士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

【2021年最新】ネット試験で随時受験可能に!簿記2級の試験内容は変わるの?

HUPRO 編集部
【2021年最新】ネット試験で随時受験可能に!簿記2級の試験内容は変わるの?

3種類ある簿記検定ですが、一般的に「簿記2級」というと、一番メジャーなのは日本商工会議所が主催する日商簿記検定試験です。年に3回の受験会場での受験でしたが、随時受験可能なネット試験が登場。それに伴って受験内容が変更に?今後の試験内容について解説します。

簿記2級とは?

日本商工会議所が主催する日商簿記検定試験です。

2級に関しては、日本商工会議所のWEBサイトに以下のように記載されています。

「経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。」 出典:簿記2級のレベル

ポイントは、以下の3点です。

・高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得
・財務諸表の数字から経営内容を把握できる
・企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行う

日本商工会議所は、簿記2級ホルダーはこの条件を満たす人という条件にあわせるように、2016年から2018年にかけて、実務よりに試験内容を改定しています。

このことから「簿記2級は難しくなった」という声がよく出るようになりました。

簿記2級の試験科目は、商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)で5題以内。
毎年度4月1日現在施行されている法令等に準拠して出題されます。

商業簿記とは

購買活動や販売活動など、企業外部との取引を記録・計算する技能で、企業を取り巻く関係者(経営管理者・取引先・出資者等)に対し、適切、かつ正確な報告(決算書作成)を行うためのものです。出典:商工会議所 簿記検定2級 試験科目・注意事項

工業簿記とは

企業内部での部門別や製品別の材料・燃料・人力などの資源の投入を記録・計算する技能で、経営管理に必須の知識です。出典:商工会議所 簿記検定2級 試験科目・注意事項

【2021年最新】簿記2級の試験はいつどこで行われる?随時受験可能な「ネット試験」が登場!

それでは、具体的に簿記2級試験の受験についてみていきましょう。

受験資格

受験資格は特にありません。年齢制限もありませんので、高校生でも受験できます。

簿記2級受験日

簿記2級については、2021年2月28日に実施の第157回簿記検定試験をもって、現行制度のみの試験は最後、以降は以下の3つの方式となります。

(1)これまでの全国統一日で実施する「統一試験」(これまでの集合試験)
(2)随時パソコンで実施する「ネット試験」
(3)企業・教育機関等に出向いてペーパー試験を実施する「団体試験」

今後の受験日程などについては、日本商工会議所のWEBサイトを確認しましょう。

ネット試験はすでに2020年12月21日から実施しています。
テストセンターが定めた日程でいつでも受験可能です。
いつでもチャレンジできる分、勉強計画をしっかり立てないといけません。
より個人の強い意志が求められる実施方法といえるでしょう。

参照:日本商工会議所 第157回簿記検定試験(2021年2月28日)は現行制度で実施いたします

簿記2級・ネット試験の会場は?

ネット試験は自宅ではなく、全国のCBTSテストセンターで受験ができます。

PCはテストセンターにおいてあるPCを使います。計算用紙と筆記用具がその場で配布され、電卓以外は持ち込みのものを使うことはできません。

参照:日本商工会議所 日商簿記検定ネット試験を開始いたしました

簿記2級・申し込み方法

申し込み方法は集合試験とネット試験で異なります。

集合試験

申込受付日時、申込受付方法は、商工会議所によって異なります。試験日の約2ヶ月前になりましたら、受験希望地の商工会議所までお問い合わせください。

ネット試験

事前に試験の予約が必要です。
試験日の翌日より、次の予約が最短3日後以降で可能です。
詳しくはこちらのリンクからご確認ください。

簿記2級・試験時間の変更

これまで簿記検定2級は120分だったのですが、ネット試験への移行により90分に変更なります。120分の試験は、2月に実施予定の現行試験(今後は統一試験と呼称変更)が最後です。

2級・・・(出題形式)選択式+入力式5題以内 (試験時間)90分
ネット試験の場合は、仕訳問題は選択式(プルダウン方式)です。これまで漢字の長い勘定科目を記入していた手間はなくなりますが、科目選択は正確に確定させることが必要です。入力エラーがないようにしましょう。
また、プルダウンだけでなく、金額や勘定科目名を入力する問題も出題されます。

参照:日本商工会議所 日商簿記検定試験(2級・3級)ネット試験をご受験される皆様へ(必ずご一読のうえ、ご受験ください)

合否発表について

合否の発表は集合試験とネット試験で異なります。

集合試験

合格発表日は、商工会議所によって異なります。試験日の数ヶ月後に合格発表があります。

ネット試験

試験終了後に自動で採点され、その場で合否がわかります。 合格者はデジタル合格証をその場で受領できます。

合格までやきもきする気持ちを抱えることがありません。
もし不合格だった場合は、その場で次の試験の申し込みもできます。

ネット試験で変更になる?簿記2級の試験内容

ネット試験で変更になる?簿記2級の試験内容

簿記2級では、実際にどんな問題が出題されるのでしょうか。時間が短縮された分、ボリュームも減っています。
しかし、時間いっぱいかかるような問題を出題するという商工会議所の意向には変更がありません。

ネット試験では受験者ごとに異なる問題が出題

ペーパー試験では、全国同時に同じ問題で行っていましたが、ネット試験では受験者ごとに異なる問題が出題されます。

カンニング防止にはなりますが、逆に出題予想が立てづらくなったともいえます。
というのも、簿記2級の出題範囲は広いため、範囲をまんべんなく出題することはできません。
「最近この分野が出題されていないから次回は出るかも?」
「この問題はずっと出続けたから、次は出なさそう」というヤマが毎回あったのですが、その予想が難しくなっているのです。

ネット試験でも出題範囲は一緒

簿記検定試験出題区分表(2020年度適用)を見てみると、ネット試験への移行前に変更の経緯は見られません。

ただし、現在の出題範囲は2021年2月28日までと明言されているため、それ以降変更されることも考えられます。

受験に際しての準備を行う場合は、出題区分表を確認しつつ、常に最新基準に沿ったの参考書・問題集を使うようにしましょう。

PCならではの対策も必要

これまでは、手元の解答用紙を見ながら集計をしたりできましたが、ネット試験ではディスプレイに表示された試算表や決算書を見ながらの集計となります。つまり、解答用紙にメモして後で消すといった使い方ができないのです。

そのため、自宅などでの勉強においては、紙ベースではなくPCやタブレット、スマートフォンなど画面を見ながら集計する勉強方式に変更し、要領をつかんでおく方が良いでしょう。

簿記検定・ネット試験で過去問題集はどうなる?

試験内容で気になるのは、これまで120分の全国統一試験で作られた過去問集が、90分かつランダムに出題されるネット試験への移行で傾向と対策が立てづらくなったのでは?ということ。

出題範囲は変わっていませんが、ボリュームや出題方式が変わっています。
2020年1月現在で日本商工会議所により、各教育機関での予想問題の案内があります。今後ネット試験の普及により、過去問題集や予想問題集も出てくるでしょう。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:資格試験

おすすめの記事