士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

カテゴリ

税理士のキャリアパスと専門性を高めるキャリアアップ方法

ヒュープロ編集部 川辺
税理士のキャリアパスと専門性を高めるキャリアアップ方法

税理士というと、税務、会計のスペシャリストであるとともに、経営者の参謀として様々な助言を行うことがあります。よって、税理士=会計事務所というだけではなく、様々なキャリアパスが存在します。

この記事では、税理士のキャリアパス、勤務税理士からのキャリアプラン、専門性を高めるキャリアアップ方法について解説します。

税理士のキャリアパス

税理士のキャリアパスは、大きく分けると以下の3種類です。
勤務税理士
独立開業
企業内税理士

勤務税理士

勤務税理士とは、税理士事務所や税理士法人などに勤務する税理士です。

税理士登録のためには、税理士試験に合格するだけでなく、2年以上の実務経験を積む必要があるため、ほとんど全員と言っても良いほど多くの税理士が、税理士事務所や税理士法人での勤務を経験しています。

勤務税理士は、一定の福利厚生給与が保障されている場合が多く、組織で業務を分担できることから、税理士有資格者の場合は、特にコンサルティング等の付加価値の高い業務にリソースを割くことができるというメリットがあります。

《関連記事》

独立開業

税理士には、税理士事務所を開き個人事業主として働くキャリアパスもあります。企業や法人に勤務せずに働くため、収入面が安定しないというリスクがありますが、自由に働ける点が魅力です。

企業内税理士

企業内税理士とは、その名の通り一般企業に所属する税理士となります。税理士というと、「○○税理士事務所」や「××会計事務所」に所属したり自身の事務所を持っていたりするイメージがありますが、企業内税理士という働き方も現在は多く存在します。なお資格の性質上、経理部等の会計関連の部署に所属するのが一般的です。

《関連記事》

勤務税理士からのキャリアプラン

勤務税理士は、税理士にとっては最も王道のキャリアパスといえるでしょう。
というのも、どんなキャリアを歩むしても、法人の顧問業務というのは必ずつながる道だからです。例え将来コンサルに従事するにしても、経営者の考え方を知ったり、法人の業務の流れを知ったりすることは必須です。

ここからは士業管理部門に特化した人材紹介サービス【HUPRO】の求人データベースより、具体的な業務内容を参考にして、税理士のキャリアパスをご紹介していきたいと思います。

地域型会計事務所において税務を極め独立

都心部から離れたエリアにある会計事務所は、中小企業のクライアントが多く、経験できる仕事の幅が広いという強みがあります。1人で複数の企業を同時に担当でき、記帳代行から経営コンサルティングまで税理士業務の全てに早い段階から携われます

また、事業期間が長い企業経営者と関係を持てることも魅力の1つです。地域社会と関係を築くコツや長く事業を続けられてきた経営ノウハウを知れ、都心に位置する企業、大手会計事務所は経験できない美味しい情報に巡り合えるかも知れません。地域で経験を積み、人脈を広げていくことで、独立開業も夢ではありません。

都市型大手会計事務所で税務を極め、事業会社へ転職

都市型大手会計事務所に務める最大のメリットは、1つの分野に特化したスペシャリストを目指せることです。このような会計事務所では、従業員数が多いことから業務は細分化されており、スペシャリストが育ちやすい環境になっています。
また大手会計事務所では、相続やM&A支援など提供する業務内容が幅広く、それぞれ違った分野の専門家が在籍しています。違うプロジェクトに参加している社員との情報交流が新しい仕事に繋がることもあります。

立地のメリットでは都市部に位置するため、成長が著しいベンチャー企業・日本を代表する大手企業を担当することができ、新しいビジネスモデルや世界屈指の経営スキルを間近で感じることができ、仕事のモチベーションに繋がることでしょう!

都市型の大手会計事務所では個人の専門性が高いため事業会社へ税務会計のスペシャリストとして転職する方が多いようです。

国際税務業務

国際税務のスペシャリストを目指す

大企業を中心に需要があるのが、国際税務です。大手メーカーであれば海外子会社や海外取引先を持っているのが普通ですので、国際税務がついて回ります。
国際税務は地方都市や小規模事務所ではなかなか経験ができず、大手事務所でかつ大都市周辺で需要がある業務です。

国際税務を経験すると、国際税務に特化した会計事務所への就職だけではなく、大手メーカーへの就職も考えられます。また、自身で独立をしようと考えた時も大きな武器となるでしょう。国際化の流れはますます進んでいくことと考えられるため、国際税務を経験しておくことはとても有利に働きます。

国際税務のキャリアを積むためには、海外事業に強い税理士事務所・会計事務所を選ばなくてはなりません。BIG4税理士法人をはじめとした大手法人はもちろん、規模感が大きくなくても国際税務に特化している会計事務所で働くのがオススメです。

専門性を向上させる税理士のキャリアアップ方法

税理士の仕事は基本的に「税務」ですが、税務と言ってもさまざまです。また、高度なコンサルティングやアドバイザリー業務が必要とされる場合もあり、税金以外の知識や経験を織り交ぜないと、これらの仕事は難しいとされています。そのため、専門知識の決定や修得方法を検討しながら、自分のキャリアを構築する必要があります。
本章では、税理士は具体的にどのようなスキルを習得していけるのか、代表的な業務内容を紹介します。

対法人系業務

税務コンサルタントの基本的な職務の1つは税務顧問業務です。税務コンサルティングサービスには、簿記、毎月の決済、ツーリング作業、年次決済、税申告、その他の基本的なサービスが含まれますが、ビジネスの難易度は、サービスを提供する会社のレベルに比例します。

つまり、中小企業や赤字企業に対する税務コンサルティング業務ではなく、収益性の高い企業に対する税務コンサルティング業務を行うことで、より高度なビジネスに取り組むことができるのです。クライアント企業が上場企業、子会社、非上場企業のいずれであっても、運営の難しさに大きな影響を与えます。また、国際展開企業であろうと日本の子会社や海外子会社であろうと、事業レベルに大きな影響を与えます。

また、クライアント業界を拡大することで、キャリアを向上させる方法もあります。サービス業のみの経験があり、製造業、不動産業、小売業などに業種を広げる場合は、各社のビジネスモデルを理解しながら税務コンサルティングを行います。したがって、知識が大幅に拡大し、業界特有の会計や税務処理を学ぶことができます。

対個人系業務

法人のお客様だけでなく、個人のお客様にも多くの税理士サービスを提供します。個人事業主の税申告や、事業主や不動産所有者のコンサルティングサービスも個人事業の代表例です。ほとんどの場合、これは固定資産税事業であり、事業継承措置と相続・贈与措置が含まれます。ターゲットの資産規模や上場区分などによって、業務難易度は大きく変わります。また、ドクター、アスリート、ライター、エンターテイナーなど個人事業は多岐にわたるため、「個人事業」と総称しても内容は多様であり、特徴も異なります。
また大多数の案件において、個人の場合、コンサルティング料の単価は、会社の単価よりも安いことが多いです。キャリアプランは、どのような顧客ターゲットどのようなサービスを提供するかという観点も非常に重要です。

税務+αの業務

事業系・個人系のキャリアプランを考えることは重要ですが、コンサルティングとアドバイザリーサービスが混在しているところもあります。言語スキル、マーケティング知識、システム知識を必要とする仕事もあります。

税理士が扱う先進的なサービスのなかで、公募支援、事業承継、組織再編、M&A関連業務にはオーナーの個人資産の知識が重要であり、法人税の技術に精通している必要があります。会計、財務、税務についても十分に理解している必要があります。また、国際企業や外資系企業が関わるプロジェクトに取り組むためには、高い語学力地方税法および会計に精通している必要があります。さらに、ストラクチャードファイナンスなどの金融サービスを提供するためには、税務知識だけでなく、金融知識も必要です。能力アップに必要な+αの要素と進む方向性に細心の注意を払いながらキャリアプランを策定する必要があります。

相続税

税理士が個人を対象とする場合、最も人気があるのが相続税でしょう。
以前は相続税に関係する人が4%程度と言われていたのが、ここ最近相続税の対象が広がったことによって、8%程度の人が関係する税金となりました。

相続税は、試験勉強だけではなかなか実務に活かすことができず、どれだけ相続税申告の数をこなしたかが、その人のスキルアップにつながる税金です。
最近は相続専門の会計事務所も多くなっています。これは、相続税は他の税目よりも報酬が高いことを理由としています。

将来相続専門の事務所に転職するにしても、自身で相続専門の事務所を立ち上げるにしても、相続税を経験することはとても強みとなると考えられます。
また、一般の会計事務所に就職する場合や、独立開業する場合にも、少なからず相続税は関係してくるため、経験しておくととても重宝するキャリアであると言えるでしょう。

組織再編

最近は後継者不足などもあり、M&Aがとても盛んになっています。また、組織再編税制等の整備により、ますます税金も複雑化しています。この他、企業が買収する時の企業価値の算定や買収の代理人を税理士が務めることも以前より増えています。

よって、組織再編税制やその周辺業務は今後ますますニーズが高まってくるため、今のうちに経験できるとアドバンテージのある税理士として業務ができるでしょう。

連結会計・連結納税

企業が多様化してくると、子会社を持つ会社もたくさん増えてきています。その中でも、持株会社と呼ばれる「○○ホールディングス」といったような会社も増えてきています。

このような持株会社では連結会計はもちろんのこと、連結納税を導入している会社もとても多くなっています。
連結業務の多い会社では、連結会計経験者や会計のスペシャリストを好待遇で随時募集していることも多いので、連結関係の業務は税理士のキャリアパスとして考えられる一つでしょう。

専門性を高めてキャリアアップできるオススメの税理士事務所

最後に、上記のような専門性の高い業務を幅広く経験できるオススメの職場として、Ydk日本橋税理士事務所をご紹介させて頂きます。

Ydk日本橋税理士事務所は東京都中央区にある税理士事務所で、以下の2つを経営理念としています。

①お客様のコンシェルジュとなり、誠意をもってお客様に寄り添います!
②お客様、お客様のご家族、職員、職員のご家族を大切にできる事務所を目指します!

上記理念のもと、事務所全体で誠実に革新的なサービスを提供しています。
Ydk日本橋税理士事務所の大きな特徴の一つとして、業務内容の幅広さがあります。具体的には仕訳入力や申告書作成はもちろんのこと、相続や事業承継融資支援経営改善支援M&A給与計算などが挙げられます。
税理士としての専門性を幅広い分野で身に着けられる環境となっておりますので、詳しい会社案内を確認されたい方は、以下より事務所様のサイトをご覧ください。

Ydk日本橋税理士事務所│HP

まとめ

税理士のキャリアパスは、将来どのような業務を行いたいか、独立したいか等によって様々です。一般的な会計事務所はオールマイティを目指すのに有用ですし、それぞれ専門的な業務についても、これからの流れからもとても有用でしょう。
どの道を選んだとしても、業務を積んだだけキャリアアップとなっていくことは間違いないことでしょう。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINE編集部の川辺です。転職エージェントとして多くのご登録者様からご相談をいただく際に伺った転職に際しての悩みや不安、疑問を解消する記事をご覧いただけるよう、日々奮闘中です!ご相談はヒュープロ公式Xまでどうぞ!
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事