士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

人事総務の志望動機はどう伝える?ポイントと例文を紹介

社会保険労務士 田中かな2020.03.16
人事総務の志望動機はどう伝える?ポイントと例文を紹介

採用や育成、社内の取りまとめなどを通じて企業活動を支える人事総務は、転職市場でも人気の高い部署です。そのため転職を成功させるには志望動機をしっかり伝えることが不可欠だといえます。人事総務の志望動機には、何をどのように盛り込めばよいのでしょうか。今回は人事総務の志望動機について解説していきます。

人事総務の志望動機を作成するときのポイント

志望動機は、転職してから自分は何ができるのか、そしてどんなことをしたいのかを伝える文章・言葉です。したがって志望動機には、あなたが持つ人事総務におけるスキル・経験と、将来のキャリアビジョンを入れ込むことが重要になります。2つのポイントを確認しましょう。

応募先で求められているスキル・経験を入れる

まずは応募先の人事総務ではどんなスキル・経験が求められているのかを理解します。募集要項や企業HPは熟読しておきましょう。そのうえで、自分自身のスキル・経験と照らし合わせ、合致するものはとくに意識して志望動機へ入れます。こうすることで「貴社で求めている〇〇というスキル・経験を持っているのできっとお役に立てます」というアピールができるわけです。採用担当者は人事総務としてのスキル・経験をどれくらい持っている人なのかを知りたいので、その点を強調することが大切です。

転職した後のキャリアビジョンを入れる

志望動機には、数ある企業の中でもなぜ応募先を選んだのか、どんな点に共感して転職したいと感じたのかを入れます。どの企業でも共通している内容であれば「どこでもよかったのでは?」と思われてしまうため、企業研究が欠かせません。ただし応募先の魅力を伝えるだけでは弱いので、応募先でどんなキャリアビジョンが実現できるのかと結びつけて伝えましょう。「〇〇という特徴をもつ貴社であれば、私が考える〇〇を実現できる(だろう)」という視点です。

未経験者の志望動機に盛り込みたいスキル・経験

人事総務の求人は基本的に欠員募集ですし、事務職がもともと人気職種ということもあり、競争率は激しい傾向にあります。ライバルたちは大半が経験者であるため未経験からの転職は決して簡単ではありませんが、志望動機をしっかり伝えることで転職の可能性が生まれます。そのためには、人事総務で活かせるスキル・経験をいかにアピールするのかが重要です。
未経験者の場合でも人事総務に関連する業務経験があるはずです。たとえば新人教育、スタッフの勤怠管理、取引先との契約などがあります。事務作業のスキル(パソコン操作、文書作成)や、コミュニケーション能力、臨機応変に対応できる力なども求められます。これらのスキル・経験を志望動機に盛り込み、人事総務としての適性を感じてもらいましょう。

未経験者の志望動機に盛り込みたいスキル・経験

人事の志望動機(例文)

貴社の「人材は宝」という考え方と、社員教育に力を入れている点に共感いたしました。
私はこれまでアパレル業界で学校訪問や会社説明会の企画、新人研修の運用に携わってきました。そんな中、祖母の介護を経験したこともあり、超高齢化が進む日本社会へ貢献したいとの思いが強まり、介護業界への転職を決意しました。
介護業界では人材の確保が重要な課題となっていますが、社員教育に加え、働きやすい環境を整え、自社の魅力を社外にアピールすることで優秀な人材の獲得が可能であると考えております。これまで培った経験を活かし、採用、育成の面で貴社に貢献したいと思い志望します。

総務の志望動機(例文)

貴社を志望する理由は、「常に前進」という企業理念と、私の「もっと幅広い業務にチャレンジしたい」という考えと一致しているからです。
前職では福利厚生の運用や社内イベントの企画・実施など、社内の活性化に関する業務に携わってきました。社員にとって魅力的な会社をつくることにやりがいを感じてきましたが、法律の勉強を続けてきて資格を取得したこともあり、知識を活かして労務や法務なども含めた幅広い業務に挑戦したいと考えるようになりました。
貴社ではこれまでの経験を活かしつつ、より幅広い業務を通じて働くみなさまを支えたいと考えております。

未経験者の人事総務の志望動機(例文)

前職は販売職として接客サービスを提供すると同時に、店舗スタッフの採用面接や新人教育に携わってきました。人事部にサポートしてもらい、新人スタッフがたくましく成長してくれた姿を見て、人事部が担う役割の重要性を実感しました。そんな中で今度は自分が人事担当者として人材育成に関わりたいと考えるようになりました。

貴社はホームページや会社説明会など多くの場所で人材の重要性を挙げておられますが、現場を経験した私だからこそ、その考え方には大変共感します。販売職を通じて培ったコミュニケーション能力を活かし、優秀な人材確保や育成の面で貴社に貢献していきたいです。

まとめ

人事総務の志望動機は、自分視点で志望の理由を伝えるのではなく、応募先の視点で「この人を採用することでどんなメリットがあるのか」を伝えていくことが大切です。そのためには、応募先の人事総務で求められるスキル・経験を、自分のスキル・経験と照らし合わせてアピールする必要があります。この点は未経験者であっても同じです。今回の内容を人事総務への転職にお役立てください。

関連記事:人事総務の仕事内容とは?必要なスキルなども紹介!
関連記事:人事総務に必要な資格と働きがいの向上

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

社会保険労務士 田中かな
求人関連企業の経理部門に在籍中、社会保険労務士資格を取得。その後、会計事務所や総合病院での労務担当を経験し、現在はフリーランスのライター・校正者として活動中。ジャンルは労働問題を得意とする。

関連記事

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ