士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

未経験で経理事務を目指す方必見!仕事内容や年収事情など紹介

HUPRO 編集部2020.03.30
未経験で経理事務になるには?お仕事内容や資格などを紹介

みなさんは経理事務に対してどのようなイメージを持っていますか?また自分の将来のキャリアをイメージしたり、どのようなスタイルで働こうか迷ってる人は多いのではないでしょうか。経理という仕事は、基本的にはどの会社でもある職種で、また専門性もそれなりに求められます。そんな経理事務の仕事だからこそ、未経験でも大丈夫なのか気になるところだと思います。では、仕事内容から具体的に未経験で経理事務になる方法を見ていきましょう。

経理事務って?一般事務との違いは?

事務と聞くと、電話対応や印刷、郵送の手続きなど仕事をする上で必要となる雑務全般に対応する仕事を考えるのではないでしょうか。これらは通常一般事務と呼ばれているものです。では経理事務とは何なのでしょうか。

経理事務とは

経理事務とは名前から連想できるように、主に経理に関わる事務作業を担当する職種です。製品・サービスの受注の電話応対をおこなったり、見積書や伝票を作成したり、お金の管理を中心とした事務作業を行います。

他にもある〇〇事務

営業事務

これは営業を行う人がスムーズな働きができるようにサポートを行うアシスタントのような役割を担っています。営業は社外に出て顧客の対応を行うことが中心であるため、請求書の作成や電話対応、必要なものの手配、時にはデータ収集やプレゼン資料の作成なども行う幅広い仕事です。

総務事務

総務は社内全体に必要な業務を行う部署で、社内で必要となる書類作成から、訪問者への対応、福利厚生に関わる業務に関する事務作業を行います。

経理事務の主な仕事内容は?

経理事務と一口に言ってもその業務はさまざまです。事務系の業務は慣れてしまえば基本的にはすべてルーチン業務なのですが、ここでは日次や月次であるルーチン業務とそれ以外の定期的にある業務に分けて説明します。

ルーチン業務

会社が大きくなればなるほど毎日のようにお金は動いていきます。経理の日次の業務こそがそのお金の動きを管理することです。経費精算や給料の計算に始まり、売掛金や買掛金の管理などがそれに当たります。また、企業の会計は複式簿記となるため、「仕分け」を行いながらデータを経理ソフト・会計ソフトに入力していきます。月が締まると、基本的には月次の決算書にまとめる作業を行います。

定期的にある業務

定期的にある業務としては四半期や半期、年ごとに決算資料を作成します。特に上場企業では、その資料は株主等に公開されるため、会社の期末は繁忙期となるケースが存在します。上場企業でなくとも投資家や銀行への説明資料となったり、経営陣が会社の事業戦略を決める上でとても重用になってくる資料となります。また、決算資料に付随する業務として、その結果の分析や役員等への報告を行う場合などもあります。さらに、会社や役割によっては、次年度の予算策定を行ったりもします。

いかがだったでしょうか、このように経理は毎日何かしらの業務があり、重用な資料を作成したりとさまざまな仕事があることがわかりましたね。

経理事務の一日のスケジュール例

では、そのような経理事務の仕事の一日の仕事はどのようなイメージなのでしょうか。
一般的な例を見てイメージを膨らませてみましょう!

9:00  出社 タスク・スケジュールの整理やメールの返信
10:00 領収書の整理、経費精算、普通預金の入出金確認
12:00 お昼休み
13:00 売掛金の入金確認、振込手続き
15:00 預金・現金残高の確認、帳簿残高と現金の実際の残高の調査・照合、経理ソフト・会計ソフトを利用した帳簿への記帳
17:00 書類の発送や整理、翌日の準備
18:00 退社

会社によって様々ですが、一般的な働き方としてはこんな感じです。

経理事務の給料は?

未経験から経理事務にチャレンジしようと考えているのであれば、経理事務の給料相場は気になるところですよね?働く会社の業界や業種によってレンジはさまざまで、持っている資格や管理職まで含めるか否かでだいぶ代わってはしまいますが、転職におけるモデルケースとしての収入は以下のとおりです。

27歳、簿記2級取得者の場合

未経験:200万円~400万円程度
1~2年実務経験:350万円~550万円程度
3年以上実務経験:400万円~700万円程度

未経験で経理事務になる場合は年齢による有利不利はある?

各年代別では有利不利はあまりないですが、一般的に考えて未経験でのチャレンジとなることは考慮しておいた方が良いでしょう。20代ではポテンシャル採用となるためあまり不利にはなりにくいですが、即戦力が求められる30代ではやはり経験者が有利となるでしょう。そのため事前に資格を獲得するなどの準備は必要に応じてしておくべきです。
40代からとなる場合は、準備に変えてマネジメント役割を発揮するということも考えられますが、実務経験がない場合はそれも厳しいのである程度は下積み期間を想定することも必要となるでしょう。

経理事務未経験者の仕事の覚え方

経理事務で未経験者の場合、上記のような幅広い仕事を覚えられるのか心配になりますよね。ですが、心配する必要はありません。やや専門性の高い業務であることに加え、お金の管理を行う以上、雑に仕事を行うことはできませんから、一般的な会社では引き継ぎは丁寧に行われる傾向が強く、OJTトレーニングに加え丁寧なフォローが行われるケースが多いのも未経験経理事務の特徴となるのです。
それに加え後述の資格やスキルアップを行っていくことになると思いますし、簿記への記帳方法や税法の扱いなどは会社によって異なるということもありませんので、インターネットで検索すれば大抵のことはわかります。

経理事務未経験者の仕事の覚え方

未経験者なら抑えておきたい経理事務に求められるスキル

経理事務に必要なスキルはどのようなものがあるのでしょうか。未経験でも経験者でも共通して言えるスキルを見てみましょう。

正確性、丁寧さ

経理事務はお金を扱い、経営がうまくいっているかの確認を行い、納税金額の算出を行なう部署ですから、正確性や丁寧さが求められるのは当たり前ですよね。逆に言えばここが強みであるのであれば、経理事務に向いているということです。必要最低限でありながら、強く求められるスキルとも言えます。

PCスキル

経理ソフト・会計ソフトの使用ももちろんですが、ワード・エクセル等の基本的な操作をはじめ、PCスキルは比較的求められる傾向にあります。特に極めて高いスキルが必要というわけではありませんが、未経験から経理業務を始める場合はある程度のPCスキルは必要となってくるでしょう。

計画力と実行力

仕事の内容でもお伝えしたとおり、経理事務は仕事の種類が多くなりがちです。また、期限内に完遂できないと社内のみならず株主などのステークホルダーや最悪の場合税の納付に支障が出ることも考えられます。そのため、基本的なことではありますが、計画力と実行力は必要なスキルとなるでしょう。

コミュニケーション力

会社の大部分の部署と連携するだけでなく、役員などの上司や社外の関係者と仕事をする場合も考えられるため、最低限のビジネスコミュニケーション力は必要です。もちろん経理事務の中で役割が限定されるケースもあるので、任される仕事によってスキルレベルは変わってくるでしょう。

経理事務に必要な資格は?

経理と言ったら簿記をイメージされるのではないでしょうか。もちろん日常業務で簿記の知識は前提条件となってきますので、未経験で経理事務になろうと思っている人は、簿記2級はインストールしている必要があります。
一方で簿記以外にも幅広く業務を行うため、資産、決算、税務、資金関係が広く学べる「FASS検定」の獲得もおすすめです。転職後はOJTで覚えることが多くなることが予想されるため、事前に勉強、資格取得までできるように調整しましょう。

経理事務のやりがいって何?大変なことは?

未経験で経理事務を目指したとき、自分と仕事はあっているのか、やりがいを感じることができるのか、気になるところです。
もっとも大きなやりがいは「経営に近いところで仕事ができる」ことではないでしょうか。会社は今後の判断を今までの数字を見て決めます。この数字というのは経理が管理するため、今会社がどういう状態であるのか、今後どうすべきか、経理経験を積むことでより見えるようになっていき、実際に経営層に意見を取り入れてもらえる場合もあります。数字が読めるようになることはかなりのアドバンテージになりますし、やりがいになります。
しかし、このように経営に大切な数字を扱うため、ミスは許されませんし、しっかりとしたルールの中で取り組む必要があるため、同時に大変さが伴うことも予想されます。地道で細かい作業ですが、正確に行えた時はすっきりしますし、感謝される仕事であるため、やりがいの方が勝るでしょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。経理事務は会社のお金の動き全体を把握して、しっかりと管理する、正確性が求められる仕事です。専門性があるため、今後の自身のキャリアアップにつながりますし、会社にとって数字は経営判断に用いる大切な業務です。未経験の場合、「数字を意識して仕事をしてきた」ことや、「正確に早く業務をこなすこと」を考えて取り組んできたことをアピールできれば、経理事務への適性を感じてもらえるでしょう。まずは簿記などの資格に挑戦してベースを整え、自分に合った転職先を探すようにしましょう。経理事務といっても組織の中での立ち位置や業務内容は会社によって異なります。どんな会社があるのか気になる、自分に向いている職場はどんなところだろうと思った方は、一度転職エージェントに聞いてみてはいかかでしょうか。

関連記事:【例文あり】経理未経験者の場合に最適な志望動機の伝え方

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:転職・業界動向

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

関連記事

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ