士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

総務へ転職する際の志望動機はどんな内容がいい?

HUPRO 編集部2020.06.30
総務へ転職する際の志望動機はどんな内容がいい?

総務へ転職する人もいますが、どんな志望動機で転職しているのでしょうか。面接の時におすすめの志望動機について解説します。志望動機次第で転職が成功するかどうかが決まる部分も多いでしょう。参考にしてみませんか。
▶︎ 士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO はこちら

総務へ転職する際にはどんなことが聞かれる?

総務へ転職する際には、面接でどんなことが聞かれるのかが気になるでしょう。どんな仕事から総務に転職するのかによって志望動機は大きく異なるでしょう。
これまでの仕事ごとに志望動機の例をご紹介していきたいと思います。

事務職から転職する場合

事務職から総務へ転職する場合には、即戦力を求められることが多くなります。総務に欠員や増員ができて求人募集されることが多く、あまり総務全体の人数も多くないために即戦力が必要なこと多いでしょう。
面接では、これまでの事務での具体的な経験が問われます。
志望動機としては、総務でどんなことをやってきたのかを明確に話すことが大切です。具体的に志望動機例について考えます。

志望動機例

「事務では給与計算や福利厚生の手続きなどを行ってきましたが、他にもキャリアを積んでもっと会社にも役立てるような人材になりたいと思っています。」
総務では幅広い業務を行っている人が多くいますので、総務になって幅広い仕事をやりたいというのも動機になるでしょう。

総務の幅広い仕事内容

・会社の福利厚生や社内行事などの実施
・契約書などの法務関係の書類管理
・人事などの採用業務
・労務管理や給与計算
・備品発注や管理
・電話応対や来客対応

様々な業務が行える能力も総務としては大事です。これらの仕事をやれるようになることでやりがいを感じる人も多いでしょう。
「会社の中枢といわれるような部署で会社のためにもっと専門知識を得て役立ちたいと思いました」などという志望動機も有効です。会社全体のための仕事が多い総務ですので、そこにやりがいを感じる人が多い傾向です。

営業職など異なる職種から総務に転職する場合

総務や事務とは全く関係のない営業職などから転職する場合の志望動機についても考えてみます。
ここでも、営業などで培った経験がどう活きるのかをアピールすることが大切になります。
直接お客様とコミュニケーションを取りながら営業で実績をあげたことや営業間でリーダーシップを取った経験を具体的にアピールしてみるといいでしょう。

志望動機例

「営業の研修を行った際にやりがいを感じました。営業同士のコミュニケーションを取ることも得意でリーダーシップも取っていましたので、総務として会社の取りまとめや調整役としてさらに貢献していくことができると思います」
「営業をする上での資料作りや統計などが得意でしたので、総務でも役立つと考えます。直接部門のことがよくわかりますので、これからは後方の間接部門で支えていくことがしっかりできます」
などと営業経験が総務に結びついて活かせることを具体的に説明してみましょう。

総務への転職が前向きな理由で会社に有益であることをアピール

志望動機では、これまでの経験を活かしてさらに会社に役立ちたいということを前向きにアピールすることが大事です。「他の仕事から総務をやってみたくなった」という単純な志望動機ではなく、これまでの仕事経験を活かしてさらにそれを会社のために役立てたいという姿勢を示します。
採用する会社にとっては、総務に採用することでどう会社の即戦力となってくれるかが一番気になるところです。自分でもそれを強くアピールして転職するのがおすすめです。

総務への転職が前向きな理由で会社に有益であることをアピール

もっとスキルアップしたい前向きな姿勢を示すこと

総務への転職では、もっとスキルアップしたいと言う姿勢を示すことも大事です。「経理の仕事をしていたが、もっとスキルアップして会社全体に役立つ人材になりたいと考えます」「営業の経験が各部署間の調整や現場の声をまとめるのに活きてくると思います。労務の勉強もやり始めています」などと実際に前向きに転職のために取り組んでいることもアピールしてみると効果的です。

自分を雇えば会社に有益であることをアピールする方法

志望動機では自分を雇えば会社にとってもとても有益であることをアピールしませんか。「こんな面で即戦力になれます」や「こんな経験が活かせます」「労務管理なども勉強しましたので、会社の改善になることを提案できます」などと具体的にアピールできたらいいでしょう。
転職先の業務内容や仕事内容も研究して役に立てることを具体的に提案しましょう。

総務への転職志望動機は前職を活かして役立つことをアピール

総務への転職は、会社にとって自分を採用することが有益であることを実感してもらうことが成功の秘訣です。総務は多くの業務を行いますので、どんな業務を行うのかをしっかり確認してこれまでの経験と結びつくことをアピールしてみましょう。
業種によってもどんな総務の仕事内容なのかは異なりますので、仕事内容を事前に確認して志望動機でアピールしてみるといいでしょう。

▶︎ 士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO はこちら

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
最速転職 HUPRO

関連記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ