経営企画に求められるものとは?経理から経営企画へのキャリアパス

HUPRO 編集部2019.08.02

経営企画の仕事は経営陣とも近い距離でとても人気ポジションですが、どのようなキャリアを歩めば経営企画としての仕事ができるようになるのでしょうか。今回は、経理から経営企画へのキャリアを中心に、経営企画の仕事について解説していきます。

目次

経理企画の仕事って何?

経営企画の仕事は一般にその企業の要と言える位置付けをされ、人気が高いポジションです。具体的には会社として取り組むメイン事業に対して、経営陣とコミュニケーションをとりながら遂行していったり、他社との業務提携やM&A、新規事業の立ち上げ等に携わる仕事です。

一般に会社の規模が小さければ、会社の経営方針については社長が決定するケースが多いですが、上場会社など会社規模が大きくなると社長一人が経営方針を決めるわけにはいきません。組織として各種調査、情報分析、戦略立案とそれぞれが役割を担っていかなければならず、そんなときに経営企画の存在というのが非常に大事になってきます。

経営企画の仕事は当然経営に関わるため責任が大きく、経営陣とのコミュニケーション等で、求められる仕事内容もレベルが高く大変ではありますが、会社経営を俯瞰的に見ることができ、成長やスキルアップに繋がります。また一般に年収も高い傾向にあります。

経営企画に求められるスキル

経営企画には情報分析能力や企画立案力、会計・ファイナンスの知識、さらにはコミュニケーション能力など本当に様々なスキルや能力が求められます。

まず、情報分析能力ですが、物事を論理的に判断する能力が求められます。また物事の判断に必要な情報収集力も同時に必要となります。
企画立案力は、新しい事業アイデアを思いついたり、新たな収益モデルを考えられる能力ですが、市場変化が激しい中、常に情報収集を怠らず学ぶ姿勢が求められます。

さらに、会計・ファイナンスの知識についても、会社として事業の収益性を考える際には必須のスキルとなります。財務諸表など経営に関する重要な数字を読み解き、その上で数値を分析していきます。そして、忘れてはいけないのがコミュニケーション能力です。経営企画では、経営陣への説明やプレゼンテーション、情報分析した上でのディスカッションなど様々意思疎通や交渉力が求められる機会が多いです。

そして、一般にいきなり未経験で経営企画に配属となることは難しく、どこかの部署で経験を積み実績を残した上で、経営企画に異動になるケース、もしくはスキルを伸ばした上で転職にて経営企画にキャリアアップを狙う場合がほとんどです。

経営企画に転職するケースとして最も多いのがコンサルティングファームからの転職ですが、コンサルに次いで2番目に多いのが事業会社の経理経験者と言われています。
経理職を経験した人は、会計・ファイナンスの知識があり、また予算管理など分析力も高いため経営企画に向いています。

経理を経験したのち経営企画へ

まず、経理と経営企画の違いについて考えてみましょう。
経理とは「経営管理」の略称でありますが、組織のために経営資源を有効に活用するための仕事です。
経理と経営企画について、明確な違いが定義されているわけではないですが、わかりやすく説明すると、経理部が扱うのは“過去の数字”であり、経営企画が扱うのは“未来の数字”と言えます。もちろん経営企画も過去の数字をもとに分析して戦略立案を行いますが、多くの企業では経理が会計処理によって正しい実績数値を出したものに基づいて、経営企画が中長期的な戦略の立案を行います。

そのため、経理と経営企画の親和性は高く、経理からのキャリアパスとして経営企画はとても人気です。実際に大手企業を中心に、経理職を3年ほど経験したのちに経営企画への異動を想定しているという求人などもよくあります。

もちろん、経営企画は発想力や分析力、コミュニケーション能力も大事ですが、先ほどから述べているように経理スキルは経営企画の仕事に直接活かすことができるので、長いキャリアで考える場合、経理として働いているときから単なる数字処理ではなく、各数字についてきちんと分析したり仮説検証する思考を持つことが大事になってきます。

いま経理として働いていて将来的に経営企画として働くことは一切考えていないという人も、経理の仕事自体は徐々に一部効率化のためにアウトソーシングされたり、会計ソフトの機能向上により減っていく可能性が高いので、経理ポジションで働いていても常に経営企画と同じ視点で仕事をすることが求められていくでしょう。

経営企画として働くことで、その会社で将来的には経営陣としてのキャリアパスを描くこともできますし、経営企画からコンサルティングファームに転職し、年収アップを果たすケースも多いです。

いま経理として働いている人はぜひ経営企画としてのキャリアパスを考えてみて、また経理未経験で将来的に経営企画として働きたいと考えている人は、経営企画へのキャリアを描きやすい会社で、まずは経理として働くことを考えてみてはいかがでしょうか。


士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方は
こちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方は
こちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方は
こちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:キャリア

関連記事

RANKING人気の記事ランキング

TAG人気のタグ

SNSソーシャルサービス