士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

従業員満足度調査とは?目的や課題把握・改善のポイントを解説します!

HUPRO 編集部
従業員満足度調査とは?目的や課題把握・改善のポイントを解説します!

今回は、従業員満足度調査とはどのような調査なのかについて解説します。実施前に把握しておくべき目的や課題の抽出・改善のポイントについて説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

従業員満足度調査とは?

従業員満足度調査とは、企業側から従業員に対して様々な設問を投げかけ、アンケートとして調査を行うことをいいます。ES調査(Employee Satisfaction)とも呼ばれることがあります。

従業員満足度調査を行うことにより、従業員が仕事のどのような部分にモチベーションを見出しているのかを把握するとともに、よりやりがいや自主性を持って働いてもらうために課題となっていることを認識する目的があります。

従業員が満足感を持って自分の仕事に取り組めることは、企業価値の向上に大きな影響を与えます。従業員満足度調査を経営課題の把握に役立てましょう。

従業員満足度調査を活用した課題把握のポイント

従業員満足度調査は、明確な目的もなくただ機械的に実施しても意味がありません。
現場で働く従業員に企業が抱える問題を指摘してもらい、経営改善のきっかけとすることが従業員満足度調査の本来の目的です。

これを実現するために、従業員満足度調査では、従業員が仕事に対する不満や、改善して欲しい点について自由に提案できることが大切です。
そのためには、従業員満足度調査の回答内容が社内外に漏洩したり、人事考査の参考情報とされたりしないことが担保されていなくてはなりません。

従業員の側から改善点を具体的に指摘して欲しいときには、あらかじめ従業員からの意見を聞き入れる体制を整えておくことも重要です。

例えば、従業員満足度調査の結果に基づいて、企業が具体的に実施した施策の効果を従業員全体に情報共有することが考えられるでしょう。
調査に協力しても、従業員の側に何のメリットも生じないようでは、従業員も積極的に調査に協力しようという気にはなれません。

調査に回答することによって自分の仕事になんら変化が生じないのであれば、わざわざ具体的な改善点を提案することは期待できないのです。
調査結果に基づいて、企業と従業員のお互いにとって仕事を行いやすい環境にしていくことが大切です。

従業員満足度調査で浮き彫りになった課題を改善する

従業員満足度調査を適切に行うことができれば、経営側からは把握しづらい現場の課題を浮き彫りにすることができます

「働くことが苦ではない・仕事が楽しい」と思ってもらえることは企業価値に大きな影響を与えます。従業員満足度調査によって把握することのできた課題に対しては、積極的に改善策を実施していくようにしましょう。

例えば、ここ最近は新型コロナウィルスへの対策をめぐって、従業員の働き方は、大きな転換を求められています。
コロナ禍はさまざまな経済的不利益を生み出していますが、企業にとっては抜本的な働き方改革を進める大きな機会になるでしょう。
このようなときこそ従業員満足度調査を実施し、現場で生じている経営課題の把握に努めてください。

従業員が受け取る給与に不満を感じていないか、職場の人間関係に息苦しさを感じていないかを把握することも重要です。
雇用の定着を図り、離職率を下げるための具体的な施策を、従業員満足度調査の結果に基づいて実施していきましょう。

従業員満足度調査で浮き彫りになった課題を改善する

実施部署によって質問内容を考えることも重要

部署の数が多い企業においては、それぞれの部署で働く環境は大きく異なります。従業員満足度調査の設問は、企業全体で画一的に行うだけではなく、それぞれの部署に応じて質問内容を考えることも大切です。

そのためには、従業員満足度調査は「一回実施して終わり」という形にすることは望ましくありません。第一回目の調査結果に基づいて、第二回目に質問すべき設問内容を部署ごとに吟味することも大切になるでしょう。

企業が直面する課題は随時更新されていきます。既存の良い部分は企業のメリットなので、キープできるように協力し合うことが大切です。

改善すべき箇所はさらなるバージョンアップを目指して議論を行う、といったように、アンケート調査によって得られる結果を定期的に有効活用していく仕組みを構築しなくてはなりません。

一度の調査で満足して終わるのではなく、定期的な調査を行い、前回との比較やまた新しい課題の改善点を思慮していく必要があります。

大規模企業であれば、個人に対して全てを把握することは難しく見失いやすい、小規模企業であれば少人数の社員コントロールがきちんとできていなければオフィスネットワークが崩れて経営危機に陥る可能性もある、そういったどのような企業に対してもES調査は必須になってきます。

トータルバランスをよりよいものにして、企業の存続に繋げていく。

働く側にとっても雇う側にとっても、焦らず客観的に企業全体を見ながら取り組むことが大事です。

まとめ

今回は、従業員満足度調査の意味や課題把握のポイントについて解説いたしました。本文でみた通り、従業員満足度調査は「一回やって終わり」というものではありません。

現場の従業員が直面する課題は常に変化していますから、定期的に調査を実施し、経営課題の改善に役立ててください。

カテゴリ:用語解説

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事