士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
最速転職 HUPRO

経営者のパートナー!?社労士の知られざる業務内容

HUPRO 編集部
経営者のパートナー!?社労士の知られざる業務内容

はじめに

この記事を読んでいるみなさん!「社労士」と言われて何の略称のことだかご存知ですか?最近注目が集まってきていて、取得を目指している方も多いですからご存知の方も一定数いらっしゃることでしょう。一般によく言われる社労士とは実は社会保険労務士の略称です。労務士と呼ばれることもありますね。国家資格者である社労士は「人事・労務」の専門家であり、企業の経営者と労働者を法律に基づいてサポートする立場にあります。また、この資格を持っていると一般企業の労務担当として働きやすかったり、社会保険労務士事務所などに転職する際に即戦力として働くことができます。

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

社労士の仕事内容

社労士の仕事は一般的に企業と契約して発生します。企業の経営者の人事労務に関する手続きを代行したり、経営者の労働相談に応じます。労働社会保険諸法令に基づいて経営者・労働者両方にとって最善の社内環境づくりを目指します。
また一般的な労働トラブルによる訴訟を避けるために、経営者に厚生労働省が定めたガイドラインに則ったアドバイスも行います。社労士の中にはメンタルヘルスに関する資格取得者やファイナンシャルプランナーとして活躍している人も多く、例えば労働者をうつ病などの精神病から守るため、企業の労働環境改善のためのコンサルティングも行うこともあります。

企業内で起こるあらゆる問題に対処し解決する役目を持っている社労士。その仕事の内容を少し細かく分けてみましょう。

書類の作成・提出代行

労働社会保険諸法令に基づく書類の作成やその書類の提出の代行は、社労士のもっとも一般的な業務の一つです。提出する書類には、健康保険、雇用保険、労災保険に関するものなどがあり、その加入や脱退に加え、給与手続きや助成金などの仕事も請け負います。

帳簿書類の作成

社労士が作成する帳簿には労働者名簿や賃金台帳の作成などがあります。また就業規則や各種労使協会の作成なども行います。

人事や労務に関するコンサルティング

企業の経営者に対して人事配置、企業内の教育、または資金調整などのコンサルティング業務を行います。

このように一般に社労士と呼ばれる社会保険労務士の仕事は会社の経営にとっては欠かせないものなのです。会社経営者にとって社労士は重要なパートナーとも言えますね。

さいごに

社労士の資格を持っている人は、一般企業に入って働くか、社労士事務所に所属するか、開業するかの選択肢があります。
普段はあまりなじみのない社労士事務所ですが、将来起業をしたい学生にとっては最高のアルバイト先かもしれません。社労士資格を持った人が働いている環境は吸収することが多いでしょうし、会社を経営していく上での大事な視点を養えることでしょう。弁護士や公認会計士と違ってあまり花形な資格ではありませんが、会社にとってはとても大切な資格です。

カテゴリ:コラム・学び

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事

最速転職 HUPRO

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ