士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

簿記2級をいきなり受験するのはアリなの?

HUPRO 編集部
簿記2級をいきなり受験するのはアリなの?

日商簿記を就職・転職活動に活かそうとする場合、3級よりは2級の方がもちろん評価が高いです。 そのため、簿記の初心者であっても、3級を飛ばしていきなり2級を受験しようと考える人もいるかと思います。そこで、今回は簿記2級をいきなり受けて合格するにはどうすれば良いか?について解説します。

簿記2級をいきなり受験してOKなのは?

日商簿記には受験資格がありません。
3・2・1級どこから受けてもかまいませんし、3級と2級、2級と1級を併願することもできます。
つまりどこから受験しても良いわけです。とりあえず受験資格はクリアしています。

簿記2級を就職・転職のためにほしい!という人は、年に3回の受験(かつコロナで中止になったりしている)を3級→2級とのんびりやっているわけにはいきませんから、2級を目標に据えて勉強していきましょう。

簿記2級の合格に必要な時間は100時間以上といわれています。もしあなたが初心者なら3級の範囲から勉強する必要があるので、3級の合格に必要といわれる50時間を足して、150時間の勉強時間を確保することが必要です。

独学で頑張る場合は、例えば平日は1日1時間、週末は2.5時間とすると、1週間で10時間。
15週必要なので、約4ヶ月の期間があれば、いきなり受験を考えてみても良いでしょう。

もしスクールを考えているのなら、TACの日商簿記検定の場合、通学だと約10ヶ月、通信講座だと約8ヶ月の期間を取っています。ユーキャンだと6ヶ月です。

簿記2級をいきなり受験してNGなのは?

すでにあなたが簿記を使う仕事に就いていて「資格も後付けで取っておくか」と、業務経験を補完するかたちで受験するならともかく、初心者で受験する場合、いきなりの受験がNGな場合もあります。

それは受験までの日程がギリギリな場合です。
昔は簿記検定がカンタン!と言われていた時代もあり、2級も2週間くらい過去問を流せば合格!ということがあったらしいですが、それはもう過去の話。
今からは腰を据えて勉強しないと受かりません。

前述のように、勉強時間については4ヶ月程度が目安になります。時間が足りない場合は直近の試験でいきなり受験しても合格できない公算が高いです。

簿記2級をいきなり受験するためのおすすめ勉強法

(1)2級受験でも3級の勉強からはじめる

いきなり簿記2級の勉強からはじめてOKなのは、すでに経理の仕事に就いていて、経験も積んでいるような人だけです。これから簿記をはじめるという人は、まずは3級の勉強からはじめましょう。

簿記3級の基礎がないと、2級の勉強をしても理解できません。基礎固めの時間をしっかりと取りましょう。

(2)無料動画も活用してみよう

YouTubeにおいて、簿記の分野でも無料で動画を公開してくれている方がいますので、参考書と併用して、ぜひ利用してみましょう。

最速簿記
現役公認会計士による無料講座。公式サイトで教材も無料で提供

【簿記系YouTuber?】ふくしままさゆき
簿記3級・2級の論点について詳細な解説をしてくれています。

公認会計士たぬ吉の簿記会計塾
簿記3級からアップされています。

(2)無料動画も活用してみよう

(3)スクール・通信教育の検討

自発的な勉強が苦手という方は、講義の時間が決まっているスクールや通信教育の検討をされてみてはいかがでしょうか
日時が決まっている分、独学よりも時間はかかりますが、理解の段階に応じて質問もできますし、添削問題などで刺激を受けながら勉強を進めることができます。

TAC 2級ダイレクト合格本科生
初学者向けの2級合格に向けてのコース

資格の大原 3級から学ぶ2級合格コース 教室通学
知識ゼロから一気に2級を目指すコース

クレアール
最高の時短学習を目指すという独自のシステムが好評

(4)簿記3級も一緒に受験してみる

簿記2級と簿記3級は同じ日程でおこなわれ、3級が午前、2級が午後という時間割です。

試験の日程が遠いと、今ひとつ本腰が入らないという人には、記念受験的に受験をして、模試の雰囲気や自分のレベルを確認してみるのもおすすめの方法といえます。運が良ければ受かるかもしれません。

なぜ併願をおすすめするかというと、2級を勉強するベースは3級の内容にあります。どちらにしても3級の勉強をするのであれば、試験も受けてしまおうというわけです。

試験が難しければ、一層勉強に励むきっかけになり、手応えを得られればそのまま勉強への弾みになりますし、2級に落ちても3級が手元にあれば「勉強中です」というアピールにも真実味が出てきます。

いきなり一発合格を狙う方にとっては邪道かもしれませんが、本番の試験の練習と思ってやってみるのはいかがでしょうか。

《関連記事》
簿記2級は努力をして取得する価値のある資格?

カテゴリ:コラム・学び

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事