士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

科目合格者とは?税理士を目指す人が転職するタイミング

HUPRO 編集部
科目合格者とは?税理士を目指す人が転職するタイミング

税理士試験は5科目。科目単位で合格を認定する「科目合格制」を取っています。一度合格した科目は生涯有効です。この1~4科目までを取得している人を「科目合格者」と呼びます。今回は、科目合格者の段階で転職活動を行った場合、どのようなパターンになるのか、どの科目に合格すると転職に有利かについて見ていきます。

科目合格者とは?

科目に関しては合格と判定され、次回以降にはその科目の受験が免除される試験もあります。その代表的な資格試験が、税理士試験です。

税理士科目は、以下の通りです。

<会計学>(必修2科目)
・簿記論
・財務諸表論

<税法>(選択3科目)
・所得税法
・法人税法
・相続税法
・消費税法
・酒税法
・国税徴収法
・住民税
・事業税
・固定資産税
(ただし、所得税法か相続税法は、必ずどちらか1科目を受験しなければならない、選択必修科目となります。)

税理士試験では、一回の試験で5科目すべてに合格しなければならないわけではなく、「税理士科目別合格」が適用されます。一度合格すれば、5つの税理士科目に最終合格するまで、生涯にわたって、その税理士科目は合格として扱われます。他の試験のように、総合点で不合格になれば、また最初からやり直しというようにはなりません。
社会人が働きながらでも、数年かけて着実に合格を目指していけるのが税理士試験の最大の特長であり、魅力でもあります。

科目合格者の転職するタイミングは?

税理士科目5科目すべてに合格し、税理士資格を取得していれば、それに越したことはありません。しかし、税理士科目別合格者であっても転職で有利となります。

会計事務所や経理業界の転職市場では、会計実務学である「簿記論」「財務諸表論」の2科目に合格していると、即戦力とみなされるでしょう。この2科目は、税理士試験において最初にクリアするべき関門です。2つの試験範囲は、日商簿記検定1級を勉強することで80%を学ぶことができるといいます。

税理士試験を目指す人も、税法3科目の勉強しながら実務経験を得るために、会計学2科目の合格タイミングで転職する方が多いです。

税法の科目のうちで、転職時に評価が高いのは「国税三法」と呼ばれる法人税法・所得税法・相続税法の三科目。プラスして消費税法も実務に直結するため重宝される科目です。

時期的なタイミングとしては、税理士試験の合格発表がある12月。会計事務所・税理士法人は、確定申告や12月・3月決算を控えて忙しくなる直前の期間に採用活動をすることが多いのです。

科目合格者の転職先は?

科目合格者の転職先は?

税理士を目指すと考えると、その道のりは長いです。しかし、科目合格を資格として考えると、日商簿記検定1級以上の難易度の資格を持っていることと同等です。これは、一般の転職市場においても有利に働きます。そこで、科目合格者の転職先として、HUPROにいただいている案件からどのようなところがあるかをご紹介します。

会計事務所・税理士法人

科目合格者の転職先として多いのは、やはり会計事務所・税理士法人です。税理士補助スタッフとして実務に専従してスキルを磨くこととなります。
会計事務所は5名未満の零細事務所も多いので、所長の経営方針と合うかどうかが非常に重要です。
この場合は、税理士試験の5科目合格を目指すルートと、事務所で補助業務を行いつつ経営方面に携わるというパターンがあります。

コンサルティングファーム

税務を手がけるコンサルティングファームのスタッフとして、スペシャリストのアシスタントとしてキャリアを積むルートも考えられます。
コンサルティングにおける経験や知識を詰むことで、税理士とは別のキャリアルートを描く方も多いです。

大手企業

大手企業の税務や経理・財務スタッフとして、科目合格者は簿記検定よりも難易度が高い分有利に働く傾向があります。

中小企業・ベンチャー

中小企業やベンチャー企業においては、スタッフの層が薄いこともあり、科目合格者であっても、会計責任者や国際税務など高度な業務に携われるチャンスが高いです。

科目合格者の転職で気をつけたいこと

科目合格者に対する求人は、税理士へのニーズと基本的に同じです。なかでも一番多いのは会計事務所・税理士法人です。「働きながら税理士を目指す」「税理士補助として実務経験を積む」ことを前提とした業務内容となっており、受験にも役立つことから、多くの転職者の方からご相談をいただきます。

もう1つ、転職希望者の方から多くいただくご相談は「多忙で勉強する時間がない」ということです。「働き方改革」でブラック会計事務所は減ってきたとはいえ、閑散期でも長時間労働が常態化していたり、決算期の重なるクライアントがいて試験前休暇が取れないので転職したいという方も多くいます。

科目合格者として、そのまま企業の経理部などで働く場合もありますが、試験に理解のない職場の場合、今後の受験が難しくなる可能性があるでしょう。税理士試験の受験者・合格者ともに減少傾向にある昨今、試験勉強を続ける方をバックアップしている事務所は多くあります。もし今ブラック会計事務所と呼ばれるような場所に在籍しているとしたら、早めに転職活動に取りかかる方が、結果的には試験合格の近道になるでしょう。ぜひお気軽にHUPROにご相談ください。

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。
カテゴリ:転職・業界動向

おすすめの記事