士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

税理士試験の概要について詳しく解説します

HUPRO 編集部2020.01.14

税務の専門家として、税務署への申告を行ったり、税務相談などを行う税理士。税理士になるためには難関資格として名高い「税理士試験」に合格する必要があります。本記事では、税理士試験の概要について改めて詳しく解説します。

税理士試験の概要

税理士試験の受験は年に1度のチャンス。
毎年7月上旬から8月中旬のうち3日間で行われますが、2020年については東京オリンピックの影響で、以下の通り日程が8/18~8/20と例年に比べて遅くなっています。

出典国税庁WEBサイト:令和2年度(第70回)税理士試験実施スケジュールについて(予定)

受験地は全国12か所。以下のいずれかの都市で受験ができます。
1.北海道 2.宮城県 3.埼玉県 4.東京都 5.石川県 6.愛知県 7.大阪府 8.広島県 9.香川県 10.福岡県 11.熊本県 12.沖縄県

税理士試験の受験資格

税理士試験には受験資格があります。基本的には以下の要件を満たす人です。

【学識による受験資格】
①大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
②大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
③一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
④司法試験合格者
⑤公認会計士試験の短答式試験に合格した者(平成18年度以降の合格者に限られます。)

この「法律学」または「経済学」については、専攻や専門科目である必要はなく、一般教養科目も該当します。

【資格による受験資格】
①日商簿記検定1級合格者
②全経簿記検定上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限られます。)

学歴の要件を満たさない場合は、簿記検定に合格することで受験資格を得られます。

【職歴による受験資格】
①法人又は事業を行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者
②銀行・信託会社・保険会社等において、資金の貸付・運用に関する事務に2年以上従事した者
③税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者

さらに、複式簿記による仕訳、決算、財務諸表作成など経理事務に従事した経験でも受験資格が得られます。転職している場合も通算して2年以上あれば受験が可能です。

類似の学歴・職歴を持つ場合は、あらかじめ国税審議会の個別認定を受けることにより、受験資格が認められる場合があります。
いずれにおいても、税理士試験はかなり受験資格においては寛容といえる試験です。

出典国税庁WEBサイト:税理士試験受験資格の概要
日本税理士連合会WEBサイト:税理士の資格取得

税理士試験の試験科目

税理士試験は11科目にて構成されています。このうちの5科目合格することが必要です。
それぞれの試験は2時間で、合格基準点は各科目とも満点の60パ-セントです。
合格するためには科目の選択方法に決まりがあります。

・会計学に属する科目2科目
・税法に属する科目3科目

会計学に属する簿記論および財務諸表論はどちらも必須科目です。
必須科目のため、まずはこの2科目から取り組むことになります。税理士試験はもちろん5科目同時受験もできますが、勉強量から考えて毎年1~2科目ずつチャレンジするというのが手堅い攻略方法です。

必須科目については以下の記事でも解説していますので、併せてご一読ください。

・税理士試験|簿記論の難易度って、実際どのくらい?

・税理士試験・財務諸表論の理論はしっかり勉強しておこう

・独学で簿記論・財務諸表論に合格できる!?独学のポイントを紹介

税法科目は3科目を選択することとなります。
法人税法、所得税法のうちいずれか1つは必須選択、
相続税法、消費税法または酒税法、国税徴収法、固定資産税、住民税または事業税のうちいずれかを選択し、組み合わせて3科目にするのです。

必須選択科目の法人税法と所得税法は両方選択することもできます。しかしこの2科目は他の税法科目に比べると膨大な量の勉強が必要になるため、いずれか1つで受験する人がほとんどです。

選択必須科目の法人税法と所得税法については、以下の記事も併せてぜひご一読ください。

・税理士試験 法人税法の受験とは?

・税理士試験で所得税法を選択するのはおすすめ?

税理士試験の科目については、以下の記事も併せてぜひご一読ください。

・税理士試験科目の組み合わせを考えよう

・税理士試験において転職に有利な科目とは?

なお、大学院の学位や国税従事など一定の要件を満たすと、税理士の科目免除になる場合があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

・税理士試験免除の仕組みと不認定の理由をご紹介

・税理士試験の科目は免除できる?免除の条件などを徹底解説!

税理士試験の特徴

資格試験というと、一度の試験あるいは一部合格科目については有効年数が決まっていることが多いのですが、税理士試験については「科目合格制」をとっています。
つまり、一度合格した科目は一生涯有効なのです。
受験者は一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。
このため、税理士試験に5科目合格する前に離脱した人であっても「科目合格者」として転職の際に有利になることが知られています。
科目合格の段階で、会計事務所など受験勉強に理解を示してくれる職場へ転職し、税理士登録に必要な実務経験を積みながら受験にチャレンジする方も多くいるのです。

当コラム内では、税理士試験についての記事を多数公開しています。併せてぜひご一読ください。
・「税理士試験」タグの記事

カテゴリ:コラム・学び

関連記事

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ