新しいスタートを共に

スタートアップ税理士法人(スタートアップ社会保険労務士法人)

会社設立支援業務
融資・助成金サポート業務
節税対策
経営支援業務
会計顧問業務
社労士業務(各種手続き、助成金申請、就業規則の策定など)
その他

新しいスタートを共に

【スタートアップ会計事務所とは】

スタートアップ会計事務所は、2015年に設立して、今年で7年目を迎える勢いのある会計事務所です。設立前後のお客様を中心に、税務の相談に特化してサービスを提供してきました。その後2017年には労務の分野にも進出して、設立前から設立後まで、ワンストップでサービスを提供できることを強みとしています。またクラウド会計にも大きな強みを持っていて、会計ソフトfreeeでのサービスは業界最大級の規模と質のサービスを提供し、評価を受けています。

【求める人物像】

「人柄」を重視して採用しています。弊社が提示している6つの採用基準とカルチャーにリンクしていることを重視して採用しています。
その人柄を見た上でどんな経験を歩んできた人が良いかというと、自身の業務やキャリアに対して主体的に活動してきた経験のある人は弊社にマッチすると考えています。また自分のもつ力を最大限発揮して、一つのことをやり遂げた経験のある人などは一緒に働いてみたいと強く思います。

社内風景

スタートアップ税理士法人(スタートアップ社会保険労務士法人)ってどんな会社?

「どんな働き方ができるの?」「知りたいけど、なかなか聞けない・・・」など、転職活動中の皆さまの気になる疑問を解消!スタートアップ税理士法人(スタートアップ社会保険労務士法人)の魅力をお伝えします!

チーム体制について

【チーム人数】

チームは社内に3つあり、1チームに10人から15人程の人数で仕事を進めています。半分はお客様担当、もう半分はアシスタントとして活動しています。

基本的には1社の顧客に対して、1人の担当で仕事を進めていきます。2人の担当者に対して1名のアシスタントという体制を基本セットとして社内では仕事を配分しています。

社員の声

I.Yさん

Q入社理由はなんですか?

「会計事務所」という堅苦しさがない、カジュアルな雰囲気が良いなと思いました。若い人たちが活躍しているという点も、活気があって魅力を感じました。わがままをいって面接を休業日にしていただいたのですが、スタッフの皆さんが面白い動画を用意してくれていたのもとても印象的でした(笑)。

Q現在はどんな業務をされていますか?またやりがいはなんでしょうか?

税務担当者として、30社ほど担当しています。お客様の業種としては、飲食業・IT系・コンサル業の会社さんが多いイメージです。顧客の会計確認、書類作成、決算のタイミングでは決算処理や、内容質問の連絡などへの対応を行なっています。

また顧客対応もご来社と訪問が半々くらいで、1回あたり大体1時間半~2時間ほど行なったりもします。初めての法人決算を迎えて、無事に決算を終えられた時に、とてもやりがいを感じました。分からないことも多く不安になるお客様が多いと思いますが、担当している会社の方から感謝の言葉をいただき、そのときは本当に、頑張ってよかったなと思いました。

Qスタートアップ会計事務所はどんな雰囲気の会社でしょうか?

想像通り活気があって、想像以上にスピード感があります。慣れるまで苦労も多いですが、周りの先輩方が優しく、質問すると「これでもか」というくらいしっかり説明してくれるので、良い環境だと思います!担当者としては少ないですが、事務所全体でみると女性が多い職場ですので、女性でも
とてもなじみやすい職場だと思います。

私もこの業界に入った当初は「自分に務まるのかな…」とすごく不安でした。しかし周りにはサポートをしてくれる人がたくさんいて、困ったときには「助けて!」といえる環境があります!

K.Kさん

Q入社理由はなんですか?

未経験の自分が働いて、本当にやっていけるかなって考えた時に、スタートアップ会計事務所は成長できそうな気がしたのが理由です。なぜなら他の社員の方を見た時に、とても親切で色々サポートして教えてくれる環境があるなと感じたからです。

Q現在はどんな業務をされていますか?またやりがいはなんでしょうか?

30件程クライアントを持たせていただき、お客さんから税務相談を受けたり、経営的なアドバイスをしたりすることが主な職務内容です。 どんな業務でもそうですが、まず相手の気持ちになって考えることを、常に意識しています。お客さんから税務的なことを質問される時も、僕は未経験だったからこそ、分からない人の気持ちが分かると思うので。相手の立場に立って、気持ちを考えてから動くことを大切にしていますね。また未経験だったので、みんなから仕事を教えてもらっていた分、仕事を自分一人の力で出来るようになった時はやっぱり嬉しかったですね。  また自分の出した成果で、お客さんから「ありがとう」とお礼を言われた時には、すごい達成感を感じたのを覚えてます。

Qスタートアップ会計事務所はどんな雰囲気の会社でしょうか?

「分からなかったら聞いて」と言ってもらえたので、基本的にいつも質問していました。教えてくれたことをすぐに理解できないこともありましたが、何か聞いたら丁寧に教えてくれる雰囲気があったので、聞きやすかったですね。色々教えてくれて、未経験の自分でも成長できそうだなっていうところは、想像通りでした。会社全体で人を育てよう!という雰囲気が根付いている会社であると思います!

育成制度/キャリアプラン

【育成制度】

《丁寧なOJTの実施》

担当としての最初の3ヶ月の間、メンターがつきOJTをして仕事を覚えていただく育成をしています。その3ヶ月はどんなにミスをしてもそのメンターが、責任を負ってくれる環境を作ることで、チャレンジでき、どんどん数をこなして仕事を覚えていただく環境を整えています。また試験休暇も備えています。毎年税理士試験に望みたい方も1〜2名ほどいて、試験前3日間と試験当日の休暇を提供することでバックアップする体制を整えています。

【キャリアモデル】

最年少では26歳でマネージャーになった例があります。入社2、3年目でチームをマネジメントする立場をおまかせすることもしばしばです。またマネジメントの職務を任せる場合は、その時点での能力以上に、本人の主体性を重視していますので、基本的に手上げ制で役割を担っていただいています。これはスタートアップ会計事務所の強みではありますが、他の会計事務所よりもマネジメントスキルを身につけるには良い環境が揃っています。今急成長して、組織として人も増やし、支店展開も加速する予定です。組織が大きくなれば、それだけマネジメントの必要性が出てきます。意欲高く働いていただける方には、その意欲にふさわしい活躍の場を提供できる機会が多分にあるのが強みです

資格支援制度

試験前三日間と試験当日に「試験休暇」を付与し、万全の体制で試験に臨んでいただいています。
また、月に最大8回前日までの申請で、勤務時間を定時の9:00〜18:00から8:00〜17:00や10:00〜19:00に変更できるため、予備校に通うスタッフはこの制度を利用していたりします。

資格受験生にかかわらず、有給の消化は積極的に推奨しており、試験一ヶ月前頃から試験に備えて毎週有給休暇を取得することも可能です。

選考フロー

書類選考→面接・試験(会計知識の試験と思考力を測る試験)

※ 面接は基本的には二回ございます

グラフで見る

企業担当者のおすすめポイント

ヒュープロ君

スタートアップ会計事務所は毎月のように20件から30件の創業支援に関わるクライアントが増えています。またその中で様々な業界のお客様と関わる機会があり、基本的に手上げ制で業務の割り振りを決めています。そのため税理士としての最初のキャリアでスタートアップ会計事務所を選んでいただければ、自身のキャリアプランに合わせて、自身の強みを伸ばしていける環境があるのは魅力ですね‼︎

【無料】LINE@で転職相談してみる

企業情報

会社名スタートアップ税理士法人(スタートアップ社会保険労務士法人)
本社所在

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-6-4 KN新宿ビル3階

支社所在なし
最寄駅

新宿三丁目駅

代表者大堀 優氏
設立2015年 02月
士業形態・専門分野サービス業
従業員人数50名