士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

公認会計士のキャリアアップ戦略!転職するならどんな働き方を選んだらいい?

HUPRO 編集部
公認会計士のキャリアアップ戦略!転職するならどんな働き方を選んだらいい?

公認会計士は、国家資格の中でも特に取得が難しい資格のひとつです。その公認会計士の資格を持っているなら、その資格をキャリア形成に活かさない手はありません。転職する際も、資格を最大限に活かして、キャリアアップにつながるような転職をするのが理想です。

今回は、公認会計士がキャリアアップしていくための、職種の選び方について解説します。

多岐にわたる公認会計士の業務

公認会計士の業務には大きく分けて「監査業務」と「税務業務」があります。「監査業務」は公認会計士の独占業務であり、主に企業の公表する財務諸表が適正に表示されているか、虚偽記載がないかどうかを証明する業務です。一方、「税務業務」は税理士の独占業務となり、税務申告や税務相談など税金に関するあらゆる業務をいいます。

公認会計士の資格を取得すると税理士としても登録することができるため、監査業務に加え税務業務も行うことができます

監査や税務業務以外に経営コンサルティングや財務アドバイザリーなどの業務があります。これらの業務は金融や財務、法律など豊富な知識が必要ですが、企業活動が複雑になっている昨今において公認会計士としてのスキルに対して需要が高まっています。

M&A・事業再生コンサルティング業務

公認会計士の基本的な業務である監査業務で得たスキルをさらに応用した業務にM&A・事業再生コンサルティング業務があります。

企業がM&Aや事業再生などを行う際に、M&Aや再生計画を策定し、戦略的に実行スキームを行う業務で、業界、業種にかかわらず、あらゆるビジネスシーンで求められるスキルを身に付けることができます。

高い専門知識とそれを最適な場面で活用する能力が求められますが、海外企業との交渉にもかかわるため、世界を股にかけた大きな仕事をしたいという人にはおすすめです。

ベンチャー企業でできる業務

公認会計士のキャリアアップには幅広い経験と専門知識が不可欠です。その点、ベンチャー企業が株式上場を目指す際のIPO業務や内部統制監査業務は、キャリアアップのための貴重な経験を提供してくれます。

実際、大手の監査法人である程度の経験を積んだあと、ベンチャー企業への転職を希望する公認会計士も増えてきました。もちろん、ベンチャー企業は非上場会社とはいえ、勢いのある発展途上の企業とも言えるため、適切な方向へ導くためのアドバイスをする公認会計士の責任は重大です。

その分、経営企画に直接参加し、ベンチャー企業と共に自分も成長できます。その点がベンチャー企業に転職する魅力、やりがいと言ってよいでしょう。

IFRSの導入などグローバル化による公認会計士の需要増

日本でもグローバル化が進み、国内でもIFRS(国際会計基準)を導入する企業が増えてきました。企業がIFRSを導入する際、FRS導入を支援するため、公認会計士のもつ知識が必要とされます。

グローバル化によって会計や税務、法規制などが世界標準に近づいていくと、ますます公認会計士の業務は広がります。国内だけでなくグローバルな視点から、新しい知識やスキルを身につけて行けば、今後活躍できるステージが飛躍的に広がっていく可能性は高いといえます。

.IFRSの導入などグローバル化による公認会計士の需要増

競争が厳しい独立開業

公認会計士の知識や経験を活かした業務の幅は広く、需要も非常に高いのは間違いありません。しかし、公認会計士の資格をもって独立開業となると、しっかりした準備が必要です。

独立公認会計士が主に依頼を受ける財務デューデリジェンスや非常勤会計監査の業務はスポット案件である場合が多く、定期的、長期的な依頼になることはあまりありません。独立後の安定性に欠けるといえます。

もちろん、税理士としての独立も行えますが、他の税理士との競合となるため、価格の面において高単価で仕事を受注するということは現状難しいといえるでしょう。

安易に独立開業をするのではなく、まずはしっかりと経験を積み、人脈を作ったうえで検討しましょう。

将来を見据えた働き方

公認会計士の資格を活かして転職するのであれば、将来、転職先でどのように活かすかをよく検討して、転職先を決めるようにしてください。

公認会計士の働き方は、多様化しています。業務の幅が広いため、さまざまな働き方をすることができます。しかし、先のことを何も考えずに転職先を決めてしまうと、キャリアアップのチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

自身がどのような公認会計士を目指すのかをよく考え、キャリアアップにつながるような働き方を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は公認会計士のキャリアアップについてお話しました。公認会計士の業務は幅広く、需要が高いのは確かです。それだけに、早い段階から自分に合ったキャリア形成を模索しておくことが大切です。各業務、業界について自分の得意分野を見極め、幅広い業務の中から自分に合った働き方が実現できるのも公認会計士という資格の魅力でしょう。

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事