士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

経理の転職に必要なスキルとスキル不足を防ぐ対策

HUPRO 編集部
経理の転職に必要なスキルとスキル不足を防ぐ対策

経理の転職にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。経理業務は企業規模によって異なるため、転職後にスキル不足とみなされてしまう不幸なケースも存在します。今回は、経理の転職で求められるスキルの詳細と、転職後にスキル不足とみなされて困らないための対策を解説していきます。
▶︎ 経理の転職・求人情報を探す|最速転職HUPRO

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

経理スタッフの転職で求められるスキル

ひとことで経理の転職といっても、スタッフと管理職では求められるスキルが異なります。

経理スタッフは、従業員が10名〜100名ほどの一般的な規模の企業では数名のチーム制になっています。ひとりが全ての業務を担当するのではなく、担当ごとに業務が分かれているケースが大半です。

経理スタッフとして未経験で入社してから経験5年目くらいまでは、経費・売上・仕入などの業務をローテンションし、最終的には全ての経理業務ができるよう経験とスキルを重ねていきます

入社1〜2年ほどで伝票起票や仕訳、売掛金や買掛金の管理といった日常的な経理業務、入社4年ほどで月次・年次決算までスキルを磨いておくと転職でも高評価です。

経験が浅いうちは、自らの担当業務を確実にこなすことを目標とし、慣れてきたら、スケジュールに従って正確かつ迅速に対応することでスキルを高めていきましょう。

経理スタッフの転職では、最低でも2〜3年程度の実務経験が必要です。実務経験が短すぎると、短期離職や必要なスキルが身についていないとみなされる可能性があります。さらに、簿記2級以上の資格を取得していると、どの会社でも通用する客観的なスキルをもっていると評価されます。

経理管理職の転職で求められるスキル

一方、経理管理職として転職する場合には、専門的な経理スキルに加えて、管理職としてのマネジメント経験やコミュニケーション能力などが必要です。

専門的な経理スキルには、年次決算は必須として、連結決算や法人税の申告、監査対応や開示書の作成、有価証券報告書や決算短信などが挙げられます。

担当した経理業務を、主計・管理会計・財務・税務に分け、どの業務ではどこまでできるのかを整理しましょう。主計では単体・連結決算から開示書の作成、管理会計では予算・結果・費用・利益の4軸全てからの分析業務までできるとアピールしやすいです。財務・税務はポジションによっては経験が少ない場合もありますが、財務では資金繰り、税務では決算業務をベースに業務の幅を広げていくとよいでしょう。

加えて、簿記1級や税理士、公認会計士などの難関資格を取得していると、転職で高評価を得られます。

経理管理職の転職で求められるスキル

経理の転職においてスキル不足で悩むケース

たとえば、大企業の経理スタッフとして、細分化された業務だけ担当していた方が、ひとりで広い業務範囲の担当を求められる中小企業に転職した場合、ミスマッチを生んでスキル不足とみなされる事例があります。

ほかにも、転職前は経理職専任ではなく一般事務と兼任していたり、主担当ではなく補助職だったりなど、さまざまなケースが考えられます。

経理スキルのほかにも、管理職として求められるマネジメント能力やリーダーシップについても、スキル不足とみなされる可能性があります。こうした能力は、企業規模や職場のオープン性といった環境の影響を受けるため、客観的な評価が難しいからです。

経理の転職においてスキル不足で悩まないための対策

経理として転職後にスキル不足とみなされないための対策として、次が挙げられます。

転職先が求めるスキルを把握する

スキル不足とみなされる状況は、応募者と転職先とのミスマッチで生まれることが多いです。そのため、転職先がどのようなスキルを求めているのかを把握しましょう。

たとえば、経理から総務・人事まで幅広い業務をこなせるゼネラリストを求める中小企業では、大企業での狭く深い実務経験は活かしにくいです。

自らの経験・スキルの方向性とできるだけマッチする企業に転職できるよう、転職前の自己分析と企業研究に努めましょう。

客観的な指標としての資格を取得する

経験年数はあるけれど、実際は他職種との兼任などで十分なスキルがないと自覚している場合には、簿記2級などの資格を取得しましょう。資格を取るための勉強でスキルが磨けるうえ、合格すれば客観的な指標としてアピールできます。

面接で実力以上のアピールをし過ぎない

転職の面接において、どうしても受かりたいという気持ちから、経験以上のアピールをしてしまう方がいます。たとえば、実際は補助的な役割だったのに主担当だったと答えてしまうケースです。

転職では内定がゴールではなく、入社後に自らの経験やスキルを活かして活躍できるかが重要です。できないことは素直に受けとめ、自らを大きく見せ過ぎてミスマッチを生まないよう心がけましょう。

まとめ

経理の転職で求められるスキルはスタッフと管理職では異なります。どちらの場合でも、転職後にスキル不足とみなされないためには、自らのスキルの方向性とマッチする転職先を選ぶことが重要です。

とはいえ、自らのスキルを客観的に分析するのはなかなか難しいです。そんなときは、経理職に特化した専任エージェントからアドバイスを受けるなど、転職の専門家に相談することで自らの可能性を広げていきましょう

▶︎ 経理の転職・求人情報を探す|最速転職HUPRO

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ