士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

相続に強い税理士法人5選を一挙にご紹介!

HUPRO 編集部
相続に強い税理士法人5選を一挙にご紹介!

相続税の改正があってからは、今まで関係ないと思っていた相続税も身近な存在に感じるようになりました。ですが、いざ相続となった時にどんな税理士に頼めばいいのか悩むことでしょう。そこで、今回は相続に強い税理士法人5選を一挙ご紹介します。

相続に強い税理士法人を探す理由

いざ相続の手続をしていると、わかっていても相続税の高さに驚く人がたくさんいます。色んな都市伝説のような話を聞いて、節税対策を自分なりにしている人もいるかもしれません。

ですが、相続税というのは法律に記載してあることと、判例によって線引きされているものとが混在していて、素人で対処することはとてもリスクを伴います。また、税理士なら誰しもが得意というものではなく、年間に1件も申告をしない税理士もいれば、数百件依頼がある税理士もいます。

よく例えられるのが、怪我をした時に内科に行かず外科に行きますし、発熱した場合は外科に行かずに内科に行くでしょう。相続が発生した時に法人専門の税理士に頼まないように、相続専門の税理士や、法人も相続も行っているような総合事務所に依頼をするのが普通でしょう。

よって、相続の際に税理士を選ぶということはとても重要なことなのです。そこで今回は、そんな相続に強い税理士法人をご紹介します。

税理士法人山田&パートナーズ

まず、ご紹介するのは税理士法人山田&パートナーズです。税理士法人山田&パートナーズは年1700件以上の相続税申告の実績と、30年という長い社歴で資産税を扱ってきた税理士法人です。

相続税の申告は年間10万人程と言われている中で1700件というのはどのように捉えるかですが、税理士の数が10万人以上とされている中でのこの件数というのはとても多いものと考えられるでしょう。

冒頭にお話した通り、年間で1件申告を行うかどうかという税理士がいる中で1700件というのは扱い件数としてはとても多いものと言えるでしょう。

税理士法人山田&パートナーズでは、今回起こった相続だけではなく、二次相続を見据えたシミュレーションやアドバイスを提供しています。
何も対策を考えていないとその場の申告さえ良ければよいと考え、例えば配偶者に全ての財産を相続させるなど極端なことを考えがちですが、その次の相続税がとても不利になることが多いです。よって、次の相続を踏まえたアドバイスを提供する税理士法人山田&パートナーズはとても信頼がおけると言えるでしょう

また、税理士法人山田&パートナーズの特徴として、国際相続に対応していることが挙げられます。
最近は相続税対策もグローバル化が進んでいて、財産を海外に持つ資産家も増えてきています。海外に資産があるとなかなか日本の税理士のみで対応することは難しいとされていますが、税理士法人山田&パートナーズでは現地の会計・税務対応等も含めてプロフェッショナルが対応してくれるため、安心と言えるでしょう。

この他にも、資産税には登記や法律も絡むことが多く、その周辺のサポートについても他の専門化と連携してワンストップサービスを提供していることも税理士法人山田&パートナーズの強みと言えるでしょう。

辻・本郷税理士法人

次にご紹介するのは、辻・本郷税理士法人です。

辻・本郷税理士法人は国内最大規模と言える法人であることが何といっても特徴的でしょう。規模が大きいということは当然扱う相続税の件数も多いので、事例も豊富にストックしています。相続税は法令や教科書をいくら読み込んでいても、経験の差はなかなか埋まりません。
この点、辻・本郷税理士法人は経験豊富であることから、有意義な相続税対策について、アドバイスをしてくれる法人と言えるでしょう。

また、辻・本郷税理士法人は全国に拠点を置いており、北は北海道から南は沖縄までと幅広く活動しています。
相続税の申告の際には色々な書類のやり取りが生じるので相談するのに近いことはもちろん大事な要素ですし、例えば土地の評価をする際には現地での調査を行うことも日常茶飯事です。
これが、大都市にしかない税理士法人ですと、出張費がかかってしまったり、スピーディーな対応がしづらくなってしまったりするため、全国対応できる辻・本郷税理士法人はとてもおススメできるポイントとなります。

この他、単純に相続税申告に特化しているわけではなく、経営者であればM&Aに絡めた資産税対策、後継者問題、株価算定等のトータルサポートも充実してるところが評価をされるポイントとなるでしょう。
もちろん、経営者でない人でも生前贈与や遺産分割の方法、法律の問題などが起こりやすいところ、ワンストップサービスによって解決できるところも強みの一つと言えるでしょう。

この他にも、辻・本郷税理士法人は「全国女性相続センター」というものを設置しており、相続・資産税専門の女性税理士が、女性のお客様の為の対応も行っています。
この試みは他の法人ではなかなか見られないもので、単純な相続の話のみならずプライベートのことや、お子さんへの資産の承継をどうするかなど、トータルでサポートしてくれる税理士法人と言えるでしょう。

税理士法人チェスター

続いてご紹介するのは税理士法人チェスターです。
税理士法人チェスターは、設立が2008年と他の大手の税理士法人と比べて社歴は浅いようにも見えますが、とても勢いのある税理士法人となっています。

税理士法人としては当時異色であった相続税専門での業態となっており、取扱件数が年々急増していることが特徴となっています。
大手税理士法人では取扱件数が多いとは言っても全ての部署の人員が相続を取り扱っているわけではなく、資産税部門の人員が主に相続税の申告を行います。
この点、税理士法人チェスターは全ての人員が相続のプロフェッショナルとして活躍している為、相談する側も安心感があると言えるでしょう。

また、相続税申告については元々料金体系が不透明であることが多く、相続財産の1%等、アバウトな料金表くらいしかない事務所が多かったのが事実です。
この点、税理士法人チェスターでは料金体系を明確にすることをいち早く行い、依頼者側からの信頼を勝ち取ることに成功した税理士法人の一つとなっています。

この他、全国の税理士からの信頼が厚いところもポイントとなっています。
相続税のノウハウは外部に伝達する税理士事務所はそれほどないのですが、税理士法人チェスターは相続実務アカデミーという税理士向けの会員組織を作っていて、相続税の知識やノウハウを共有しています。

通常、税理士同士では顧客の取り合いというイメージが強い中、全国の税理士からも一目置かれている存在というのは依頼する側からしてもありがたい存在だと言えるでしょう。

税理士法人タクトコンサルティング

税理士法人タクトコンサルティングは、元々1975年に創業した本郷会計事務所の流れを汲んでいる、老舗の税理士法人です。

通常、相続対策というと、どのように財産を形成するか、名義をどうするかというアドバイスを行うことをいうのですが、税理士法人タクトコンサルティングは一歩踏み込んだ、不動産預貯金の名義変更手続を行うなど、細かい気配りのできる税理士法人と言えるでしょう。

また、国際資産税や後継者問題でもある事業承継対策、特殊分野である医療法人コンサルティングを行っていることも大きな特徴です。

単純に資産税のみ取り扱っていると、相続に関する知識は豊富であってもその先にある特殊な分野の知識には疎いことがあります。特殊分野の知識が豊富であることは、相続後の様々な問題を事前に解決することができますし、相続以外の相談も的確にアドバイスができるということもあり、依頼者にとっては安心材料の一つとなるでしょう。

この他、税理士法人タクトコンサルティングは業務提携をしている税理士が全国にいることも特徴となります。500件近い税理士事務所が税理士法人タクトコンサルティングと提携していることから、全国的な依頼者に対応できることのみならず、多くの税理士事務所が税理士法人タクトコンサルティングに対してアドバイスを受けていることがわかるでしょう。

また、税理士法人タクトコンサルティングはセミナーについても毎月開催しています。通常の相続に関するものから、税制改正に関するもの、国際税制に関するものと、資産税に関するものについて様々なセミナーを開催しています。

ホームページ等ではなかなか税理士法人のことがわからなくとも、セミナーに参加することでどのような担当者が在籍していて、どのようなアドバイスがもらえるかが明確となるでしょう。セミナーを聞いてみれば課題広告ではないということもわかりますし、何よりも問い合わせをする敷居が低くなることでしょう。

税理士法人レガシィ

最後にご紹介するのが税理士法人レガシィです。
税理士法人レガシィは、相続専門の税理士法人として40年と、大規模な税理士法人として相続専業を長く続けています。

税理士法人レガシィでは、相続対策の書籍や相続実務に関する書籍などを無償で提供しています。相続を目の当たりにするとわかるのですが、わかっているつもりでも何をしていいのかわからず、何を税理士に聞いたら良いのかも戸惑うのが通常です。
この点、かゆいところに手が届く書籍をオリジナルで発行している税理士法人レガシィは、納税者の強い味方と言えるでしょう。

また、税理士業というのは職人のようなもので、知識は経験や先輩の背中を見て覚える、というのが多いです。よって、担当者によって経験もバラバラであったり質がバラバラではないかという疑念が依頼者に発生したりすることが多いです。
この点税理士法人レガシィでは「土地評価CAD」というオリジナルソフトを用いて、土地の評価の軽減をサポートしています。市販のソフトではなく、税理士法人レガシィの長年の経験が蓄積されたソフトとなりますので、担当者による能力のばらつきもなくなりますし、何より人が計算するとどうしても間違えがちなポイントも効率的に処理してくれることでしょう。

この他、相続税に強いと言ってもどのように強いのかがわかりづらいことが多いのですが、税理士法人レガシィは、土地の価格評価に強いということを全面的に出しています。
土地の評価は適用する法令によってかなり上下してしまい、知識がない税理士が適当に申告してしまうと払わなくてよかった相続税を多額に払うリスクが出てきます。
この点、税理士法人レガシィは過去の土地評価によって還付が成功した率が90%以上と、驚異的な数字をたたき出しています。

これは、単純な計算式の問題だけではなく、実際に土地に赴いて地形を調べることで税務署に納得のいく資料作りをしていることが大きなポイントとなります。税理士事務所の中には現地調査をすることを億劫と思うところももしかしたらあるかもしれませんが、税理士法人レガシィは現場主義で適正な土地の評価を行うところが大きなポイントとなっています。

まとめ

今回相続に強い税理士法人を5社紹介しました。
相続税は全体の10%近くの人が関係する税金で、いざという時にどの税理士事務所に依頼するか迷うことでしょう。かといって、どんな税理士でも良いというわけではなく、今回ご紹介したような税理士法人であれば経験豊富であるためより相続税を下げる提案をしてくれるところばかりですし、規模もそれなりにあります。
もちろん、この他にも相続に強い税理士法人はあるとは思いますが、迷ったらこの5社に尋ねてみるのも一つの手でしょう。

▶︎ 税理士法人・会計事務所の転職・求人情報はこちら|最速転職HUPRO
▶︎ 税理士・税務スタッフの求人情報はこちら|最速転職HUPRO

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事