士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

カテゴリ

法人化を税理士に依頼した場合の費用って?

HUPRO 編集部
法人化を税理士に依頼した場合の費用って?

個人事業を法人化したいと思った時に、かかる手続きを調べていると、自分では難しそうと思う場合もあるでしょう。法人化を自分ではなく専門家に依頼したらどのくらいかかるのでしょうか。本記事では法人化を税理士に依頼した場合の費用について解説します。

会社設立にかかる費用

まずは、自分で会社を設立した場合にもかかる手続きと料金について確認しましょう。

費用面ではこのような感じですが、+自分でいろいろ調べたり、書類作成などにかかる時間が数日~場合によっては数十日と、かなりの時間がかかります。
しかも、慣れているわけではないので、書類の不備もあるでしょうから、手戻りなどの手間もかかるでしょう。

費用面のみだけでなく、自身の時間を考えると、会社設立に関する手続きについては、自分で行うより専門家に依頼したほうが良い事がわかります。

税理士に法人化を依頼した場合は?

法人化しようと考える人であれば、個人事業での売り上げも500万円くらいはあるでしょうから、まずは申告をお願いしている税理士に相談される方も多いのではないでしょうか?

しかし、税理士は、あくまで税金の専門家であり、法人化した際の税務や決算についてはともかく、法人化にまつわる事務手続き、例えば登記関連業務や事業の許認可などについては専門家ではありません。登記については司法書士、行政書類については行政書士が専門です。
そのため、税理士による会社設立の事務については得意・不得意が別れる分野です。

登記関連についても書類作成までの手伝いのみで、許認可に詳しくない場合は許認可申請で時間がかかったりする場合もあります。

会社設立の費用相場については大体5万円程度くらいからです。多くの場合は電子認証に対応していますので、定款の印紙代4万円を節約できます。費用によっては、定款印紙代を考えると、税理士に依頼しても、自分で設立手続きを行ってもトータルで見ると、そう料金が変わらない場合も珍しくありません。
また、税理士への法人化を依頼する場合は、その後の顧問契約を条件に無料もしくはお得な料金で引き受けてくれる税理士の方もいますので、まずは相談してみるのが良いでしょう。

もちろん、こちらの作業を少なくすれば少なくする分、税理士に支払う金額も大きくなるわけですが、仮に作業が生じたとしても、税理士の指示に従って必要書類などを揃える方が、自分で一から調べて、合っているのかどうかわらかないまま提出して、書類が不備になってやり直しといった作業が生じるよりもはるかに楽であると言えるでしょう。

個人事業主に比べて法人税の申告は複雑なので、会社設立後も税理士に決算申告などの業務依頼をすることになることがほとんどです。法人化を考えている方は、設立段階で税務顧問契約を結んだ方がトータルで費用を抑えられることもあるので、ぜひ検討してみてください。

税理士に法人化を依頼する場合のメリット

個人事業主から法人化を検討することになる第一の理由は、節税であることがほとんどです。
法人化の段階から税務の専門家である税理士に相談することで、節税のアイディアやこれからの会社運営に関してブレーンとなってくれることが期待できます。

また、今後の事業計画やそれに伴う資金調達についても、税理士に相談することで様々なアドバイスを受けることができるでしょう。
金融機関からの融資の取り付けについても、事業計画書の作成や、関連する様々な書類を不備なくそろえることなど、税理士を味方につけることで事業拡大のサポートを得られます。

せっかくこれから事業拡大を目指しているのに、もろもろの煩雑な手続きや事務処理に時間を奪われてしまうと、肝心のビジネスに専念することができません。

法人化した後も、決算申告だけでなく、記帳業務など「簡単だけど手間のかかる業務」など、外注できるところはなるべく外注してしまった方が、結果的にはビジネスの成長を生み出すリソースを確保することにつながります
税理士にこれらの作業をお願いすることで、コスト以上のメリットを得ることができるでしょう。

自身の時給を例えば1万円とした場合、税理士にお願いした金額が仮に5万円だったとしたら、5時間でその作業が完結するかどうかを考えてみると、おのずと答えが出るのではないでしょうか。

まとめ

法人化には、行政への届け出など、所定の手続きが必要になりますが、これらの手続きについては一から自分で行うのはとても面倒で、時間もかかります。
事業を開始できる時間や、その後の税務などの手続きをスムーズに行うためにも、一度税理士などの専門家に相談してみるのがおすすめです。

費用については、相場は5万円程度ですが、その後の顧問契約などをする条件で、無料もしくは安価で行ってくれるプラン提示がある場合もあります。

かかるコストが気になるかもしれませんが、経営者に取って、作業にかかる時間というのが最も重要視すべきコストなのではないでしょうか。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:コラム・学び

おすすめの記事