士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

Withコロナ時代に気を付けたい求職活動中のメンタルケア

公認会計士 荒井薫
Withコロナ時代に気を付けたい求職活動中のメンタルケア

最近の状況を見ると、Withコロナ時代はしばらく続きそうです。このような環境の中で求職活動をする場合、需給バランスが求職者に有利だった時と同じような心づもりでいると、心が折れることが多いのではないでしょうか?この記事では、Withコロナの環境におけて求職活動をする人に気を付けて貰いたいメンタルケアについて解説をします。

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

意外と複雑な求職活動中のメンタル

不景気であっても好景気であっても、求職活動をする人は必ずいます。そして、転職をする人の中でも比較的若い人は、自身のキャリアプランに重点を置いて転職をするか否かを決めるので、景気動向は転職意欲に対して多少なりとも影響はあっても、景気動向だけに影響されるわけではないからです。

一般的に、景気が良い時の求職活動はメンタル的に楽なように見えますが、求職活動というのは、自分一人で行うものであることから、マクロ経済視点での景気動向が良くても、求職活動はしばしば孤独を感じるものなのです。その傾向は、企業という組織を離れた経験が少ない人ほど強いようです。 

むしろ不景気の時の方が、他の人の苦労をした経験談などに多く触れることで、「自分だけが大変なわけではない」と環境が励ましてくれることもあり、孤独感で落ち込むことは少ない側面もあるのです。

このように、求職活動中の人のメンタルは、意外と複雑です。ですから、求職活動中には、仕事をしている時とは違うメンタルケアが必要になります。

Withコロナ時代に必要なメンタルケアのポイント

このように、企業という組織に蔵している時とは違う、複雑な求職活動中のメンタルに対して、Withコロナ時代の今、どのようなメンタルケアが必要になるのでしょうか?そのポイントを挙げてみたいと思います。

企業に帰属している人とは適切な距離を置く

先に述べたように、求職活動中のメンタルの動きは、企業で働いている時のメンタルの動きとは異なることが多いのです。ですから、メディアに溢れている企業に属している人の苦労話等とは適切な距離を置くことが必要です。Withコロナで大変な思いをしていない人は、ほんの一握りの人だけだと思います。多くの人が大なり小なり大変な思いをしている中で、企業という組織の中にいる人の情報に過度に影響されることで、本来は必要のないメンタルへの負荷を増やしてしまう恐れがあるからです。

自分が譲れない条件をシンプルに整理する

Withコロナで大変な経済状況でも、攻めの経営をしている企業は存在します。また、大変な経済状況だからこそ、必要な人材をリプレイスしようとしている企業もあります。けれども、景気が良い時と比較をして、その絶対数が少なくなっていることは事実です。  

そのような中で、求職活動に当たって、自分では譲れない条件をある程度絞り込むことが必要です。例えば、経理・財務業務をやってきて、経理業務に特化してキャリアを磨きたいと思った場合には、求職活動に当たり、対象とする業界をあまり絞り込まない方が賢明です。 

また、給与や福利厚生の条件についても、Withコロナの影響で、一時的に条件が悪くなっていることもあります。特に賞与については、今現在の条件と自分の希望をマッチングしていても、希望するだけの賞与を出してくれる企業は見つからない可能性が高いです。

この環境でも転職に踏み切った理由を良く考えて、自分が譲れない条件をシンプルに整理をしておくことで、必要以上にメンタルに負荷を掛けないことが、メンタルケアには効果的です。

自分が譲れない条件をシンプルに整理する

時には求職活動を休むことも必要

求職活動中に一番落ち込むのは、不採用通知が重なる時だそうです。それは、景気が良い悪いとは関係ないことであり、ましてやコロナ禍とは直接的には関係ないことです。  

なるべく早く次の企業を見つけようと、やみくもに面接を受け続けると、一つ一つの面接に対してどうしてもおざなりになりがちです。それは、面接をする人がそれなりのプロであれば、すぐに見抜かれてしまいます。  

求職活動中は失業保険を貰っている人が多いと思いますが、勤めていた時にもらっていた給料よりは少ない額であるケースが大半です。そのため、つい焦ってしまいがちですが、求職活動で一番良くないのは、面接の時に雑になってしまう、焦ってしまうことです。外出時の制約があるWithコロナの時代だからこそ、時には求職活動を1週間くらい休んでリフレッシュすることもメンタルケアには大切なことです。

気を付けたい情報過多とフェイク情報

そして、Withコロナの今は、とにかく情報が氾濫しています。コロナウイルスの話題から、コロナ感染者のニュース、苦境に立つ企業の話題やリストラのニュースなど、余りにも多くの情報が、私達の危機感を煽るかのように氾濫しています。

その中にも、かなりのフェイク情報も混じっています。現在、一般の人々は国内移動も躊躇しなければならない雰囲気があり、海外には事実上行けない状況です。このような環境なので、フェイク情報であってもすぐにはフェイクであると気が付かない情報が多くなっています。また、メディアは、大抵、ポジティブなニュースよりもネガティブなニュースを好んで流します。ですから、情報だけでメンタルが疲弊してしまい易い環境であると注意をしましょう

まとめ

辛い環境が長く続くと、人は自分よりも不幸な環境にいる人を見つけて、自分を安心させるという心理状態になりがちです。ですから、ネットで、同じように求職活動をしている人の体験談などを見つけて一喜一憂してしまうことも多いでしょう。そして、時には辛い気持ちを誰かに聞いて貰いたいと思うこともあるはずです。

その時に、話を聞いて貰う人の選択を間違うと、メンタルケアにならず、逆にメンタル状態が悪化してしまうかもしれません。求職活動中には、話を聞いて貰う人を慎重に選ぶことがメンタルケアで一番大切なことであり、それはWithコロナの時代だからこそ、とても重要です。

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

公認会計士 荒井薫
公認会計士としてIPO準備支援業務に従事後独立。M&A業務や中小企業支援業務を行い、その後事業会社のCFOに就任。ブランドプリペイドカード発行事業の立上げなど行う。現在は主に海外Fintech企業への日本市場のサポート業務などを行っている。

おすすめの記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ