士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所|HUPRO MAGAZINE
士業・管理部門のキャリアコラムが集う場所
LINE@

カテゴリ

ビジネスには欠かせない管理会計の重要性とメリット・デメリットを解説

HUPRO 編集部
ビジネスには欠かせない管理会計の重要性とメリット・デメリットを解説

会社には、管理会計と財務会計があります。財務会計はどの会社でも行われているものですが、管理会計は全ての会社で行われているわけではありません。そのため、会計や経営に関わる方でも、管理会計にはなじみが薄いという方もいらっしゃいますよね。今回はその管理会計の重要性について解説していきます。

士業・管理部門でスピード内定|最速転職HUPRO

管理会計とは?

管理会計とは、会社が自分たちの会社の状態を把握するための会計です。経営者や役員が会社運営のための意思決定に使ったり、リアルタイムに会社の数値を把握したりするための会計として利用されています。

管理会計と財務会計の違い

会社の外部のための財務会計

会社には、財務会計と管理会計があります。財務会計とは、税計算の元となる数値を算出したり、株主や投資家の投資判断のために公表したりする数値を作り出す会計のことです。財務会計は、いわば会社の外部の人間がその会社の状況を把握するための会計です。そのため、全ての会社で共通したルールを適用している必要があります。会社ごとに会計方針が違っていると、公正な税徴収を行うことも、どこの会社に投資すべきか正確に判断することもできません。そのため、財務会計はどこの会社にもあり、またどこの会社でも共通のルールのもと、財務諸表が作られていきます。

会社の内部のための管理会計

一方、財務会計と違って、管理会計は全ての会社で行われているわけではありません。財務会計は国に税金を納める際の指標としてどの会社にも必要となるものですが、管理会計は会社が自分たち内部の人間のために行う会計で、そのため、行うことが義務ではないのです。一般的に、会社が成長してくると管理会計が必要となってくると言われています。そのため、スタートしたばかりの会社では管理会計が導入されていないことが多くあります。規模が小さいうちは、財務会計だけで十分に会社の状況を把握することができるためです。

管理会計と財務会計の違いはこちらのコラムでも詳しく説明しています。
参考コラム:管理会計と財務会計の違いを分かりやすく解説

管理会計の重要性

管理会計は、会社が大きくなればなるほどその重要性が増していきます。それはなぜなのでしょうか。

管理会計が必要な理由は、会社の状態を正確に把握し、そうすることでどこを改善すればよいのか見つけ、またそれに対して経営者が対応策を打てるようにするためです。管理会計では、部門や課ごとに費用を把握したり、一商品単位で利益率を算出したりと、財務会計では必要のない単位で会社の状況を把握していきます。一般的に、会社は規模が大きくなればなるほど細部の正確な数値の把握は難しくなってきます。そのため、管理会計で管理対象を細分化し、どこを改善すべきか、どこがどのような状態になっているのかを細かく把握します。そうすることで、経営者がより良い経営を実現するために管理会計は行われているのです。

また、改善すべきポイントがわかるということは、そうならないように事前に手を打つことができるとも言えます。管理会計の数値は毎月・毎年の会社の経営目標を明確にするためにも役立つものです。このことからわかるように、管理会計は規模が大きな会社であればあるほど必要なものとなり、その重要性が増してくるのです。

管理会計のメリット・デメリット

管理会計のメリット

管理会計のメリットは、前述のとおり会社の細部の数値が把握でき改善につなげられること。それに加えて、会計情報をいち早く取得することができるという面もあります。財務会計は、報告書や申告書の提出日が決められているため、それに向けて会計処理を行っていきます。一方管理会計は、いつまでに何をするという明確なルールはありません。会社独自のルールを敷くことができるため、財務会計による申告書の完成を待たずして、会社の数値を把握することができます。スピーディーに会計情報を把握することは、時流に乗った経営判断を行うために重要な判断材料となってきます。

管理会計のデメリット

管理会計を行うためには、手間と費用がハードルとなってきます。まず管理会計を導入するために、管理会計システムを新しく入れたり、社内の会計運用ルールを整備したりする必要があります。そのための手間と、それを行う人間の人件費、システム費などが必要になってきます。また導入後も、それを維持管理するための手間と費用が必要になります。
管理会計の数値管理を行う経理にとっては、財務会計と管理会計、2つの会計処理を行う必要があるため、管理が複雑になるというデメリットもあります。会社規模が大きくなるにつれ管理会計の規模も大きく複雑になってくるため、それに合わせて財務会計とは別に管理会計を行う人員を雇う必要も出てきます。そのため、管理会計はスタートしたばかりの会社にとっては少々導入のハードルが高いものでもあります。

会社の状況をより正確に把握するため、管理会計は必須

管理会計は、会社の細かな部分の利益や費用などがわかる経営者にとってはありがたいもの。管理会計によって会社の様々な数値を明確化し、その数値を根拠として今後のビジネスをグローアップさせるための対策を講じることができます。そのため、しっかりとした管理会計を行える体制を整えることは、ビジネスにおいて重要な意味を持っているのです。

会計に特化!専門エージェントにキャリアについてご相談を希望の方はこちら:最速転職HUPRO無料AI転職診断
空き時間にスマホで自分にあった求人を探したい方はこちら:最速転職HUPRO
まずは LINE@ でキャリアや求人について簡単なご相談を希望の方はこちら:LINE@最速転職サポート窓口

カテゴリ:コラム・学び

この記事を書いたライター

HUPRO 編集部
HUPRO MAGAZINEを運営している株式会社ヒュープロ編集部です!士業や管理部門に携わる方向けの仕事やキャリアに関するコラムや、日常業務で使える知識から、士業事務所・管理部門で働く方へのインタビューまで、ここでしか読めない記事を配信。

おすすめの記事