士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所

税理士試験が免除できる場合とは?詳細を解説しています

HUPRO 編集部2019.12.20

これから税理士試験を目指される人や税理士に興味を持った人などに向けて、税理士試験が免除できる場合について解説していきます。税理士試験は試験科目が多く、通常合格までに長い時間がかかる試験のため、免除を適用して戦略的に合格を勝ち取ってください。

税理士試験の受験資格について

税理士となるためには基本的には税理士試験を受験し合格する必要があります。しかし、誰でも税理士試験を受験できるわけではありません。税理士試験を受験するためには①学識、②資格、③職歴の要件のうち、一つでも要件を満たす必要があります。例えば①学識であれば大学たまは短大の卒業者で法律学または経済学を1科目以上履行したものという条件があります。また、②資格では日商簿記1級合格、③職歴では銀行などにおいて資金の貸付・運用業務を2年以上従事したものといった要件があります。税理士試験を志す人達にとっては、ある程度満たしている場合が多い要件となります。

税理士試験の受験科目

税理士試験の試験科目は必修科目2科目と選択科目に分かれており、合計5科目に合格する必要があります。

必修科目

簿記
財務諸表論

選択科目

法人税法
所得税法
相続税法
消費税法
酒税法
国税徴収法
住民税又は事業税
固定資産税

ここで、法人税法と所得税法のうち、必ず1科目は選択しなければなりません。もちろん、法人税法と所得税法の2科目受験し合格することもできますが、どちらも勉強量が多いため通常税理士を目指す方はどちらかの受験に留めているのが現状です。例えば必修科目の簿記と財務諸表論、選択科目の法人税法、相続税法、消費税法の5科目に合格すれば税理士試験に合格したことになります。税理士試験は1年に1度で何科目でも一度に受験することができます。一度合格した科目は生涯有効となります。そのため、何年でも受験を続けていればいずれは全て合格することも夢ではありません。

税理士試験の合格基準について

税理士の合格基準は各科目、60点以上で受験者の10%~20%程度が合格しているのがトレンドとなっています。年によって問題のレベルや傾向が異なり合格率も幅があるのが税理士試験の特徴です。毎年全科目合わせて、6万人程度が税理士試験を受験しています。

税理士試験の免除制度について

税理士試験には下記の通り免除制度が定められています。
修士または博士の学位を授与された者は試験の一部免除
10年又は15年以上税務署に勤務した国税従事者は、税法に属する科目が免除
23年又は28年以上税務署に勤務し、指定研修を修了した国税従事者は、会計学に属する科目が免除

税務署に長期に渡り勤務した場合は試験の免除が与えられることが、税務署で働くことの一つのメリットでもあります。どうしても税理士になりたい場合には税務署を目指すことも一つの手かもしれません。

税理士試験に受験せずに税理士になれる場合とは

下記の要件を満たす場合、税理士試験を受験することなしに、税理士になることができます。
弁護士(弁護士となる資格を有する者も含まれます)
公認会計士(修了試験まで合格した者)
上記の2資格については、税理士と同様に合格までに長い時間の勉強が必要なこと、また試験科目に税法が含まれていることから税理士と同程度の会計・税務知識を有すると認められるため、税理士登録も同時に行うことができます。逆に税理士資格だけ持っている人は弁護士や公認会計士となることはできません。税理士から合格した人は、弁護士、公認会計士の試験にそれぞれ合格する必要があります(一部税法などの試験科目にて免除規定があります)。また、弁護士と公認会計士もそれぞれ独立した資格となっているため、弁護士資格を持っているからといって公認会計士登録できるわけではありません。弁護士と公認会計士の二つの資格を持っている人は、それぞれの試験に合格している人たちなのです。

税理士はどんな人たちが目指しているのか

会計事務所や税理士事務所に勤務している人は、仕事と資格が直結しているため働きながら税理士試験を受験する人が多い傾向にあります。また、大学生で将来手に職を持っておきたい人、仕事を辞めて一念発起して税理士試験を受験する人など様々なバックグランドを持った人たちも受験しており、比較的厳しい受験戦争と言えるでしょう。税理士試験は科目合格制度で一つひとつの科目合格率は弁護士や公認会計士よりも高いですが、一科目ごとの勉強量が多く勉強時間も弁護士、公認会計士並みに必要です。試験としては一発勝負となりますが、弁護士や公認会計士を経由して税理士を目指す人もいますし、まずは税務署への勤務を目指す人もいます。それぞれの自身の環境にあった戦略で税理士試験合格を是非勝ち取ってください。

士業・管理部門に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:資格試験

関連記事

RANKING人気の記事

TAG人気のタグ