何かあった時に一番に相談される信頼関係を

税理士法人青木会計

税理士法人青木会計は、横浜市、港北区、川崎市、日吉エリアを中心に相続の生前対策やさまざまな会計業務まで幅広く対応しております。
税理士に相談をするのは敷居が高いという印象があり、誰にも頼らず、自分で解決をされている方が多くいらっしゃいますが、税理士法人青木会計ではお客様が気軽に相談できるよう和やかな雰囲気づくりにも力を入れております。
お客様のお話しを丁寧にお伺いし、ご状況にあった最善の解決策を提案することを心がけています。

事業説明:
顧問契約について
記帳代行・決算・申告書作成
経理フルアウトソーシング
経理アドバイス
開業支援
相続税事前対策と納税額の試算
遺言書の作成
税務調査対策
提携弁護士と万全のサポート

何かあった時に一番に相談される信頼関係を

税理士法人青木会計は、横浜市、港北区、川崎市、日吉エリアを中心に相続の生前対策やさまざまな会計業務まで幅広く対応しております。
税理士に相談をするのは敷居が高いという印象があり、誰にも頼らず、自分で解決をされている方が多くいらっしゃいますが、税理士法人青木会計ではお客様が気軽に相談できるよう和やかな雰囲気づくりにも力を入れております。
お客様のお話しを丁寧にお伺いし、ご状況にあった最善の解決策を提案することを心がけています。

〜何かあった時に一番に相談される信頼関係を〜

青木会計では、 何かあった時にお客様に一番に相談していただけるような信頼関係をつくっています。担当一人一人が、お客様の困っていることや変化に敏感になり、お客様のことを想ったご提案をできるように、知識・人間性を日々磨いています。

税務分野にかかわらず、何か困りごとがあった際に、警察や弁護士さんよりも一番に頼っていただくことが目標です。

〜特徴がないのが特徴。全てはお客様のために〜

地域密着型の税理士法人ということで、特定の分野に特化することはなく、税務周りを中心に、経営コンサルティングやバックオフィス支援など、お客様に必要なサービスを提供することを心がけています。あえて「特化」しないことで、職員一人一人が様々なことに関心をもちながら、あらゆる業種のあらゆる情報を収集してきます。それは必ずやお客様の発展に寄与するものと考えています。しかし、現在、蓄積された情報を最大限に生かすべく、チームごとに専門性をつけていくことにもチャレンジしているので、専門性を持って事務所を牽引していただけるような方も歓迎しています。

〜職員が安定して働けるように、今後も事務所を大きくしていきたい〜

この業界は今後拡大する事務所と縮小する事務所の二極化がますます進んでいくと思います。職員が安心して働ける環境を作ることが、お客様に安心したサービスを提供することにつながるので、青木会計は、今後も職員に安心して長く働いていただけるよう、事務所をきちんと大きくしていきたいと思っています。今秋には、敷地を増やし、改装が行われます。よりお客様が来所しやすい環境づくり、職員が働きやすい職場づくりを進めます。

社内風景

税理士法人青木会計ってどんな会社?

「どんな働き方ができるの?」「知りたいけど、なかなか聞けない・・・」など、転職活動中の皆さまの気になる疑問を解消!税理士法人青木会計の魅力をお伝えします!
チーム体制について

11名の社員と4名のパートで業務を分担しています。社員はお客様とやりとりする外勤スタッフが中心となります。常に業務量に対して無理のない人数かを確認しており、社員のみならずパートや総務担当も含めて、業務が増えた際には現場主導で採用活動をしています。

70代1人、50代1人、40代3人、30代4or5人、20代1or2人 /計11人(正規雇用)
パート4人全員40代/計15人

社員の声

I 様(30代男性・入社4年目)
面接時で、一切嫌な雰囲気を感じなかったので、入所しました。正直ある程度は入ってみないとわからないところもあると思っていますが、青木会計は、とにかく事務所の雰囲気がよく皆優しいので働きやすいです。比較的年次が若い私が質問した際にも、誰ひとり嫌な顔をせず丁寧に答えてもらえるため、安心して話しかけることができます。

また、個人の目標や夢に対しても建前でなく応援してもらえて、資格勉強に対する応援もございます。

会計事務所で働くということは、何か商品を売るわけではなく自分自身が商品になるため、常に勉強し知識をアップデートする必要があり、自分から積極的にお客様に還元できる知識を吸収する方が向いている職業だと思っています。その分、知識をもとに、お客様に的確に対応して、喜んでもらえた時に、とてもやりがいを感じるので、自主的に考えて勉強することが好きな方は是非一緒に働きましょう。

育成制度/キャリアプラン

〜型にはめて育てるのではなく、仕事を任せて育てる〜
税理士になりたい社員も多いですが、資格以上に中小企業の相談相手になれるように、お客様に積極的に会い現場で体験してもらうことを重視しています。中小企業に評価される人材になれるように、青木会計を一つの土俵として使っていただければと思っています。

もちろん、お客様に価値を提供するために、税理士受験生かどうかにかかわらず勉強会は積極的に行われています。また月に一回の全社定例があり、業務で出た課題に対して、全社員で解決策を洗い出し、翌月の業務に活かすようにしています。

クライアント例

①ソフトウウェア開発 (従220名)売上20億
②医療法人(歯科)  (従23名)売上1億
③解体工事業     (従10名)売上8億
④社会福祉法人(保育)(従52名)売上1.5億
⑤建設業       (従20名)売上4億
⑥婦人服輸入     (従10名)売上6億
⑦建築・内装     (従35名)売上20億
⑧飲食店       (従1名)売上26億
⑨とび土工工事業   (従2名)売上1.5億
⑩自動車販売     (従2名)売上3.5億

従業員が5名以下の法人様や、売上高5千万円に満たない法人様も
多数関与させて頂いております。
また、個人開業のお医者様をはじめとする個人事業主で月次関与の
お客様が多数いらっしゃいます。

資格支援制度

■ 試験当日は公休扱い!7月は業務調整をしっかり行っています

特に試験受験前の7月は、業務調整をし、早くあがっていただけるような声かけや配慮がなされています。
受験生は、原則8月に取得する4日間の夏休みを前倒しして利用することができ、有給と合わせて1~2週間まるまる休むのが通例となっております。

試験当日は公休になり、有給消化扱いにはなりません。

選考フロー

・一次面接 有資格者及び部長(採用を希望するポジションによって異なる)
・最終面接 有資格者及び部長(採用を希望するポジションによって異なる)

応募者様が余計な緊張をしないよう、出来るだけ、一次面接と同じメンバーで行っております。面接というより、面談に近く、「この仕事を本当にしたいか」「私達は応募者様と働く仲間としてふさわしいか?」応募者様自身に考えていただきたく思っています。
面接2回、私達が応募者様からお話しを伺うのと同じ位、応募者様からの質問にもお答えす
る時間を設けております。社風や待遇面だけでなく、仕事をする上で心配に思っていること
など、お気軽にお話しください。

グラフで見る

エージェントおすすめポイント

ヒュープロ君

地域密着型の税理士法人で、代表の方針から自由な雰囲気で意見が通りやすく、定着率が高いのも頷けます。自由で一人一人の目標をきちんと応援していただける環境のため、ご自身で勉強し考えながら、業務やお客様に対して、きちんと向き合える方が向いているのではないかと思います。
(担当エージェント:相星)

エージェントにLINE@で相談する

企業情報

会社名税理士法人青木会計
本社所在

〒223-0062
横浜市港北区日吉本町1-29-12

支社所在なし
最寄駅

日吉駅
日吉本町駅
元住吉駅

代表者青木 廣志
設立2006年 04月 01日
士業形態・専門分野サービス業
従業員人数15名