士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

USCPAの取得は外資系への転職に有利か

HUPRO 編集部2019.12.25

外資系企業へ経理・財務関連職種での転職を希望されるという方の中には、近年注目されているUS CPA資格を取得して自身の付加価値を高めたいと考えていらっしゃる方が年々増えています。そこで、今回はUS CPA資格の取得が外資系企業への転職に有利かどうかについて解説していきます。

日本におけるUSCPA資格の位置づけ

結論から申し上げると、日本におけるUS CPA資格は、あくまでもベースとなる実務経験に対して、付加的に能力を証明してくれるものです。そのため、資格だけでなく経理・財務関連分野におけるキャリアやスキルが必要なことは、言うまでもありません。日系企業から外資系企業へ経理・財務関連業務での転職を希望されていて、当該業務未経験の方は、先ずは現在勤めている企業で経理・財務関連業務を経験しましょう。その経験を基にUS CPA資格を取得出来ると、転職で大きく有利に働くでしょう。

しっかりとした実務経験を積まれた上で、US CPA資格をお持ちの方の中には、転職ごとにハイキャリアになっていかれる方も大勢いらっしゃいます。更に、US CPA資格は転職時だけでなく、入社後の昇進についてもプラスにつながるといえます。あくまでも実務経験が土台にあるとはいえ、US CPA資格並びに資格取得のために行った努力や勉強を通じて得た知識は大きくキャリアをブラッシュアップしてくれる可能性があります。

US CPA資格が転職市場において有利に働く点

a)US CPA資格は国際的な資格であること

US CPAは、アメリカは言うに及ばず、オーストラリア・カナダ・メキシコ・ニュージーランド・香港・アイルランドでも、追加研修等を受けることで現地の公認会計士と同じ業務を行う事ができます。US CPA資格はそれだけ国際的な資格であると言えるでしょう。同じ公認会計士であるJ CPA資格を持っていても追加研修等を受けるだけでは、現地の公認会計士と同じ業務を行う事は出来ません。

特に外資系企業ではUS CPAの認知度が非常に高いため、US CPA資格を持っている方は、同じような経験を積まれているUS CPA資格を持っていない方と比較すると、外資系企業への転職上大変有利です。

b)会計分野でのビジネス英語に関する知識の証明になること

US CPAの資格試験は、当然ですが、英語で行われます。そのため、US CPA資格を取得している事は会計分野でのビジネス英語の知識があると示す大きな武器になります。また、試験勉強を通じて得た会計専門用語の英単語の知識などは実務を行う上でも大変役に立ちます。US CPA資格に合わせて、toeicテストでハイスコアを取ると更に英語力の大きなアピールとなります。

海外での勤務

US CPAがグローバルな資格であることを活かして、日本国内に進出してきている外資系企業の日本法人ではなく、海外の一般事業会社に直接転職をするという選択肢もあります。
給与に関しては、欧米の先進国での勤務であれば、日本国内で勤務するより高くなる可能性が十分にあります。一方で、発展途上国での勤務であれば日本より給与が下がる事も少なくないため、海外での勤務については転職の目的を特にはっきりとさせておいた方が良いと言えるでしょう。

勤務先

a)日本国内での勤務先

日本国内での勤務先は、外資系企業のオフィスが多い東京・大阪・名古屋等大都市の中心部である可能性が高いでしょう。

b)海外での勤務先

US CPAは、言うに及ばず、アメリカでのニーズは多くあります。その上、オーストラリアやニュージーランドなどでは、US CPA資格を保持していることで永住権の取得に関してポイントが加算される制度を取り入れています。転職時だけでなく、その国での永住権の獲得に関しても、US CPA資格は有利に働きます。

転職する際に注意したい最大のポイント

US CPA有資格者が外資系企業に転職するとなると、非常に高度で専門性の高い業務をこなすことが期待されます。しかも、業務は基本的に日本語ではなく英語などの外国語で行われることが多くなります。さらに、外資系企業には基本的に退職金関係の福利厚生がないなど、外資系企業と日系企業とでは大きな文化の違いがある事もしっかりと認識していた方が良いです。また、日本で働かれたい方の海外への異動や逆に海外で働かれたい方の日本への異動のリスクは日系企業よりずいぶん大きいと言えるでしょう。

US CPA資格は同じ公認会計士資格であるJ CPA資格に比べて比較的取得しやすいとおっしゃる方もいるため、上記のようなキャリアが自分自身のキャリアプランと合うかを十分に検討したうえで転職する必要があります。

まとめ

ここまで、US CPAの取得は外資系企業への転職に有利であるかどうかについて見て来ました。実務経験がベースにしっかりとある事が必要であるものの、US CPA資格の取得は自分の能力を客観的に証明してくれるものです。

繰り返しになりますが、US CPA資格を持っている方は、同じような経験を積まれているUS CPA資格を持っていない方と比較すると、外資系企業への転職上大変有利であると言えます。

US CPA資格を上手に活かして、よりよいキャリアを実現していってください。

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

関連記事

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ