士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

相続税特化の会計事務所へ転職したい方必見!業務内容や実際の求人をご紹介!

HUPRO 編集部
相続税特化の会計事務所へ転職したい方必見!業務内容や実際の求人をご紹介!

一昔前までは、会計事務所というと税理士の所長が一人いて、残りはパートさん数名で回すというところがほとんどでした。しかし現在は医業に特化したり管理会計に特化したりと、各会計事務所も付加価値をつけることに重点を置いています。
今回は相続特化の会計事務所の強みや転職におけるキャリアアップについて解説します。
▶︎ 相続業務のイチオシ求人を探す|最速転職HUPRO

そもそも相続とは?

近年の税理士業界では業務の専門性が高まり、特定の分野に強みを置く会計事務所が多くなってきました。相続業務もその一つです。
相続というと、普段馴染みがないため、その意味について定義する民法を参照すると、

個人が死亡した場合に、その者の有していた財産状の権利義務をその者の配偶者や子など一定の身分関係のある者に承継させる制度

と説明されています。

要するに相続とは、被相続人(相続財産を残して亡くなった方のことを指す)が生前に所有していた土地や財産について、法律をもとに適切に相続人(相続権がある人)に引き継ぐ手続きのことを言います。
出典:民法の相続制度の概要~相続税法を理解するために~

相続税について

相続を行う場合、他人から土地やお金など財産を受け取るため、法律で決められた額の税金が発生します。いわば相続税とは、亡くなった人から相続や遺産などにより取得した財産の合計額が、基礎控除額を超える場合に支払うべき税金というわけです。相続の対象となるものは、不動産や株式、現金、または宝石・家具まであらゆるものが相続対象となる可能性があります。
参考コラム:相続税とは?基礎控除の計算方法や税理士の費用相場など解説

具体的な相続業務

相続に関する業務として、主に生前対策と相続発生後の業務の2つに分けることができます。1つ目は生前対策としては、

・相続税の算出や不動産(土地・建物)の評価、遺産分割方法を試算
・遺言書作成のアドバイス業務
・相続税のシミュレーションを立てる

などします。

2つ目の相続発生後の業務としては、

・財産目録の作成
・遺産分割協議書の作成から相続税申告

までを行います。遺産分割協議書の作成は、場合によっては弁護士や行政書士にお願いすることもありますが、相続税申告に必要な書類なので税理士も対応することができます。
以上のような相続業務を専門的に行う会計事務所が相続特化の会計事務所です。

一般的な会計事務所の特徴

一般的な会計事務所では所長である税理士が一人いて、基本的に顧客に対して税理士本人か税理士補助の方が回ります。そして内勤のスタッフが記帳をしたり資料回収のためにお客さんのところへ訪問したりします。
何かに特化しているわけではなく、全ての税務に関連することを原則としますので、法人税、所得税、相続税というあらゆる税金を請け負いますし、業種に関しても個人商店から大規模な法人まで幅広く引き受けます。

このようにどんな仕事でも引き受けますし、窓口は基本的に税理士もしくはベテラン職員となりますので、お客さんからすればワンストップサービスをしてもらっているという安心感が生まれます。
一方で、その所長が退任してしまえば事務所と契約している意味はなくなるため、顧客離れも懸念されます。また、そこで働く税理士として、何でもできるというのは得意な業務は無いとみなされるため、広く浅い知識はあるものの、それぞれの業種や税法に関しては深い知識は期待できないことも多いとされてしまいます。

相続業務に携われる会計事務所の数

弊社は士業管理業界において、税理士事務所や会計事務所に転職を希望する転職者のための人材紹介サービスを提供しています。弊社【最速転職HUPRO】のデータによると、
一般的な会計事務所&相続特化の会計事務所は合わせて433件の求人があります。
多くの税理士事務所が税務業務と相続業務を兼業しており、相続税業務をしている事務所に転職したいと思う場合はそれほど探すことに困らないでしょう。

しかしながら、「相続業務を経験し、専門性を身につけていきたい」「キャリアとして相続業務ができる税理士を目指したい」などと考え、相続業務を経験できる会計事務所を探す場合は、一般的な会計事務所では要望が叶わない可能性が高いでしょう。
【税理士】クライアント企業の8 割が京都企業!企業再生コンサルティングに力をいれる税理士法人という税務会計業務を中心に経営サポートサービスを提供している税理士法人の求人を参照すると、以下のような業務内容が掲載されています。

【具体的な業務内容】
・経営計画策定支援
・事業再生・事業承継
・M&A・組織再編
・財務デューデリジェンス
・企業価値評価・株価算定
・事業デューデリジェンス
・経営計画のモニタリング
・経営会議・営業会議への参画
・IPO支援業務
・内部統制・管理体制の構築
・税理士業務
・担当クライアント先の窓口業務
・記帳、記帳指導
・巡回業務(伝票、書類のチェック)
・相続対策コンサルティング
・相続発生から申告までの一貫した相談・支援
・経営相談、経営会議への参加

一般的な会計事務所の場合、相続業務は一部分にしか過ぎず、相続税理士として十分な業務経験を積むほど仕事はないと予想が立ちます。せっかく数ある税理士業務の中で、「相続業務に携わりたい!」とやりたい仕事を明確にしているならば、その意思が実現できる会計事務所へ転職することが望ましいと思われます。また業務内容以外にも【組織構成】スタッフの担当業務を見ると、入社後自分が関わる仕事を把握できます。

【組織構成】
・税務・会計を中心に担当するスタッフ:6名(パート含む)
・コンサル業務を中心に担当するスタッフ:5名(パート含む)

企業ホームページや採用サイトでは、ページを訪れた人のあらゆるニーズに合わせるため、会計事務所が提供する全てのサービスについて掲載しています。一方、求人では「ある業務において、現在人手不足のため新たに人材を採用したい」「これから事業を拡大するため、新たに人材を採用したい」という企業側の理由があり、求人を掲載しています。転職者の志望動機と企業側の都合が合わないことが起こります。そのため、ホームページ等に相続業務について記載があるから、必ず相続業務に関われると限らないことを理解しておきましょう!

転職前には企業ホームページ&求人内容を確認するとともに、選考中に面接官と業務内容について相互認識の違いがないか確認することをお勧めします。業務内容について質問しづらい場合は転職エージェントに相談をしてみるのも良いでしょう!

これから相続業務の需要が伸びるってホント?

相続税が実際にかかっている被相続人の数は年間で10万人程度と言われています。また、税理士は8万人程度と言われており、単純に割り算をすると1人の税理士で年間1件程度の申告をしている程度と言えます。

しかし実際には、年間に一度も相続税の申告をしていない税理士は多数おり、多くは大規模な税理士法人や相続税専門の税理士に流れていると考えられます。

一般的な会計事務所は法人税、所得税の申告を中心として行っており、その中に相続税の申告業務も含まれるのですが、年間に数えるほどしか相続税の申告を行っていないのが事実です。確かに一部は葬儀屋などから紹介があり、相続税の申告が多い会計事務所もありますが、それでも毎月のように相続税の申告を行っている事務所は稀と言えるでしょう。

相続特化の会計事務所の特徴

一般的な会計事務所とは違い、相続特化会計事務所の場合は文字通り相続に特化しています。ただし、相続といっても相続税が発生してからの会計処理を専門としているわけではなく、相続が発生する前の相続税対策や事業承継から助言をすることがメインとなります。

というのも、相続税は既に相続が発生してしまってはどんな敏腕な税理士が申告をしても限度があります。しかし、生前にどれだけ相続対策をするかによっては全体として相続税の金額が変わります。

そのため、相続特化会計事務所においては相続のスペシャリストを在籍させることによって生前から相続開始までの手続きのみならず、相続対策の助言をあらゆる角度から提案できるようにします。

また、相続特化会計事務所の特徴として生命保険の売り方が一般的な会計事務所とは異なります。一般的な会計事務所では生命保険は法人税の節税対策や社長の退職金代わりに販売することが多いですが、相続特化会計事務所の場合は相続税対策のために行うことが多くなります。

相続税対策のための生命保険となると節税ではなく、あくまで生命保険金の非課税枠を活用したり、死亡退職金をうまく利用することとなるため目先の利益にばかり注目しなくなります。

相続特化の税理士事務所の求人

【最速転職HUPRO】のデータベースにおいて、相続税特化の税理士事務所は約40求人あります。
いずれの求人も業務内容の欄に相続に関する業務内容のみを記載した求人です。
例えば、【税理士】部長候補募集!創業12年で相続申告件数1000件を突破!相続特化で成長を続ける税理士法人の求人内容では、以下のような業務内容が記述されています。

【業務内容】
相続税申告業務の初回面談から申告までの一連業務
■相続税申告
■相続コンサルティング
■その他税務申告

と記載されており、相続業務を中心として仕事ができると確信できます。
さらには、

【当社の魅力】
相続税専門としては珍しい全国展開:
全国6拠点の体制で業務を行っています。このため相続税業務に従事したいという採用希望者の声に幅広く応えることが可能です。勤務地については自宅の最寄りでも結構ですし、希望に応じて働く拠点を選択して頂くことも可能です。なお、希望を伴わない転勤は原則ありません。

資産税経験豊富なプロ集団:
様々なキャリアを持った人たちが働いています。弊社で相続税の経験を積んだスタッフと、日本全国の有名資産税事務所転籍者のノウハウが合わさり、高品質の相続税サービスを提供することが可能となっています。

業務内容に加え、【当社の魅力】など企業紹介でも相続に関する説明書きが記載されていることから、入社後に相続業務の経験を積んでいけるとわかります。このような相続税特化の税理士事務所を選ぶことで、確実に相続業務に携わることができ、相続業務経験を積んだキャリアを歩むことができます。

相続特化の税理士事務所の求人

相続税特化会計事務所の強み

相続税特化会計事務所の強みはもちろん、文字通り相続税に特化していることです。一般的な会計事務所と違い、相続税の申告件数割合はとても多い為、会計事務所内に相続税関連のノウハウが多数蓄積されています。

相続税の申告は、たとえ資格がある税理士といっても税法を深く理解していないと税額が高くなってしまうどころか間違った申告さえしてしまう可能性があります。相続税の税務調査率は他の税目と比べて極めて高いため、払わなくても良い税金どころか加算税まで取られてしまう可能性があります。

もちろん、一般的な会計事務所でも経験を多く積んだ税理士が対応する場合があるため一概には言えませんが、相続税特化型の会計事務所ではその安心感があるでしょう。

また、相続税は最初にお伝えした通り税金が発生するまでの相続対策がとても重要となります。一般的な会計事務所は法人税や所得税の節税対策は行うものの、相続対策まで考えてくれる事務所は全てではないのが実情です。その点、相続特化の会計事務所ではどのように相続税を減らすのかだけではなく、どのように事業承継をするのが最もスムーズであるかも相談に乗ってくれるため、ニーズはとても多くあります。

相続特化の会計事務所への転職後のキャリア

近年相続税に対する需要が高まると同時に、相続業務の経験を積みたいという会計事務所従事者は増えてきています。たしかに需要の高い仕事ができると、その人の市場価値も高まることが予想されます。
では、相続特化会計事務所に転職した場合のその職員のその後のキャリアはどのようになるでしょうか。

まず、何といっても相続特化の会計事務所への就職ですから、自身が相続税に強い人材となれることでしょう。今後開業を考えている場合は同じように相続特化型の会計事務所を立ち上げられることになりますし、次に転職を考えている場合でも相続税のキャリアを持った人材はまだ不足していると考えられるため、優先して採用されることとなるでしょう。
また、相続税関連の仕事は基本的に単価が高い傾向にあるため、その分自身に返ってくる給与も高くなる傾向にあると考えられます。

上述した通り、相続申告の件数は増加傾向にありながら、相続税に十分対応できる税理士はまだまだ少ない現状です。他の税理士が苦手にしている分、対応できると一気に自分の強みとなりますので、活躍の機会は今後も多くなっていくでしょう。

相続業務ができる求人情報についてはこちらをご覧ください:相続業務イチオシ求人|最速転職HUPRO

まとめ

相続特化の会計事務所は現在の相続税法や事業承継税制などの追い風を受けて今後ますます増えていくことでしょう。そんな相続特化の事務所に就職することも今後の皆さんのキャリアアップにもつながると考えられます。これから税理士試験突破を目指す場合には、選択科目に相続税を加えることも考えてみてはいかがでしょうか。

会計事務所への転職事情については下記のコラムでも詳しく紹介していますので、あわせて是非ご覧ください。
《関連記事》

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事