士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

日商簿記検定3級は履歴書に書ける?どうやって書く?

HUPRO 編集部
日商簿記検定3級は履歴書に書ける?どうやって書く?

「日商簿記3級に受かった!でも履歴書に書いてもいいの?」「簿記検定は2級からって言うし……」こんな風に思っている方は多いのではないでしょうか。今回は就職・転職時に悩む資格の記入方法について、日商簿記3級を例にとって注意点も含めて解説します。

履歴書に「書くべき」資格とは?

履歴書の「資格」欄には、基本的には取得した資格全てを書くことになっています。
しかし、国家資格はともかくとして、昨今は民間資格も多いです。中には応募しようとしている職種と何ら関係のないものもあるでしょう。

何より、手書きの場合は書くのが大変です。誤字をしたらまたイチから書き直しのため、できるだけ無駄は省きたいですよね。まずは業務と関連性の深く、先方が求めている必要資格のみ書いても問題ありません。

簿記検定は履歴書に「書くべき」資格

ただし、今回の表題になっている「簿記検定」については、どのような職種に応募するにしても、国家資格に次いで「書くべき」資格です。

簿記のない会社や団体はありません。簿記がわかると言うことは、組織のお金の流れとその大切さがわかるという証拠です。
また、簿記検定に合格するためにコツコツ勉強ができる、そもそもの地頭が悪くないということも証明できます。

もし、あなたが「経理はやりたくない」「営業だけしたい」「総務志望だ」と思っていたとしても書いておいた方が良いでしょう。

どのような職種でも、企業におけるお金の流れがわかっているという事は武器になるからです。

簿記3級でも書いた方がいい

簿記検定については、日商簿記検定が一番知名度が高いです。一般的に「簿記」と言えば日商簿記検定を指すと思われています。

簿記検定は実はあと2つあります。

全商簿記検定:「全国商業高等学校協会」が主催の簿記検定。商業高校の高校生を主な対象としたもの

全経簿記検定:「全国経理教育協会」が主催の簿記検定。経理専門学生を主な対象としたもの。

いずれも高校生・学生が対象のため、社会人を対象としており、ビジネスに一般的な評価を得られるのは日商簿記権威となっています。他の簿記検定の難易度などについては別記事で紹介していますので、ぜひそちらも併せてご覧ください。

「簿記?でも3級なの?」と思うような採用面接官は、昨今の簿記検定を知らない人です。もちろん、2級以上があるにこしたことはありませんが、3級でも簿記の基礎知識は身についていると見るのが今では普通です。

2級が簡単だった時代しか知らないアドバイザーの方が書いた就職本にはもしかしたら「簿記は2級から!3級を書くなんて恥ずかしい。やめておきましょう」といったことが書かれているかもしれません。

3級でもちゃんとした資格であり「3級保有」で募集している企業も多くあります。取得していれば、履歴書に記入するべきでしょう。

簿記3級は評価されないと聞いたけれど……

簿記3級が求められている職種であれば、評価されないということはありません。ただ、簿記3級を持っているからといって「合格の決め手」になるわけではないということは念頭に置いておいてください。

簿記3級は「スタートライン」に立つための資格なのです。履歴書に記入することで「この人は経理の基本はわかっているのだな」というように見てもらえます。

例えば、簿記3級に2020年12月に合格したとして、思い立って勉強をはじめたのが11月だったというような場合、

「現在の簿記3級は、初心者は50時間以上の勉強が必要と言われています。私は毎日2時間の勉強を確保して短期集中で合格しました。決めたらコツコツやることと、ここぞという時の集中力には自信があります」

といった自己アピールに使うことも可能です。

もし、経理職でなかったとしても話のきっかけにはなるでしょう。意外なところで役に立つ場合もあります。

簿記3級の履歴書への書き方

簿記検定の履歴書への書き方は注意すべき点がいくつかあります。

資格名は正式名称で書く

私たちは普段何気なく「簿記3級」と言っていますが、履歴書では、基本的に資格の名称は正式名称を記入する必要があります。

日商簿記の正式名称は「日本商工会議所及び各地商工会議所主催 簿記検定試験」が正式名称です。しかし、日商簿記のように正式名称の方が逆にわからないくらい知名度が高い者については少し省略できます。

「日本商工会議所簿記検定試験」でも大丈夫です。3級の場合は、

「日本商工会議所簿記検定試験 3級 合格」 となります。

この時、「日商簿記」「簿記検定」は略称なので書かないように注意しましょう。

取得日は試験日

合格証書には取得日がありますが、それはあなたが受験した日です。
例えば、2020年11月15日の試験を受けた場合、合格証書の取得日は同じ日2020年11月15日となっているはずです。

履歴書を書こうとして合格証書が手元にない!ということはよくあることです。また、合格証書は発行料金がかかるためそもそも発行していないという人もいます。合格通知もなくしてしまっていることも多いです。

そういう方は商工会議所から「合格証明書」を発行してもらいましょう!というサイトを見かけます。しかし、照会・発行作業に時間がかかるため、今すぐはわかりません。自分の履歴書に書くだけであれば、自分が受験した年月を覚えていれば大丈夫です。

もし、先方から合格証明がほしいと言われ、手元に合格証書がない場合に発行依頼をした方が良いでしょう。

なお、年月については、履歴書を和暦で統一していれば和暦、西暦で統一していれば西暦で書くようにしてください。

「日商簿記2級取得に向けて勉強中」ネット試験登場でどうするか

もし、あなたが経理関連の職に応募するのであれば、簿記3級に加えて2級も勉強中なのではないでしょうか。

このような場合「◯年◯月 日本商工会議所簿記検定試験 3級 合格」の下にためらわずに
「日商簿記2級取得に向けて勉強中」と記載しましょう。

ただし、簿記2級は3級と同様、2020年12月からネット試験を開始しました。これまでであれば年3回の受験のみだったのが、毎日受験できるようになっています。
かつ結果もそこでわかってしまうのです。

東京都内であれば18会場(2021年2月現在)あります。現在のところ、全ての日程が満席ということはありません。

勉強中であれば、具体的に受験する日程まで決めて書いていない場合、嘘を書いているとも思われかねません。もしかすると、そのことについて面接で聞かれる可能性もあります「で、何月に受験予定なの?」と。

これまで以上に簿記検定の勉強にスケジューリングが求められているといえるでしょう。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事