士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

黒字倒産の事例を詳しく紹介〜江守ホールディングスの事例を解説〜

HUPRO 編集部
黒字倒産の事例を詳しく紹介〜江守ホールディングスの事例を解説〜

利益が出ていたとしても企業は倒産することがあります。これを黒字倒産と呼びますが、どのようにして黒字倒産は起きるのでしょうか?この記事では黒字倒産の事例として江守ホールディングスの事例を紹介します。この記事を読めば、なぜ黒字倒産が起きるのか知ることができ、キャシュ・マネジメントの必要性を理解できます。

企業はいつ倒産するのか?

企業は一体いつ倒産するのでしょうか?企業が倒産するのは、損失を出した(赤字になった)ときではありません。支払うべき債務が支払えなくなったときに、企業は倒産します。したがって、たとえ、その企業の業績が好調であったとしても、支払うべき債務が支払えなくなってしまえば、会社は倒産してしまいます。以下では、業績好調な企業が突然黒字倒産した事例として、江守ホールディングスの黒字倒産の事例を紹介していきたいと思います。

黒字倒産について知りたい人は、次のリンクを参照してください。
<関連記事>

黒字倒産の事例紹介〜江守ホールディングスの事例〜

2015年4月30日、化学品や合成樹脂等の専門商社である江守グループホールディングスが民事再生法の適用を申請し、事実上の倒産に至りました。江守ホールディングスは、2014年の3月期決算までは好業績を続けていました。その後、中国の取引先から代金が回収できないなど、傾注していた中国事業での失敗が表面化しました。その結果として、債務超過に陥り、明治の創業以来109年続いた創業家の歴史に幕を下ろすかたちとなりました。

業績好調だった江守ホールディングス

驚くべきことに、江守ホールディングスは、倒産の直前まで好業績を続けていました。明治29年に江守薬店として創業した江守ホールディングスは、昭和33年に江守商店となり、45年に江守商事に改称します。染料、工業薬品、化学薬品などで業容を拡大し、平成18年には東証1部に上場します。

その後、2014年4月に持ち株会社に移行しています。一方、2006年の上海事務所設置の頃から中国への進出を強め、化学品や電子部品などの販売で業績を伸ばしていました。2014年3月期決算の連結最終利益は4期連続で過去最高を更新し、売上高は2千億円を突破しました。売上高、営業利益、経常利益、当期純利益とも毎期増収増益で、2015年3月期も大幅に増収増益の予想となっていました。さらに、配当金も増加傾向にありました。

これだけをみると、江守グループホールディングスの業績に文句のつけようはありません。

しかし、好調な業績とは裏腹に、中国の大口取引先からの代金回収が滞ったほか、中国子会社の不正取引などによる特別損失計上で、2014年12月末時点で234億円の債務超過に陥ります。江守ホールディングスの売上高のうち中国市場は7割を占め、過大な中国依存度が屋台骨に大きな衝撃を与える結果につながって、倒産に至ることになりました。

江守ホールディングス倒産の要因

倒産に至った直接的な要因は、中国の子会社で計上されていた売上債権(売掛金)に対して、多額の貸倒引当金を計上した結果債務超過となり、負債総額約700億円が返済不能となったためです。

しかし、売上高は好調に伸びていた江守ホールディングスですが、ビジネスでの現金の流れを示す営業キャッシュフローは、2014年3月期まで5期連続でマイナスとなるなど、現金の管理が杜撰であったことが倒産の直接的な原因であると考えることができます。江守グループホールディングスの2014年3月期の営業キャッシュフローを見てみると、マイナス51億9700万円とあります。2013年3月期についてもマイナス26億7000万円となるなど、継続的に本業でキャッシュを獲得することができていないかったことが伺えます。

本業のキャッシュフローがマイナスとなる一方で、金融機関からの借り入れなどを反映する財務キャッシュフローは膨らんでいて、営業キャッシュフローが継続的にマイナスとなっているツケを回収できないまま、借り入れで財務キャッシュフローを向上させていました。売上高は伸びているのにも関わらず、その売上代金を回収することができなかった、つまり、江守ホールディングスは、商社として、モノを売るには売ったものの、肝心の資金回収ができていなかったと考えることができます。

これほどの巨額の損失を抱えておきながら、銀行からは多額の融資を受けていたところを見ると、粉飾決算などの不正があった可能性もありますが、いずれにしても江守ホールディングスの倒産事例は、売上代金の回収、つまり、売掛金の回収が経営にとって非常に重要な意味を持っていることを教えてくれます。

江守ホールディングスの事例から学ぶべきポイント

営業キャッシュフローのマイナスが問題となる理由は、それは「本業でキャッシュを獲得するどころか、キャッシュが失われている」状態を意味するからです。企業が継続・発展するためにはキャッシュが必要不可欠です。黒字決算が続いていても、キャッシュが足りなくなれば企業は倒産してしまいます。損益計算書において黒字であるにもかかわらず、営業キャッシュフローがマイナスの場合には注意しなければなりません。黒字なのにキャッシュが逆に流出してしまって状態を意味しているわけですから、なぜのようになっているのか、その理由を詳しく分析していく必要があります。

売上や利益の伸びに売掛金の回収が追い付いていない場合など、成長企業では営業CFのマイナスはよくあることです。しかし、江守グループホールディングスの場合、2014年3月期と2013年3月期ともに営業CFがマイナスでした。さらにさかのぼって調べてみると、なんと2010年3月期から5年続けて営業CFがマイナスとなっていることがわかります。その結果、倒産直前の2014年の手元資金は139億円をわずかに超える程度しかなくなっていました。

まとめ: 黒字倒産事例から学ぶキャッシュ・マネジメント

会社が潰れてしまう現金は、キャッシュです。そのため、黒字倒産の危機を察知するためにっは、キャッシュの動きを十分に把握しておく必要があります。キャッシュの動きを完全には表していないPLだけをみるのではなく、キャッシュフロー計算書もチェックしなければなりません。今回の江守ホールディングスの事例が示しているように、売上がたくさんあっても、それを回収することができなくなれば、会社からどんどんキャッシュが出ていっている状態となってしまうかも知れません。したがって、キャシュマネジメントという観点からは、売掛金がきちんと回収できているか、どの程度の期間で回収できているかを常にチェックしておくことが大切です。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:コラム・学び
    タグ:

おすすめの記事