弁護士資格習得までの流れをまとめてみた

その他
Logo white thumb
HUPRO 編集部2019.01.28

はじめに

この記事を読み始めた皆さんは、弁護士資格を取るにはどうすればよいのかをご存知ですか?弁護士といえば、難関資格だったり、年収が高いことで有名ですね。だいたいの人のイメージでは弁護士はエリートである。そんなかんじでしょう。ですが、そんなに簡単に取得できるものではありません。弁護士資格習得には多大なる努力と時間と、さらにお金がかかります。将来が明るいぶん、そこに行くまでにとてつもない労力がかかるんですね。今回は弁護士になるまでの道のりを簡単にまとめてみました。

目次

大学の法学部

弁護士を目指す学生の多くがまずは大学の法学部に入って法律を勉強します。基本的かつ土台となる知識を習得します。弁護士を目指す人は、卒業と同時に法科大学院への進学を目指す人がほとんどなので、その適性試験のための勉強をします。

法科大学院

法科大学院への進学を許されるのは厳しい適正試験を突破した人たちだけです。この適性試験はとても厳しく法科大学院に入るのがまず大変です。そこを乗り越えて入学すると法学部出身の学生は法学既修者として2年間、それ以外の学生は3年間、法科大学院で学びます。法科大学院では法律の理論と実務をどちらも勉強します。一般にロースクールと言われ、修了後には司法試験という最大の難関が待ち受けています。

予備試験

予備試験とは読んで字のごとく司法試験の予備試験です。受験制限がないため、中卒高卒大卒関係なしに受けることができます。極論を言ってしまえば、専門学校や法科大学院に通っていない独学の人も受験することができます。この試験に合格すると、法科大学院修了相当の資格が与えられます。これは平成23年から始まった比較的新しい制度です。

司法試験

いよいよ本番の試験です。法科大学院修了者と予備試験合格者が挑むのがこの司法試験です。この試験が弁護士への道なりの最難関であるといえるでしょう。合格は非常に難しいと言われています。何回でも受験できるわけではなく、限度が設けられています。それは、法科大学院卒業または予備試験合格発表後最初の4月1日から5年以内で合格する必要があります。その間のチャンスは3回です。

司法修習

いっぱい勉強してきて、晴れて司法試験に合格を果たしても、まだ弁護士にはなれません。長いですね〜。ここまでの道のりを終えてもまだまだ続きがあります。一年間、法律事務所、裁判所、検察庁または司法研修所などで一年間司法修習と呼ばれる研修を受けなければならないのです。法律家になるために絶対に避けては通れない道です。

研修所の試験

一年間の研修を終えるとさらに試験が待っています。司法修習考志試、通称2回試験です。これを突破してはじめて、法曹、弁護士、裁判官、検察官といった法律家になることができるのです。

さいごに

弁護士をはじめとした法律家になるのが大変難しく、お金も時間もかかるものだということがお分かりいただけたでしょうか?筆者の知り合いには40を過ぎてからようやく司法試験に合格することができたという人がいます。
彼は弁護士として数年大きな法律事務所で務め、最近独立開業しました。これまで家の財産を食いつぶして勉強を続けてきたそうですが、これからガンガン稼いでいくでしょう。何といっても日本でもアメリカでもいつでも年収トップ3に入っている職業ですから°˖✧
弁護士とはただなるのが難しいだけではなく、法律を使いこなして国民の権利を守る正義の仕事です。

この難関な試験に挑戦する人をヒュープロは心から応援しています!

弁護士事務所の求人情報はこちらから

関連記事

RankingRANKING人気の記事ランキング

TagTAG人気のタグ

SnsSNSソーシャルサービス