士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

年収を上げたい!経理が年収を上げるにはどうすればいい?

HUPRO 編集部
年収を上げたい!経理が年収を上げるにはどうすればいい?

経理の年収は、担当する仕事内容とマネジメント職であるかどうかで変わってきます。しかし、これらのポジションを社内で狙うことが難しい場合、転職することも年収アップの一つの手段です。今回は、経理の年収の相場とその上げ方について解説していきます。

経理の平均年収は400万円から600万円

経理職の平均年収は、一般的に400万円から600万円であると言われています。同じ経理の中でも、仕事内容によって年収は変わってきます。仕訳の作成や経費精算など、簡単な月次作業を行なっている担当者は年収が300万円から450万円程度です。一方、年次決算の担当者や子会社決の算担当者など、経理として経験が長くないとできない業務を行なっている人は500万円から600万円であると言われています。

それに加えて、管理職かどうかも経理内で年収を分けるポイントの一つ。部や課のマネジメントや決算を取りまとめることができるなど、人をマネジメントすることができる人ほど高年収を得られる傾向にあります。

経理は年収アップをアピールしにくい職種

経理職は、会社の中でバックオフィスや管理部門と呼ばれる存在。目に見える形で売上に直結はしない職種であるため、飛び抜けて良い給料を会社の中で得ていくことは難しい職種です。大きな売上を上げたり大量の契約を獲得したりするなど、はっきりとした成果が経理にはないためです。

経理の仕事は、いわばミスなく完了させることが当たり前の仕事です。取引先への支払いや税務申告など、当たり前に行うべきことを、間違いなく定められた期日までにこなす。それが経理の仕事です。取引先への支払いや税務申告を怠ってしまうと大問題になりますが、滞りなく完了したところで大きな成果となるわけではありません。経営層に給与アップのためのアピールをするにはなかなか難しい立場の職種であると言えます。

経理で年収を上げるためには相場の高い会社へ転職しよう

経理職で年収をアップしたい場合は、より高度な仕事を任せてもらえるようになる、またはマネジメントを行えるようになることが重要です。しかし、いくら希望していてもポジションが空かずなかなか希望が通らないという経理の方もいらっしゃることでしょう。また、社内で年功序列が敷かれており、マネジメント層になるにはまだまだ年数が必要となる場合もあると思います。そのような場合、転職をして年収アップを目指すことをおすすめします。

経理は、会社の中で突出して高い年収を得られる職種ではありません。研究職の給与が高い会社、営業職の給与が高い会社などはありますが、他職種に比べ、経理職の給与が高い会社はまずあり得ません。それは前述した通り、経理の仕事が売上など直接的には会社の利益には貢献せず、また目に見えてアピールできる成果を得難い性質のためです。そのため、経理の給与は会社内の事務職に近くなります。ただし、その事務職の給与が高い会社は、そもそも会社全体の給与が高い傾向にあります。 会社の平均年収が高い会社に転職すれば、経理でも年収アップを図ることが可能となります。

大手企業への転職

それでは、一体どのような企業が会社全体の平均年収が高い傾向にあるのでしょうか。
一般的に、大手企業は中小企業に比べて平均年収が高い傾向にあります。商社やメーカーといった名の知れた企業はもちろん、他の大手企業も最近は平均年収をインターネットで調べることができます。おおよその年収は求人に応募する前に情報収集をすることが可能でしょう。

大手企業は、会社全体の年収が平均より高く、それに伴って事務職・経理職の年収も高くなる傾向にあります。年収アップを狙う経理職の方は、大手企業への転職を狙ってみるというのも一つの手でしょう。しかし、大手企業への転職はやはり狭き門です。求人数も少ないため、こまめに求人情報を確認するようにしましょう。

外資系企業への転職

外資系企業への転職も、経理職で年収アップをしたい場合効果的です。外資系企業は日系の企業に比べ、平均給与が高い傾向にあります。そのため、経理でも高年収を獲得することが可能です。

しかし、外資系企業へ転職するには語学力は必須です。英語、中国語、フランス語など、その会社に必要とされる語学力を習得する必要があります。必要とされる言語は会社によって変わってきますので、事前確認は欠かさず行なってください。

また、どの程度他言語を仕事で使用するのかは担当する業務によって変わってきます。同じ経理職でも、外資系企業内の日本支社を担当する場合と海外支社を担当する場合とでは、使用する他言語のレベルが大きく変わってきます。募集されているポジションにどの程度のレベルが求められているのかも入社前に忘れずにチェックしましょう。

まとめ

一般的に経理は転職しやすい職種と言われています。どのような業種や規模の会社でも必要とされ、またどの会社でも共通して活かせるスキル・経験が多い職種だからです。それに加え、人手不足の昨今で経理職も多くの募集が出されています。今すぐ転職を考えている訳ではない方も、この機会に求人情報を確認して経理の年収の相場感を探ってみましょう。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事