ないのですが、スキルを持ち合わせる人も少ないので、結果的に人手不足になっています。
具体的には以下のような企業です。

(1)日本に進出する外資系企業

日本に進出・その予定がある外資系企業では、人事・労務の基準を日本の法律に合わせる必要があります。労働法は現地主義なので、進出先の国の法律を守らなければならないからです。

そこで求められるのが、英語で就業規則の整備や勤怠・給与計算などの労務管理ができる人材。すでに日本に進出している企業だけでなく、マーケット・エントリーといわれる、これから日本に進出を計画している企業に直接雇用されるほかにも、バックオフィス業務のアウトソーシングを請け負っている会社や法律事務所でも募集しています。

(2)海外に進出する日本企業

いわゆるグローバル企業では、現地での労務管理やビザ手続きなどの業務も発生します。

もちろん現地法に準拠した対応が必要なので、現地での専門家の手続きになるのですが、雇用元の労務関連の知識を持っており、かつ現地とやりとりできるほどの語学力となると、そう簡単に人材が見つかりません。

労務管理だけでなく、日本企業の基準を取り入れた社員育成や人事考課など海外に駐在する社員への労務管理や、現地の労働法を踏まえた現地社員への労務管理に関する啓発活動・教育など、幅広い役割が期待されています。
場合によっては海外出張などもあり得る業務です。

海外進出する企業に直接雇用される他に、現地対応のコーディネートをおこなうコンサルティング会社などでも募集がかけられることがあります。

企業の海外進出サポートについては以下の記事でも解説しています。併せてぜひご一読ください。

〈関連記事〉
中小企業の海外進出サポートで英語力を活かそう

(2)海外に進出する日本企業

どのくらいの経験と英語力が求められるの?

労務管理の知識を一通り持ち、実務経験もあった方が良いので、2~3年は経験を積んだ方が良いでしょう。もし、英語での労務管理をおこなうとなると、他に人材がいない場合もあり、労務全般の知識が必要とされるためです。

英語力については、実際に業務の打ち合わせができるレベルから、流暢でなくても、調べれば電子メールが書けるレベルまで、起業によって求められるレベルは様々です。

例えば、外国人スタッフがいる場合は、日本の労務管理の制度や、社会保険・給与計算などについて説明をしなければならないこともあります。

どのレベルで仕事を任されるかにもよりますが、客観的に英語スキルを見てもらうためには、TOEICなどスコアの出る試験を受験しておくことも重要。TOEICスコアは高ければ高いほど良く、最低でも600~700点は持っておきたいところです。英語上級者とみなされるには、800点以上が目安となります。

日常的に英語を使うような職場であれば、結果的には英語力も高まります。自身の人材としての価値もアップできますので、ぜひチャレンジしたい職種です。

労務管理担当者は、様々な立場の人と関わることが多いため、流ちょうに話ができない場合でも、相手の意図をくみ取り、こちらから必要なことを伝えることができるコミュニケーション能力も求められます。

社会保険労務士+英語力であればさらに有望

社会保険労務士の資格だけ持っていても、人事職への転職は難しいと言われていますが、これに英語が加われば、レアな人材になることができます。企業内社労士への道も開きやすくなるでしょう。

社労士における英語の必要性については以下の記事でも解説しています。あわせてぜひご覧ください。

〈関連記事〉
これからの社会保険労務士は英語力でステップアップ

まとめ

労務管理だけでなく、さらに英語力をとなると、途端にその数が少なくなるため、実は転職活動におけるブルーオーシャンです。もし労務職を強く希望するのであれば、競争力の高い日本語のみの転職活動をし続けるよりも、英語の勉強をおこなって、自分ならではの強みにしてみてはいかがでしょうか。事前に労務の知識があれば、関連の単語なども覚えやすいです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連記事ご紹介

当コラム内では、英語力を活かした仕事についての記事を他にも公開しています。あわせてぜひご覧ください。
「英語」タグの記事を探す

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
最速転職 HUPRO

関連記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ