士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

カテゴリ

公認会計士試験に独学で合格するのは無謀?オススメの勉強法は?解説します!

HUPRO 編集部
公認会計士試験に独学で合格するのは無謀?オススメの勉強法は?解説します!

公認会計士を独学で合格することができるのでしょうか?これから目指すことを考えている人の多くが最初に悩む点です。
そこで、今回は公認会計士の短答式試験及び論文式試験の特徴や難易度、独学での合格の可能性とその理由について解説します。

公認会計士の仕事に興味はあるけど、どうすればよいかよく分からない方は多いと思います。これから公認会計士試験に挑戦するかどうか検討している方、専門学校に通うべきか独学で挑戦するか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

そもそも公認会計士の試験内容と難易度はどれくらい?

勉強内容や勉強方法の前に、まずは公認会計士試験の全体をつかんでから戦略を立てる必要があります。まずは、公認会計士試験の概要をご説明します。

短答式と論文式の二段階試験

公認会計士試験は、短答式試験と論文式試験の2種類に分かれており、どちらにも合格する必要があります。それぞれ見てみましょう。

短答式試験

短答式試験は、年に2回(5月と12月)に行われます。科目は、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4科目です。マークシート形式の試験で、短答式試験に合格後2年間は試験免除となります。合格基準は、70%を基準として公認会計士・監査審査会が認めた得点比率で決まります。また、各科目40%に満たない点数の場合不合格となることもあります。

論述式試験

論述式試験は、年に1回(8月)に行われます。科目は会計学、監査論、企業法、租税法、の4科目が必須となり、選択科目で経済学、経営学、民法、統計学の中から1科目選んで受験します。短答式試験同様に、合格した科目については2年間免除の対象となります。合格基準は、60%を基準に公認会計士・監査審査会が認めた得点比率で決まります。担当試験と同様、各科目40%に満たない点数の場合、不合格となることがあります。

受験者数と合格率

直近3年間の最新の受験者情報から、欠席者をのぞいた合格率は、短答試験は15%、論文試験は40%程の合格率となっていることがわかります。つまり、最終的な合格率は10%前後であり、非常に難易度の高い試験であると言えます。
また、公認会計士試験の受験者数は、短答式試験は15,000人前後、論文式試験は4,000人前後となっており、最終的に合格するのは1,500人ほどになります。

独学で合格する人の割合

合格者のなかでも独学で合格した人の割合は、10%を切ると言われています。つまり、受験者全体の中では1%未満ということとなり、独学での合格がいかに少ないかがわかります。

独学で公認会計士を目指すメリット

予備校の受講代などがかからない

予備校や専門学校、通信講座の受講料はかなり高額です。一般的には70〜150万円ほどはかかると言われています。独学で受験をする一番大きなメリットは学費をかけずに済むということでしょう。最近は、使いやすい参考書や実際に予備校で使われているようなテキストもフリマサイトなどで安価で手に入れることができます。うまく活用すれば、費用をかけずとも勉強することができます

自分の予定に合わせて勉強スケジュールを立てられる

二つ目は、時間の融通が利きやすいということです。働きながら勉強をする場合、予備校のように決められた授業時間で学習するということが難しい方もいるでしょう。独学であれば、自分の都合の良い時間に合わせて勉強スケジュールを組み、自分のペースで勉強を進めることができます。

独学で公認会計士を目指すデメリット

効率的な勉強方法を教えてもらえない

公認会計士の試験範囲は、最低でも学習に3000時間かかるほど膨大です。そんな試験内容を効率よく勉強する方法を自分で導き出すことは、なかなか難しいでしょう。中長期的なスケジュールの管理や、学習方法は予備校や専門学校で教えてもらえることが多いです。

使用できる教材が限られる

予備校では、独自に作られた最新の教材で勉強を進めることができます。しかし、独学の場合は自分で教材の収集を行わなければならず、やはり一般に販売されている参考書の使用がメインとなるため、使う教材に限りがあります。そのため、最新の法改正へのキャッチアップや傾向分析も自分で行う必要があります。

モチベーションを保つのが難しい

独学の場合、予備校と違い近くに同じ目標を目指す仲間がいないため、モチベーションを保ちにくいことがあります。公認会計士の試験は平均2年、時には5年以上と長い戦いです。いろんな不安や疑問を一人で抱えるのは辛いでしょう。

公認会計士は独学でも合格できる?合格者に学ぶ独学のやり方

独学での勉強では、目標設定・計画立て・演習を全て自分の力でやらなければなりません。そこで、独学で勉強を成功させるためのポイントをご紹介します。

勉強のスケジュールを立てる

公認会計士試験は3000時間の勉強が必要と言われるほど、膨大な知識が求められます。
仕事や授業と公認会計士試験の勉強を両立するには、受験日から逆算して1日の動きをルーティーン化することが大切です。1日の中で必ず勉強する時間を決めて、日々コツコツと勉強を進めましょう。受験日から逆算した上で、どの科目のどの範囲をいつまでにやるのかを決めておけると、かなりスムーズに勉強できるでしょう。

勉強の終盤までインプットを中心にする

知識がない状態でアウトプットの練習をしても、学習効率は低いです。そこで、教科書を使った勉強では、内容ひとつひとつの論理関係や考え方の根拠を深く理解するまで読み込むことを心がけましょう。

予備校の模試を受験する

公認会計士予備校では、短答式、論文式のどちらとも模試が実施されています。模試を受けるとことで、時間感覚や点数が取れる回答の作り方が身に付きます。

情報収集力を積極的に行う

独学での受験では、なかなか試験の最新情報や傾向、法改正の情報などを掴むことができません。一方で試験では最新の法改正の内容も把握していないと間違えてしまう問題もあります。予備校に通っていれば得られるような情報をしっかりとキャッチアップするためにも、積極的にコミュニティへの参加をしたり、TwitterやInstagramなどのSNSで情報収集をしていく力も必要です。
ただし、SNS上などでの誤情報に惑わされないように、自分で情報を取捨選択していく必要があります。

1人でも勉強し続ける覚悟を持つ

独学で公認会計士試験の合格を目指す上で、重要なのがモチベーションの維持です。
周りに一緒に同じ目標を目指す仲間がおらず、孤独で長い戦いになりやすいため、挫折する人も少なくありません。
情報収集の項目でも述べたように仲間を見つけ、励まし合うSNSで勉強仲間を探したり、予備校の答案練習会に参加するなどして、共に戦うことでモチベーションを保つことをお勧めします。

公認会計士の独学での合格が難しい理由

結論からいうと、独学での試験合格は難しいと言えます。公認会計士を目指すほとんどの人が、予備校に通う、もしくは通信講座などを使って学習を進めています。理由は以下の3つです。

教材の読解がひとりでは難しい

公認会計士試験は、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法、選択科目(経営学等)という科目で構成されています。つまり会計に関する科目から、会計とは直接関係のない法律や経営に関する科目、監査という会計士特有の科目があり、試験科目の専門性が高く講義を聞かなければ理解が難しいという特徴があります。そのため多くの受験生が予備校に通い、受験対策講座を受けたりしていますが、独学だとそれを一人で理解しなければなりません。

試験本番と同様の形式での採点・演習が困難に

公認会計士試験は問題量に対して試験時間が短いことから制限時間を計って何度も練習する必要があります。試験時間中にどの問題を解き、どの問題を捨てるかを判断しなければなりません。その感覚を養うためには各専門学校が提供する答案練習(通称:答練)を解く必要があります。答練には本番と同様に必ず正答すべき問題と、捨てるべき問題が混ざっているため最適な実践演習となります。また論文式試験の場合、答練を解き第三者に採点してもらって初めて自分の答案の良否を判断することができますが、独学では自身の採点しか当てにできないのです。

勉強の進捗管理が難しい

公認会計士試験は長期戦です。どの科目から、どれくらいのペースで勉強を進めていくべきか一人ではなかなか決められません。実際に独学で合格した受験生に聞いてもどのぐらい勉強したのかわからないというケースがあるほどです。専門学校が提供する講義をペースメーカーとすれば自然と進捗管理ができ正しい順番で学習できるところを、一人で考えなくてはならないのです。

「独学」で合格する裏ワザ的発想

短答式試験はマークシート式で4科目だけだから…

公認会計士短答式試験は、すべてマークシート形式であり、試験対策時に自己採点がしやすいです。また、4科目しかないため、進捗管理も容易です。
つまり短答式試験は独学で対策しやすいため、短答試験のみ独学で受験し、論文式試験は専門の予備校に通うという選択をするのがおすすめです。短答式試験を独学で受けた後、論文式試験を独学で受験するか決めることもできますね。

一旦、簿記1級取得を目標にする

簿記1級取得を目標として勉強すれば財務会計論、管理会計論の勉強になり、短答式試験に直結します。また公認会計士試験の勉強を続けることができるか不安で、専門学校代を払って契約することに躊躇してしまう方も多いと思いますが、簿記1級に合格すれば自信がつき公認会計士試験へ挑戦しやすくなると思います。実際に簿記検定で自分の適性を判断してから公認会計士試験を本格的に目指すという受験生は多いです。

独学におすすめのテキストとは?

独学での受験におすすめなテキストをご紹介します。
一般的に合格者に話を聞くと市販テキストより、やはり予備校テキストのほうが良いという意見が多数です。特に、試験段階で言うと論文式試験、種類で言うと問題集(答練)、科目で言うと財務会計論では、明らかに予備校テキストに分があります。
今回はあくまで、独学者以外にも一般的に人気でおすすめされているテキストをご紹介します。参考までにご確認ください。

日本一読まれている財務会計

『財務会計講義(第20版)』
桜井久勝 (著)
中央経済社(2019)

この本の帯にはこう書かれてあります。「日本一読まれている財務会計のテキスト」本当にそんなにすごいの?とちょっと信じられない方もいるかもしれませんが、この本は実際にベストセラーで1位です。
実際に背景から分かりやすく記載されていて理解が進む本でもあります。ただこれ1冊で公認会計士の理論対策ができるのかというと足りません。

初心者向け、わかりやすい管理会計の教本

『管理会計』
岡本 清、尾畑 裕、広本 敏郎、挽 文子 (著)
中央経済社(2003)

岡本先生が書かれた本で2008年に出版されかなり古い本となります。
ただ、管理会計の根本部分である原価計算のルールは昔から一切変わっていないので、考え方を学ぶ・理解する場合において非常に有用な参考書となります。
また、部分的に分からず基礎の基礎から調べたいときにも重宝することができ、独学者の強い味方といってもいいでしょう。
短答式試験は基本的には計算問題が解ければいいですが、論文式試験においては「基本的な考え方」を理解していないと書けない事が多くなります。当たり前だと思っていることをいざ聞かれると意外と書けないものです。
なぜならそれは本質の理解ができていないからといえますが、この本を読む事によって当たり前と思っている事柄を深く理解する事ができるでしょう。
また、深い理解をするためには専門家の難しい本を読む必要がありますが、この本はとても分かりやすく書かれてあり、本を読むのが苦手な方であっても十分に理解をする事ができるでしょう。
他にも、会計士試験受験生向けのテキストについてまとめた記事があります。詳しくは下記をご覧ください。

独学以外で公認会計士を目指す学習方法

当然、独立だけが公認会計士の唯一の目指し方ではありません。
代表的な2つの方法を見てみましょう。

専門学校や受験予備校への通学

会計に興味がなくても聞いたことがあるような大手の簿記や会計の専門学校や予備校の公認会計士コースを受講する受験生は金営多いです。基本的に1年以上のコースが組まれており、独学と違って勉強のスケジュールや習得度の進捗管理も学校が行ってくれるので、心身ともに負担が少なくなります。ただその対価として100万円程度の学費を払うことになりますので、その認識は必要です。
ただ、実際試験合格者のほとんどは大手予備校や専門学校を経ているといわれているので、十分に費用対効果があると言えるでしょう。

通信講座の受講

通信講座は時間割が決まっているわけではないので、自分の好きなタイミングで勉強を進められるのが人気です。その反面、受験に向けたスケジュール管理については自分で行う必要がありますが、オンラインのため、通学もしなくて良く、働きながら合格を目指す社会人には有効な手段といえます。

いずれの方法でも、簿記や会計の知識がなくても一からすべて教えてくれるので、授業内容を理解して確認テストを受けづければ、確実に合格に近づきます。勉強内容以外に考えないといけないことが少なく、試験に集中できる一方で、授業料や模試費用、教材費などでコストがかさむことは間違いありません。

試験合格後のキャリアの歩み方〜公認会計士として就職するには?~

公認会計士になるには、まずは実務経験が必要

公認会計士試験に合格した後にすぐに公認会計士として活躍できるわけではなく、3年間の実務経験を積むことが義務付けられています。実務補習所での単位取得の後、修了考査と呼ばれる試験に合格しなければなりません。しかし、修了考査の合格率は70%前後であり、比較的容易です。
また、公認会計士の登録には、実務経験を積んだ企業で業務補助等証明書を発行してもらう必要があるので、就職先は非常に大切です。

試験後の就職活動

最後に、公認会計士の試験に合格後、活躍するためのキャリアプランをご紹介します。

監査法人への就職

一般的に、公認会計士の実務を積むためには監査法人への就職をすることが多いです。公認会計士として登録するには実務経験に加えて、修了考査に合格する必要があるので、勉強との両立に理解がある監査法人で働くことが良いとされているからです。

監査法人への就職を成功させるカギ

監査法人への転職はスピード勝負です。公認会計士試験の合格発表後、監査法人は一斉に採用活動をスタートします。合格発表後、約2週間で内定が決まる短期決戦であるのが監査法人の就職活動の特徴です。
そのため、受験が終わったら、当日にでも説明会へのエントリーを済ませることをお勧めします。短期決戦のため、9月から始まる各監査法人の説明会に出席し、情報を集めておく必要があります。

まとめ

独学で合格する人はかなり少ないものの、そもそもチャレンジする人が少ないのも事実です。独学での合格に必要なスキルや環境を知ったうえで、自分の特徴を分析して、公認会計士試験合格への最適な方法を選びましょう。独学で目指す場合、モチベーションや勉強ペースを維持しつつ、根気強くつづけることが重要になります。おすすめの教科書や勉強方法を参考に、自分に合う勉強方法を見つけてください!

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:資格試験

おすすめの記事