士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

会計部門における転職に有利なスキルとは

HUPRO 編集部
会計部門における転職に有利なスキルとは

会計に関する部門には、いろいろな部門が会社によって組織立っています。会計に関する部門への転職を考えている方に対して、主な業務の内容や、求められるスキル並びに取得していると有利に働く資格などを中心に説明していきます。
▶︎ 経理・財務の転職・求人情報はこちら|最速転職HUPRO

会計に関する部門とは

会計に関する部門とは、企業における財政状態、経営成績、キャッシュ・フローの状況を第三者に開示するための財務諸表を作成したり、企業の資金繰りのコントロールを行うことなどを主とした業務を行っています。会計部門とは大きく分けて、経理部門と財務部門との2つの部門があります。どちらも同じような部門のように考える方も多いと思いますが、上記で記載した主な業務内容がそれぞれ主として区分されているのが一般的です。次に経理部門と財務部門のそれぞれの業務内容について詳しく説明していきます。

経理部門の業務内容

経理部門における業務内容について説明していきます。経理部門は主に、企業の財務諸表を作成することが大きな役割です。財務諸表とは、企業の経営成績、財政状態、キャッシュ・フローの状況を示す書類であり第三者に開示することが目的となる書類です。そのため各部門から財務諸表を作成するために必要な情報を収集し、その情報を基に会計処理を行っていきます。

経理部門における業務を2つに区分することができます。1つは経常的な会計処理です。企業が日常的に活動していく結果を日々会計処理を行います。具体的な例としては、請求書に基づいて費用処理について会計システムに入力することが挙げられます。もう一つは決算締めといわれる業務です。企業は月次、四半期、年度といった機関の単位で決算締めを行っています。

決算締めとは何かといいますと、企業の財務諸表を作成する最終段階であり、会計処理を締める時にいろいろな調整について会計処理を行っていきます。決算締めにおける会計処理については一般的な企業全般に共通して行っている会計処理から、企業の置かれているビジネスにおいて固有の会計処理を行うこともあり、様々です。その他、経営計画を策定する際における今後の業績予測については経理部門が主として策定していきます。

財務部門の業務内容

財務部門における業務内容について説明していきます。財務部門は主に企業の資金運用管理を行うこと及び企業の予算を策定することが大きな役割です。各部門から収集した請求書を基に支払処理を行ったり、また売上にかかる入金の確認・消込処理、並びに企業の現金預金が財務諸表において計上されている数値との一致などを確認するなどが主な業務です。

財務部門においても経理部門と同様に日常業務と決算締めというように区分されます。日常業務は上記でも触れましたが企業の日々の入出金処理及び管理を行っていきます。

決算締めは、月次、四半期、年度末における現金預金について金融機関に残高証明書の発行を依頼し、当該証明書に記載されている金額と会計システムに記録されている現金預金や借入金・貸付金の残高の一致を確認したり、会計監査を監査法人に依頼している場合には監査法人から残高確認上の作成依頼があるので、当依頼について対応したりします。

また予算策定として企業の来期や中期的な予算の枠組みを設定していきます。その他、経営計画を策定する際における今後の予算策定については財務部門が主として策定していきます。

財務部門の業務内容

経理部門及び財務部門に求められるスキル

上記においてそれぞれの部門における業務内容を説明してきました。これを踏まえて会計部門において求められるスキルについて説明していきます。まずは、会計に関する知識を有していることが前提となります。

会計部門における業務使命は、財務諸表の作成及び経営計画における数値部分(業績予測や予算策定)の策定となってきます。そのため、これらの使命を達成することが求められるため、会計知識は必須となってきます。その他、税金に関する知識(法人税や消費税など)も有しているとなおのこと良いと思いますが、必ずしも求められるスキルではありません。しかしながらどういった税金であるかといった内容は理解していると良いと思います。

その他、意外と思われるかもしれませんが、特に経理部門の転職を目指している方はコミュニケーション能力は大事であると考えます。理由としては、各関係部署に会計入力に必要な資料やデータの収受状況のコントロールや、請求書などの経費申請書類の収受状況のコントロールは、経理部門を超えた他部門への連絡や調整が必要となります。その他会計監査を受けている企業であれば、公認会計士の方と監査を受けている中で様々な対応をする必要があるためです。働くうえでは前提となるスキルではありますが会計部門においても当然求められるスキルとなります。

取得していると有利な資格とは

会計部門に転職する際に、取得していることが前提とされている資格や有していると転職に有利に働くことが考えられる資格について説明していきます。

まず取得していることが前提とされる資格として挙げられるのは簿記です。簿記の資格にも4級から1級まであります。それぞれの簿記の階級における前提の説明についてはここでは割愛しますが、最低でも2級の取得は必要となります。そのため会計部門に転職を考えている方はまずは簿記2級の取得を目指すことをお勧めします。

また簿記1級では簿記2級と違いより専門的な会計知識を有している証明となり、いわゆる上場企業において求められる会計知識を有している証明となりますので転職には有利に働きます。そのため余裕のある方は取得を目指すのもよいでしょう。

他には、税理士資格の中における、簿記論や財務諸表論の取得も会計部門の転職に有利に働く資格といえます。簿記論や財務諸表論も先ほど述べた簿記1級と同様の水準である資格です。既に簿記論や財務諸表論を取得またはどちらか取得している方は、企業の面接時に働きながら税理士資格取得を目指している旨を伝えると、転職に優位に働くことも考えられます。税理士資格を有している方は企業にとって税務知識を有している人材として重宝されますのでその点良いかと思います。

しかしながら、税理士資格の要件である簿記論や財務諸表論の取得を目指す方においてもまずは簿記2級の取得を目指すことを強くお勧めします。また、上場企業における会計部門の転職を目指す方は、会計監査における知識を有していると有利に働くと思います。

理由としては上場企業においては必ず会計監査人を設置することが求められていますので、会計監査対応ができる方は企業としても重宝する存在だからです。公認会計士の科目では「監査論」という科目になりますので書店などで書籍を購入して学んでいるのもよいかと思います。

これに関して資格という点では公認会計士の資格となるので他の資格と比べてハードルが高いと思いますので、会計部門の転職の際に必要な資格とは言えませんが、公認会計士の資格を有している方は他の資格とも比べても圧倒的に有利な資格といえます。

これは参考ですが、公認会計士試験は最終的には3段階まで試験がありますが、最初の一次試験(短答式試験といいます)を合格できれば、履歴書に記載できると思いますので一次試験を合格していれば優位なものとなります。

まとめ

この記事では、会計部門に関する主な業務の内容や求められるスキル並びに資格について説明してきました。有利なスキルや資格は上げるときりがないですが、簿記2級では会計に関する基礎となるものを学べますので、その中で実際に会計部門に転職するかを考えていくこともできます。会計部門に転職を考えている方は、まずは簿記2級の取得を目指すことをおすすめします。

▶︎ 経理・財務の転職・求人情報はこちら|最速転職HUPRO

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事