士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

総務に転職した場合の年収はアップする?アップさせる方法は?

HUPRO 編集部2020.06.30
総務に転職した場合の年収はアップする?アップさせる方法は?

総務に転職を考える場合に、年収がどうなるのかが気になる人も多いでしょう。総務に転職した場合の年収はどのくらいなのか、アップさせるにはどうしたらいいのかについてご紹介します。総務への転職を考えている人は参考にしてみませんか。
▶︎ 士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO はこちら

総務の年収はどのくらい?

まず、総務の年収はどのくらいなのかから見ていきます。
総務の年収の平均をご紹介します。

20代 350~400万円
事務の給与平均と比べてみると事務が年収300~320万円程度に対して、30~100万円程度年収平均が高くなります。

30代 450万円程度
30代の事務と比較した場合。330万円程度が相場ですので、それよりも100万円以上年収アップしています。特に管理職などに就くと総務へ転職することで、年収アップが期待できるでしょう。

40代 500~600万円
30代から40代では管理職になりますので、総務の年収もアップします。事務の40代年収350万円程度と比べると150万円以上年収がアップする人が多くなります。

事務職と比べると、転職することで年収アップが期待できます。ただし、営業職などの直接部門と比べるとあまり高い年収とは言えないかもしれません。
営業職の場合、管理職になる40代頃になると550万円程度になり、年収がアップしていきますので、年収の上がり方としては営業の方が良くなります。特に海外営業などの場合にはさらに年収が高くなる傾向です。

総務の年収は営業やITなどの技術系と比べると低い?

総務の年収は、営業やITなどの技術系の職種と比べると年収が少し低いでしょう。特に営業やITなどの技術職は業種によって高い年収が見込めます。
しかし、総務の場合には間接部門ですので、異なる業種でもそれほど高い年収が見込ないないことも多くなります。
転職を目指すならば、年収アップも考えたいところですので、総務で年収アップを目指す方法についてもご紹介します。

総務で年収アップを目指す方法は?

総務で年収アップを目指すには、管理職になる方法がおすすめです。総務のマネジメントを行うようになると、年収が大きくアップします。
大手企業の管理職に転職して年収1,000万円を得ている人もいます。総務経験者で大手企業の総務に転職できれば、年収1,000万円も夢ではなくなります。総務のマネジメント経験を積んでいる方は、有利な転職を行うことが可能です。
総務間での転職を考えている方も、経験を積んで大手会社への転職を目指してみるといいでしょう。

経験を活かして管理職になることで年収アップ

求人数自体はあまり多くありませんので、転職エージェントなどに相談していい転職先を紹介してもらうことで年収アップが狙えます。
大手外資系企業の総務の管理職、マネージャーならば年収がアップしておすすめです。できれば語学力などを磨くことで、年収もアップしますのでTOEICなどを勉強しておくといいでしょう。
逆に総務の経験がなく転職した場合ですが、あまり年収アップが期待できないことが多いでしょう。総務の管理職になるには、実際のマネジメント経験などが大事になりますので、他の管理職から転職した場合などには厳しいでしょう。総務全体のことを理解する必要がありますし、会社の経営企画などに参加しなければならないこともあります。

経験を活かして管理職になることで年収アップ

人事、経理、労務などの経験は大事!

経験としては、人事の経験などがあれば有利になります。また経理に強い人もおすすめです。契約書のチェックなど法務関係に強い人も有利ですので、強みがある人はそれを活かせる転職先を選んで年収アップを目指すのも方法です。
総務と言っても、業種や会社ごとに求める内容が異なりますので、詳しい求人内容を見て確認することが大切と言えます。

資格などよりも経験が大事?

総務に転職する際には、どちらかというと資格というよりもこれまでの経験が大事にされます。総務の人数自体が少なく、即戦力が要求されますので、経験が重要視されます。
その点では、できれば、同じような業種への転職を試みてみるのもいいでしょう。業務内容がよくわかっている方が即戦力になるため、転職しやすくて年収アップも見込めます。

総務への転職は様々な業種で一定の年収が見込める!

また、総務への転職はあまり業種によってそれほど差がないのも特徴です。外資系以外は、特別高い業種もない代わりに、どの業種でも総務の年収はある一定の年収が見込めます。
どの業種でも経営企画やマネジメントに関わるようになると年収がアップしていきますので、管理職になるように頑張ってみるといいでしょう。
これまでの経験があれば、経験を活かして活躍ができるようなポジションに就くことで将来的な年収も期待できます。

総務への転職ではマネジメントにも関わることで年収がアップ!

総務への転職について年収を見てきました。事務に比べると年収は100万円近くもしくはそれ以上アップするでしょう。
総務への転職では経験が重視されますので、それまでの経験をアピールしていい転職先を見つけてみませんか。
総務では多くの業務を行うことになり、やりがいを感じることも多いでしょう。様々な業務をやる中で、会社の中の経営にも関わったりマネジメントができるようになったりもします。会社の中枢の仕事を行うことで年収もアップするでしょう。
将来の年収アップも目指して転職することもできますのでおすすめです。

▶︎ 士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO はこちら

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
最速転職 HUPRO

関連記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ