士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

経理部門に転職した後に失敗しないためにやる対処法

HUPRO 編集部2020.06.29
経理部門に転職した後に失敗しないためにやる対処法

経理部門に転職したものの、転職先の経理部門で失敗したなと感じる方も少なくないと思います。やはり企業の資金や管理・帳簿を記録していくことはプレッシャーだったりしますので精神的にも負荷のかかる部門で、悩みを抱えている方もいると思います。今回は、経理部門で失敗しないための対処法について説明していきます。

経理部門に転職した後に感じるギャップとは

まず転職してみて、自信が想像していた経理部門での業務と実際の担当業務にギャップがある場合です。よくある例としては、転職先の会社内容や、経理部門の特徴などを調べていなかったことから転職してから自身の想像していた業務と実際の業務が違っていたということがあります。

これに関しては、事前に転職先の候補とした企業がどういった企業なのかを調べたり、また転職の面接時にどういった部門であるのか、雰囲気など聞いてみるのが良いと思います。また、実際に自分が働く場合にはどういった業務を担当することになるのかについても聞いてみると良いでしょう。このようなことを行うことでギャップは多少改善されると思います。

経理部門はミスが許されない?

経理部門は、企業の財務諸表を作成するために日々の会計処理を行う部門です。そこでは数値を扱うことや会計処理を行いますのでここでのミスが財務諸表に直接つながっていますので、基本的にはミスが許されないプレッシャーが常にある部門です。

経理部門への業務経験がない方が経理部門に転職された方は、このような環境下の業務を行うことに戸惑いやプレッシャーを感じることも多いと思います。当然、業務においてミスは許されないとはいえ、基本的な会社では、担当者と承認者が分かれていてダブルチェックするような体制を敷いているところが多いですのでそこまで不安になる必要はないと思います。

また業務で不明点等あれば上位者に確認をしたりしながら経理部門でのコミュニケーションをとることでそういった日々の失敗を防ぐことができます。

経理部門はミスが許されない?

経理部門は自由に休めない?

経理部門は、毎月月次締めという作業があります。また四半期や年度においても決算締めという作業があります。これは毎月決まったスケジュールの下で業務を行っていますので、他の部門と違い、長期的な休みを取ることは基本的には難しいです。

締めの作業は経理部門にとって大きな業務なのでその期間において休むことはなかなかできないでしょう。そのため経理部門に転職して有給休暇を自由にうまく取得できないという悩みを持つ方も多いです。

なので休みを取りたい場合や長期で休みを取得したい場合には、決算作業のスケジュールから外すことは必須となりますし、長期で休みを取得したい場合には事前に周りの方に冗長含め相談して決めることが必須となるでしょう。そうすることで多少休暇を取るまで大変ですが取得することは可能だと思います。

経理部門と他部門とのコミュニケーション

経理部門では、他部門の経費申請を取りまとめて会計入力を行います。その際に経理部門までの提出期限をアナウンスする必要があります。しかしながら他部門も業務で忙しいことから経費申請書類が遅れることもままあります。また金額的に大きいものに関しては会計上に大きく影響しますので、なおのこと期限を順守してもらう必要があります。

実際に申請期限に間に合わず後から提出されたものが金額が大きく失敗した事例も多数あります。そのため、事前に各部門にアナウンスする際に、金額の基準を設けるなどして頻繁に各部署へ協力を仰ぐことで防ぐことができます。普段からの他部署とのコミュニケーションをとっていくことも大事だと思います。

会社特有の会計処理による失敗

簿記などの勉強をしている方や、多少の経理部門における実務経験をもってる方であれば特に感じる失敗ではないでしょうか。一般的な会計知識、いわゆる簿記を勉強していく中で学ぶ知識や一般的な会計実務だけでは実際に転職先における経理部門の業務に戸惑うことは多いと思います

基礎的な部分は共通していますが、企業が置かれている環境によって特融の会計処理を行っている企業もあります。こういった特有の会計処理は理解するまでに時間を有することもあり失敗してしまうことも多々あります。このような場合には担当の前任者に引き継ぎを行っていただくことや、論点に精通している人に聞くことをもちろんのこと、自分でもその論点について勉強する必要があります。

まとめ

経理部門に転職した際には、慣れない業務が多く失敗することも多いと思います。経理部門はやはり専門的な知識を有して行う業務なので失敗はつきものでもあります。また、他部門や経理部門内でのコミュニケーションやマネジメントも必要となっていきますのでそういったことを意識していくことが大事です。その中で上手く調整することで失敗を回避することができますので少しでも参考になれば幸いです。

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
最速転職 HUPRO

関連記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ