士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

管理会計が経営に与える影響とは?管理会計の重要性について

HUPRO 編集部
管理会計が経営に与える影響とは?管理会計の重要性について

管理会計と聞くと何やら事務作業や管理業務というイメージが強いですが、果たして本当にそうでしょうか。もちろん、守りの意味も強いですが、管理会計は経営の意思決定に重要な影響を与えることもできます。詳細を確認していきましょう。

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

そもそも管理会計とは何か

会計には大きく二種類、制度会計と管理会計に分類することができます。制度会計とは、いわゆる財務諸表作成のための会計制度であり、普段われわれがよく見る上場会社の決算発表に使われているものです。制度会計は他社との比較可能性を担保するべく、ある程度画一的な基準に従って会計業務がなされます。一方、管理会計とは自社の経営のために自ら行う会計のことであり、原価管理や予算管理、日々のKPI管理など多数の種類のものが含まれます。

管理会計の重要性について

事業会社のみなさんは日々、忙しく働きながら会社のために売上・利益を創出しています。例えばある時から、なかなか売上が上がらず利益が減少していたとしましょう。管理会計が導入されていない場合、利益減少の原因が分からずにやみくもに働く時間を増やしてしまうかもしれません。管理会計は日々の経営改善のための情報提供という役割を持っています。

また、事業部制の仕組みをとっている会社は、事業部ごとの営業利益を算出し予算とのモニタリングをすることで事業部自体の営業成績を図ることができます。この計算をするためには本社経費の配賦や人件費の配分など管理会計を導入することが必要不可欠です。社内でも適切に数字を見える化することにより、適切に業績評価がなされ人材評価の公平性にもつながり、結果として社内のモチベーションが上がり業績が上がることにもつながります。

最後に、管理会計なしに来期の事業計画を策定することを想像してみましょう。原価がいくらなのかもあまり把握しておらず粗利が不透明、販売チャンネルごとの利益率が分からない、といった場合、適切に業績が最大化されるような事業計画を策定することは不可能です。前年の制度会計上の数字から〇%増加といった適当な基準で形だけ作ることはもちろん可能ですが、その行為自体に特段の意味はありません。事業計画の策定とは、企業の利益を最大化するために行っている仕事であって、形だけ整えることは仕事とは呼べないでしょう。きちんと管理会計を導入したうえで適切な数字の因数分解ができており、事業のセンターピンに向かって経営資源を配分することが大切です。

以上のように、管理会計は経営改善のための情報提供と社内の適切な業績測定、事業計画策定等の3点で重要な役割を担っています。

管理会計の担当は誰であるべきか

管理会計を最初からしっかり導入するためには事業サイドの知識が必要不可欠です。管理会計は事業を細分化しその細分化された項目を数字に落とし込んでいく作業が必要となり、事業の知識なしには細分化することができません。一方、事業の知識だけでは不足しており、原価計算や予算管理など数字や会計にも精通している必要があります。そのため、基本的には経営企画部のような財務と事業の架け橋の機能を有している部門が、管理会計を担当していることが多いようです。事業と管理の両方の知識・経験を有している候補者はなかなかいないのが現状で、そのような人材は市場価値が高いとも言えるでしょう。

経営者は管理会計を勉強するべきか

管理会計は経営の意思決定と基礎なる重要な会計分野の一つです。管理会計そのものの詳細を知っておく必要はありませんが、管理会計の基礎の部分、どのように事業が因数分解されて利益がどのように創出され重要KPIが何なのか、といった部分は経営者といえども勉強しておくべきでしょう。数字に強く管理会計を重視している経営者の会社は、非常にアグレッシブであり業績も良い印象があります。また、経営者の重要仕事である人事評価についても管理会計なしには語ることができません。適切かつ明確な数字に基づいた公平な人事評価は経営に重要な影響を与えることもできます。

管理会計を勉強するためには

もしあなたが財務部門にいる場合、管理会計はすでになじみのある分野かもしれません。公認会計士試験でも会計学の中に管理会計論が含まれており、こちらを勉強するのも良いでしょう。事業部にいる場合、いきなり管理会計の勉強を始めるのは少し難しいかもしれません。簿記3級など小さく始めて管理会計の知識を徐々に習得する方が学習の近道です。事業部にいながら管理会計といった数字に強い場合、経営者からは重宝する存在となりますので、今後のキャリアアップも見込めます。管理会計を勉強することは、経営者のように視座を高くして自社を見つめなおすことができ、経営の意思決定にも重要な影響を及ぼす情報であるため、多くのビジネスマンが習得するべきスキルの一つと思います。

カテゴリ:コラム・学び

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事