士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

経理の仕事の将来性は?今後の経理に求められるものは?

HUPRO 編集部
経理の仕事の将来性は?今後の経理に求められるものは?

経理だけではなく、多くの仕事がAIやRPAによって失われていくだろうと予測されています。他人の気持ちに寄り添う仕事など、AIやRPAでは難しいとされている仕事もありますが、経理の仕事はどうなるのでしょうか。また、今後に備えて求められるものは、どのようなことでしょう。今回は経理の仕事の将来性について解説していきます。

そもそもAIやPRAとはどのようなもの?

今後、AIやRPAによって人材が減少する、または完全になくなるといわれている仕事があります。AIとは「人工知能」とも呼ばれるもので、業務の流れを自動的に学んで仕事をこなしていくものです。決まった業務をこなすことはできますが、トラブルが起きた際に臨機応変に対応をするものや、ある基準を満たしているかどうかといったような業務は苦手とされています。

一方、PRAとは「ロボティック・プロセス・オートメーション」と呼ばれ、AIのように学んでいくというよりも、同じ業務を効率化して行うロボットです。ただ、ロボットそのものが動くのではなく、たとえばパソコンの中で動くというような目に見えないかたちの機能のことも指します。プログラムを入力すれば、ミスなくその通りに動き、365日24時間作動し続けます。経理の業務でいえば、請求書を発行することや事務処理の作業はPRAに任せることができるのです。

経理の仕事は今後も必要とされる

AIやPRAの話をすると、将来の経理の仕事に将来性がないように思われるかもしれません。けれど、先ほどのAIが苦手な分野があるように、経理の仕事をすべて人が携わらずに済ませることはできません。もちろん業務の一部は効率化を高めるために導入されるかもしれませんが、経理の仕事は今後も変わらずに必要とされる社会になるでしょう。

特に、データを分析しながら経営者とコミュニケーションをとって管理会計を処理する場合や、会社にとって有利となるように会計処理を議論するといったような業務は、人にしかできない業務だといえます。また、仮に会社のほぼすべてをAIやPRAに頼ることになったとしても、そのAIやPRAを導入する際には、人材が確実に必要です。つまり、一部の業務は自動化が進むにしても、経理の仕事そのものがなくなることはない、といえます。

経理として働き続けるためにはスキルアップが必要

経理の仕事に今後も携わるつもりであれば、AIやPRAができない分野のスキルアップをすることが求められます。まず、M&Aや管理会計といった実務による経験や専門的な知識がさらに高く求められるようになるでしょう。

例えば、AIやPRAが苦手とする分野、先ほどもお伝えしたような意思決定を求められる時に正しく先を見越して判断する能力、また財務諸表と経営者の意志に基づいて適切なアドバイスを提案する能力などです。ただ、これらの能力を高めるためには、まず経理の豊富な仕事経験が必要です。また、経営者の立場にも立ちながら最善の判断を決定する精度の高い情報を集める収集力も求められます。

また、近年ではM&Aや海外に子会社を設立されることが増えました。この際には英語による議論が頻繁に行われます。そのため、ビジネス英語を話せる能力も欠かせません。専門的な知識を説明できるほどの高い英語力が求められるのです。

他には、プレゼンテーション能力も求められます。誰でも理解ができるわかりやすい資料を作成でき、それを経営者などの関係者に提案する際、このプレゼンテーション能力が必要となります。まず、資料の作成をするにはデータを分析して明確に提示する理解力と説明力が求められます。なかには経営に詳しくない人とも話をすることもあるでしょう。そのような時、いかにわかりやすい資料作成とプレゼンテーション能力が必要であるのかが問われるのです。

さらに、AIやPRAを導入するにしても人材が必要であると解説しましたが、この人材にはIT関連の知識が必要です。この知識が不十分であれば、高機能のAIやPRAが導入されたとしても、それをうまく利用することができません。このIT関連の知識をもった経理担当者はあまり多くはありません。しかし逆を言えば、IT関連の知識をもっている経理担当者は会社にとって貴重な存在となります。希望する企業があれば、転職できる可能性も高くなるでしょう。

経理の仕事の将来性は?

経理の仕事をしていると、いずれAIやPRAが業務をこなすことになり、退職者が多くでるのではないかと気になることでしょう。実際、多くのデータが、この先、人材が不要になる職業が多く羅列されたものを見た人は多いのではないでしょうか。もしかすると、その人材削減に該当するのではないかと、将来について不安を抱く人は多いはずです。

しかしながら、これまで解説してきたように、経理の仕事がなくなる可能性はそれほど高くはなく、将来も必要となる職種です。希望退職者を募る会社もあるかもしれませんが、経理の仕事の将来性はないとまではいえないでしょう。

まとめ

経理の仕事の将来性に不安を抱く人は多いでしょう。そして、AIやPRAが導入されることにより、人件費削減のためリストラをする会社もでるかもしれません。けれど、このまま経理の仕事を続けたいのであれば、今後必要とされるスキルを身につけていけばいいのです。同じ会社で働き続けるにしても転職をするにしても、スキルアップはあなたにとってメリットしかありません。まずは、行動を起こしましょう。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事