士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

社会保険労務士で未経験の仕事に転職可能なのか?

HUPRO 編集部2020.01.31
社会保険労務士で未経験の仕事に転職可能なのか?

社会保険労務士の資格は、持っていると、未経験の仕事でも転職可能なのでしょうか。社会保険労務士の資格が、就職や転職に活かせる仕事とはどんな仕事なのか、資格は取得したけれども、経験がないという人が、転職する際に役立つ情報です。今回は、社会保険労務士が転職可能な仕事について、詳しく解説していきます。

社会保険労務士の資格が役立つ仕事は?

社会保険労務士の資格は取ったけれど、転職にどう役立てていいのかわからない、転職に結びつかないという人もいるのではないでしょうか。社会保険労務士の資格を取った人は、一体、どんな転職が向いているのか、社会保険士の資格が役立つ仕事について紹介します。

社会保険労務士は、労働・社会保険の専門家として、会社の中でアドバイスするような役目を担います。行政に提出する書類などを作成したりする仕事をします。

専門的な資格になりますが、資格は持っていても、未経験の場合には、転職でどうアピールしたらいいのか、悩むことも多いでしょう。資格が役立つ仕事とは、どういう仕事がいいのでしょうか。

未経験での転職先のおすすめは?

資格を取っても、未経験の場合には、まず経験を積むことが先決です。資格を活かして、社会保険労務士事務所への転職ができればいいのですが、一般企業へ人事・労務担当で転職するのもいい方法です。

社会保険士としての求人は、あまり求人自体が多くないため、転職倍率は高くなります。給料も最初は低いのですが、それでも経験を積むという意味で、一般企業へ転職してみるのもおすすめです。

一般企業の人事・労務担当への転職は、未経験でも社会保険労務士の資格を持っていると、割と転職が可能です。一般企業で、社会保険労務士として、労働問題や安全衛生関連などの問題に対応していく経験を積んでみるといいでしょう。

社会保険労務士で未経験で転職を成功させる秘訣

社会保険労務士で未経験の場合に、一般企業でも、未経験ということで転職が上手くいかないことも多くあります。特に、あまり資格を強調すると、転職しづらいことが多いでしょう。資格を持っていると言っても、未経験で経験がないことは、デメリットになりますので、そのことはしっかり理解しておきましょう。

その上で、転職の動機について、しっかりとしたものを持つことが大切です。なぜその業種、その会社に転職しようと思ったかという、動機をきちんと持つようにしましょう。社会保険労務士という資格だけを強調して、あいまいな動機で、転職しないようにすることが重要です。

労務問題の専門家として労使双方の視点を

また、労務問題の専門家として転職したいという動機があると思いますが、会社側と労働者側の両方の視点に立った業務改善ができることなどを、訴えるのもおすすめです。労働者側だけにとらわれず、どちらかもいい提案改善などができることが大切です。

まずは、人事・労務担当で、会社の現場の状況を見させてもらい、状況を把握できるようになることを目指しましょう。

社会保険労務士で未経験で転職するポイントは?

社会保険労務士で未経験で、転職を目指すのにおすすめのポイントも4つあります。面接などで以下のことを打ち出すといいでしょう。

1,社会保険労務士を目指した動機の説明

まず、社会保険労務士をなぜ目指そうとしたのか、動機を説明することが大切です。どういう問題を解決しようと思っているのかなどを転職の際にしっかり話しましょう。

2,それまでの経緯の説明

社会保険労務士の資格を目指す経緯として、他の仕事での経験やこれまで勉強してきたことからの学びを説明するのもいい方法です。勤怠管理や人事的なことをこれまでしてきたが、そのことを通して、もっと労務問題を勉強しようと思ったなどと説明すると、説得力があります。

3,未経験でも、これまでの社会保険労務士への勉強の姿勢を訴える

業務への未経験というデメリットを問われた場合も、未経験でも、社会保険労務士への勉強に頑張ってきた意欲や姿勢を打ち出して訴えてみることも大切です。勉強する上で、こういうことを学びましたと伝えることが重要です。

4,転職した先の業種や会社で、どんなことをやれるのかを説明

転職した先の業種や会社で、実際に自分がどんなことをやりたいのか、やれると思うのかを具体的に説明してみましょう。未経験ながら、何か他のことでもいいので、自分がやってきたことを、具体的に説明することで説得力が生まれます。

社会保険労務士で未経験の転職は経験が積める仕事を

社会保険労務士の資格を取得しても、未経験の場合の転職は、あまり簡単ではないかもしれません。少しでも経験が積めるようにすることが最初のステップです。社会保険労務士事務所に転職できない場合は、一般企業で人事・労務担当で働くのもいい方法です。

実際の労働現場で起きている問題などに触れ、経験を増やすことで、さらに転職をしていくのもおすすめです。まずは、経験が積めるように、最初の転職を頑張ってみましょう。

最初の転職では、未経験ですので、自分の今持っているメリットを主張できるように、ポイントを押さえて、転職を可能にしてみましょう。

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

関連記事

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ