士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

会計と経理って何が違う?それぞれの業務内容について解説!

HUPRO 編集部
会計と経理って何が違う?それぞれの業務内容について解説!

会計と経理はそれぞれよく使われる言葉ですが、この2つの違いを正確に理解していない人は意外と多いのではないでしょうか。どちらも会社のお金に関わる重要な業務であり、違いを知っておいて損はないかと思います。そこで、会計と経理の違い、それぞれの業務内容の特徴についてまとめました。

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

会計と経理とは?

会計とは?

お店で買い物をすることを会計と呼びます。したがって、代金の支払いをすることは、会計に含まれることが分かります。家庭で家計簿をつけてお金の管理をすることを、会計に例えるケースも珍しくありません。このように、会計とはお金の計算や管理を全般的に指している言葉といえます。家庭から企業、国レベルまで、お金の管理をすることは、すべて会計と呼べるのです。

経理とは?

経理とは経営管理の略称です。お金の計算や管理をする会計のなかの一部の業務を経理と呼びます。例えば、伝票の起票、請求、税金の申告、帳簿記帳などの業務が経理の仕事です。経理の仕事は、簡単にいえば計算書類をまとめることです。企業では、賃借対照表や損益計算書、キャッシュ・フロー計算書などの財務諸表を扱い、これらを作成することが経理の仕事といえます。

会計と経理の違いとは?

会計業務の一部が経理

会計と経理の違いですが、会計という大きな業務のなかに経理が含まれています。したがって、経理の仕事も会計の一部とみなすことができます。

経理部はあるが会計部はない

経理部という言葉を聞いたことがあっても、会計部という言葉を聞いたことのない人は多いでしょう。これは、会計はお金の管理全般を含んでいるため、少人数でこなすことが困難だからです。そのため、会計業務のなかでも計算書類を作成することに特化した経理部が設けられることが多いです。

また、会社のなかには財務部が設置されているところもよくあります。財務部は、会計や経理とは違った仕事をしています。こちらも金銭を扱うという点においては、会計や経理と似ています。ただし、財務は、資金調達や財務計画の立案・実行といった会社が成長するために必要な将来のお金の管理をする点が特徴です。

求められるスキルが異なる

会計はお金の管理をする業務全般のスキルが必要です。一方、経理は主に計算書類の作成をする役割であり、それ以外のスキルは求められません。会計の業務に取り組むには幅広い知識が必要とされるのですが、経理の仕事では決算書などの書類作成のスキルが特に重視されます。

小さい会社の場合は、一人の担当者が会計業務すべてを担当するケースがあります。一方、大企業の場合は基本的に業務が細分化されていて、会計を全般的に担当するポジションはあまりありません。会計の仕事を総合的に担当していたならば、経理の仕事もできるのが普通です。反対に、経理の仕事しかしていなかった人の場合、それ以外の会計に関する仕事のスキルを有していないことがあります。

会計の業務内容

会計の仕事は大きく分けると財務会計と管理会計の2つがあります。財務会計とは、企業の営業活動の成果を財務諸表にまとめて利害関係者に対して開示することです。管理会計とは、経営層が今後の企業の方針を決める際の材料となる資料をまとめて提出することです。

伝票や帳簿への記録は財務会計に含まれており、こちらは経理の仕事として独立していることが多いです。一方、管理会計は、経営企画部などの部署が専門に扱っているケースがよくあります。管理会計の仕事では、どんな資料を作成して、それをどのように見せるのかが重要です。ただし、管理会計の仕事は、国のルールで義務づけられているわけではなく、企業によっては管理会計を導入してないケースもあります。また、管理会計のやり方も、共通するルールがないため、会社ごとに異なっています。それぞれの会社に最も適した方法で管理会計を進めることが重要です。

管理会計を導入していない会社の場合、財務会計のみが会計の仕事であり、こちらは経理の仕事とほぼ同義といえます。そのため、会計=経理であるとイメージする人が少なくないのです。

経理の業務内容

法律によって、企業は財務諸表を作成することを義務づけられているため、経理の仕事はとても重要です。経理の主な業務は賃借対照表や損益計算書といった計算書類を作成することです。書類作成は国の定めたルールにしたがって行わなければいけません。必須というわけではないのですが、簿記の知識を求められることも多いです。

経理の業務は多岐にわたるのが特徴です。毎日の業務としては、現金の出納管理や預金管理などがあります。さらに、月ごとに月次決算書の作成や給与計算、請求・支払業務などが発生します。また、年次の仕事として、決算業務や年末調整、次年度の予算編成などがあります。

経理の仕事はどれも非常に重要であり、丁寧な作業が求められます。経理は細かな数字を扱うため、業務上のミスが発生しやすいとされています。最近では、経理の仕事にさまざまなツールやシステムが導入されているのですが、基本的には人間が手作業で行う業務が多いです。

まとめ

以上、会計と経理の違いについて理解頂けたでしょうか?キャリアチェンジなどで経理職を考えている人にとっては、会計と経理の違いが最初はよくわからないかもしれませんが、両者の違いについては上記で説明したものとなります。しっかりと区別するようにしましょう。

● 会計という大きな業務の中に経理が含まれている。よって、経理の仕事も会計の仕事の一部とみなすことはできる。
● 会計の仕事は財務会計と管理会計の大きく2つに分けられる
● 管理会計は国で義務付けられていなく、やり方やルールも会社ごとに異なる

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:業務内容

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事